マンクスってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

マンクスってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

6219
update

マンクスはグレートブリテン島とアイルランドに挟まれた「マン島」原産の尻尾のないちょっと珍しい猫です。 しっぽがないことから人々の想像をあれこれ掻きたて、伝説をいろいろもっています。ではそんなマンクスとはどんな猫なのか、性格や特徴、飼い方やしつけ方を見てみましょう。

6219
update

マンクスの特徴

cat in cafe

applevinci/shutterstock.com

しっぽがなく、ピョンピョンと歩く姿が特徴的で「ラビットキャット」の別名があるマンクスです。

しっぽがない猫は、このマンクスとキムリック(マンクスの長毛種)だけなんですよ。

身体的な特徴

Manx cat standing with orange toy in studio with white background

everydoghasastory/shutterstock.com

マンクスの1番の特徴はしっぽがないことです。

しっぽがないとは言っても、しっぽの長さによって4種類に分類されます。

●「ランピー」しっぽが完全にない。

●「ランピーライザー」ごくごく短くわずかにしっぽ(尾椎が1、2個)あるが、見た目はほぼないように見える。

●「スタンピー」短く折れたりねじれたりした株のようなしっぽがあるが、しっぽが動かない。

●「ロンギー」一般的な猫に比べたら明らかに短いが、しっぽがあることがわかる。

子猫に関しては、両親の掛け合わせや発現率が定まっていないため、どんなしっぽの子が生まれるかは生まれてみなければわかりません。

キャットショーに出陳するマンクスは「ランピー(しっぽが完全にないタイプ)」のみです。

頭がやや縦長で、頬が高く、少しつりあがったくりっとした目をしています。

目の色は被毛の色によって違いが出、グリーン、ヘーゼル、ブルー、オッドアイ…とすべての色があり、バリエーション豊かに楽しめます。

そして、二重アゴのように顔と首の境目がたぽんとしています。

マンクスは腰が高く、前足より後ろ足が長いので、ウサギのようにピョンピョンと歩くこともの特徴的です。

個体によっては、足の形もウサギと変わらない子もいます。

後ろ足はとてもパワフルで、他の猫に比べて高くジャンプできる脚力をもっています。

また、胴体が短めで全体的に丸い印象があります。

マンクスは毛が短いですが、同じような特徴をもっていて毛が長くしっぽがないのは「キムリック」と猫種がわかれています。

そのキムリックは、マンクス以上にレアな猫だそう。

マンクスを繁殖させる際はランピーとスタンピーの掛け合わせが絶対です。

しっぽがないランピー同士の子供は死産の可能性が高くなってしまうためタブーとされています。

一般的に猫のしっぽが短かったり、しっぽがなかったりするのは「劣性遺伝」の影響で、やがてなくなるはずの特徴です。

しかし、マンクスのしっぽは「優先遺伝」であることがわかっています。

劣性であるはずの遺伝子が優先的に出てしまうので、死産や奇形となる確率が高くなってしまいます。

そのため繁殖が難しくなかなか個体が増えないので、古い歴史をもってはいますが今でもレアな猫なのです。

寿命や体型

cat in cafe

applevinci/shutterstock.com

平均的な体重は3~6kgの中型猫です。

オスの平均は4~6kg、メスの平均は3~6kgなのでオスの方がひとまわり大きくなる傾向があります。

顔、手足、胴体が丸く、全体的に丸っこいコビー型でとてもかわいらしい体型です。

骨格もがっしりしていて、筋肉もよく発達しています。

成長スピードがゆっくりで、体が成熟するのに5年ほどかかります。

一般的な猫の平均が1年ほどですから、ずいぶんとゆっくりですね。

マンクスの平均寿命は10~14歳です。

一般的な猫の平均寿命が15歳前後と言われていますので、すこし短めです。

とはいえ、あくまで平均であってそれより長く生きる猫もたくさんいます。

日々の食事、体調をしっかり管理してできるだけ元気に長く一緒に暮らしたいものですね。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 みやび
通報

あのー私、マンクスっていうの聞いたことだけはあったんですが、どういう猫なのかまでは無知でした。顔も性格も何もかも知らなかったんです。こちらで詳しく知り、マンクスいいなぁと思いました。しっぽがない猫は珍しいように思うので、見てみたいです♪

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー