【犬の散歩】ポメラニアンの散歩の正しい時間と距離について解説。

【犬の散歩】ポメラニアンの散歩の正しい時間と距離について解説。

1808
update2016/08/05
posted

犬を飼い始めたら必ず必要になるのが「散歩」です。どの犬も大抵はお散歩が大好きです。では犬の散歩をするうえで適切な時間や距離、回数はあるのでしょうか?特にポメラニアンの場合はどうでしょうか?見てみましょう。

1808
update
posted2016/08/05

どうしてポメラニアンの散歩は必要なの?メリットは?

Pomeranian dog walking in a park outdoors.

The Art of Pics/shutterstock.com

犬にとってどうしてお散歩が必要になるのでしょうか?

それはお散歩の時に多くの人、他の犬、屋外の環境に慣れることによって、しっかりとした社会性を身に着けることができるようになります。

子犬の場合は特に大事といえます。

カルシウムやビタミンDが生成できる

屋外で太陽を浴びることにより、カルシウムやビタミンDが生成できるので、骨を強くすることができます。

これは骨折しやすいポメラニアンにとって大きなメリットではないでしょうか?

肥満防止にも

定期的な散歩は適度な運動になって犬の肥満防止にもつながります。

しかし散歩のメリットは犬ばかりにメリットを与えるわけではありません。飼い主の側にも大きなメリットがあります。

犬同様定期的な散歩は適度な運動になるので肥満防止、病気予防につながります。

犬の散歩調査でも「健康的になった」という回答が非常に多く挙げられています。

またそればかりではありません。

社交的になれる

犬の散歩をすることで、見知らぬ人とも仲良くなることができます。

犬を通して会話が始まり、同じ犬を飼っている人とは共通の話題から仲良くなることもできます。

健康的になれて、飼い主も社会交流を増やすことができる犬の散歩はメリットがいっぱいです!

ではどのように犬の散歩をしたらいいのでしょうか?

ポメラニアンの散歩の適切な時間、回数

いつ散歩に連れて行ったらいいのでしょうか?

まずお散歩デビューはポメラニアンの場合、2回目の予防接種から2週間後がいいといわれています。

そのころになると免疫がついてくるからです。しかし生後半年ほどは骨格がまだしっかりしないので、激しい散歩、運動は避けましょう。

散歩の頻度

お散歩は毎日連れて行くようにしてください。

とは言っても天候が悪い中無理やり連れて行かなくてもいいでしょう。

犬も嫌がりますし、飼い主もそんな時は外に出たくないですよね。

散歩の時間

特に夏は道路が熱くなっています。

犬は体高が低い分アスファルトの照り返しを受けやすいです。

ポメラニアンならなおさらです。

ですから暑い時間は避けて朝や夕方に行うようにしましょう。

散歩の回数

ポメラニアンにとって散歩の適切な時間や回数はいつ?どのくらいなのでしょう?

ポメラニアンは小型犬なのでさほど運動量は必要としません。

それでも散歩させることはストレス発散、社会性のために必要なので、朝夕の時間に、回数は一日2回ほど行うといいでしょう。

でもお散歩好きのポメラニアンだったら回数を増やしてもいいですね。

一回の散歩時間は10~15分程度です。季節によって時間帯を変えてみてもいいでしょう。

冬場でしたら日が出ているときのほうが暖かいかもしれませんね。

短い時間でいいので毎日散歩に連れて行きましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー