犬種別にみる食事などの長生きする秘訣・ラブラドール・レトリーバー

犬種別にみる食事などの長生きする秘訣・ラブラドール・レトリーバー

1929
update

優しくて、人懐っこいのでいつも大人気のラブラドール・レトリバー。盲導犬としての役目も果たせる素晴らしい犬です。警察犬として活躍しているラブラドール・レトリバーも多くいますね。長生きするために食事面や何か秘訣があるでしょうか?

1929
update

■ラブラドール・レトリバーの特徴

Three Labrador Retriever dogs on the grass, black, chocolate and yellow color coats.

Rosa Jay/shutterstock.com

ラブラドール・レトリバーは大型犬に分類されます。 日本や海外も含めて、とても賢いので盲導犬や警察犬として活躍しているのが特徴です。 水が大好きなので、海や川で一緒にアウトドアを楽しめます。

また、誰にでも優しいため、番犬には向かないようです。 しかし、その優しさが多くの方に癒しになっているようで、セラピー犬として病院や老人ホームで活躍しています。

寿命は10年から13年と言われています。

ラブラドール・レトリバーの毛色は、ブラック、イエロー、チョコレートの3種類です。

ラブラドールレトリバーの性格から考える!飼い方・しつけのコツ!

大きくて、人懐っこい性格で日本だけでなく世界でも人気犬種上位のラブラドールレトリバー。その上、知能も高いので介助犬や盲導犬としても大活躍。でもきちんとしつけてあげなければ賢い犬には育ちません。飼ってみたいと思っている方も、そうでない方も考えたことがあるはず。ラブラドールレトリバーってどんな犬なの?飼い方やしつけ方のコツってあるの?そんな疑問に答えていきましょう!

https://mofmo.jp/article/1537

■ラブラドール・レトリバーのかかりやすい病気

www.flickr.com

かかりやすい病気は、股関節形成不全です。 股関節形成不全は関節がゆがむことで激しい痛みを伴います。 とくに大型犬なので注意が必要です。 1才になるまで、激しくジャンプさせることはしないほうがよいでしょう。

また、肥満にならないように注意してください。 肥満になることで、関節に負担がきます。自分を段々支えられなくなりますので、股関節形成不全にかかりやすくなります。

さらに、ラブラドール・レトリバーがかかりやすい病気として、白内障があります。 痛みはほとんどありませんが、視力が少しづつ低下してきます。 また、合併症で白内障になっている可能性もありますので、すぐにかかりつけの動物病院へ行き、診断してもらいましょう。

糖尿にならないためにも、やはり先ほど述べた肥満にならないように対策をしましょう。 長生きするためにも大切なことですね。

さらに、熱中症にもかかりやすいです。 ラブラドール・レトリバーは、鼻が低いため体温調整がしにくいといわれているためです。 新鮮な水を与えたり、暑さ対策には気を配りましょう。 かなりバテているなら、犬用のスポーツドリンクを作ってあげるのも効果があります。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

ラブラドールって白内障にかかりやすいんですか。事前にかかりやすい病気を知っておくって大事ですね。かかりやすい病気が分かっていれば、日頃からとくにその部分を注目して、注意をはらっておくことができるので。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー