スタンダードダックスは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

スタンダードダックスは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1546

家庭犬としていつも人気な「スタンダードダックスフント」。実は被毛の種類があり、種類ごとに抜け毛ケアや対策が必要です。その理由とは?

1546 |

スタンダードダックスの抜け毛は多い?

Standard smooth-haired dachshund in the garden

Capture Light/shutterstock.com

愛玩犬として長年人気を誇るダックスフンド。 その中でも、スタンダードダックスはファンが多い犬種でしょう。

スタンダードダックスを室内で飼っている人は多いですが、スタンダードダックスは抜け毛は多い犬種なのでしょうか?

スタンダードダックスフントには三種類の被毛種があります。 「スムースタイプ」「ワイヤーヘア」「ロングヘアー」です。 もっともポピュラーなのが「スムースタイプ」のスタンダードダックスでしょう。 光沢のある被毛が皮膚に密集して生えています。 「ワイヤーヘア」のスタンダードダックスフントは剛毛種で、短毛なので抜け毛が少ないと言われています。 「ロングヘアー」のスタンダードダックスフントは毛が長い分抜け毛が目立つかもしれません。

スタンダードダックスフントは毛質により、性格が違うとも言われています。 そしてその毛質により、抜け毛の多さも違うでしょう。

「スムースタイプ」のスタンダードダックスフントは、毛が密集して生えています。 そのため毛が時期的に多く抜けるときには、一気に抜けるためにとても目立ちます。

「ロングヘアー」も抜け毛が多めで、もつれたり毛玉ができてしまうことが多いでしょう。

スタンダードダックスの抜け毛ケア

スタンダードダックスフントの抜け毛ケアも、毛質により異なります。 「スムースタイプ」のスタンダードダックスフントの場合、密集した毛の中から抜け毛を取り除く必要があります。 その場合、スリッカーブラシを使うのが有効でしょう。 スリッカーブラシはピン先が細く、体積した抜け毛を取り除くのに有効です。 そのスリッカーブラシの中でも、ソフトタイプのスリッカーブラシを使うならば皮膚を傷つける恐れが少なくなります。

「ワイヤーヘア」のスタンダードダックスフントの抜け毛ケアをする場合は、通常タイプのスリッカーブラシを使いましょう。 剛毛、短毛の「ワイヤーヘア」の抜け毛もしかりと取り除いてくれます。

「ロングヘアー」のスタンダードダックスの抜け毛ケアの場合は、コームが良いでしょう。 コームはロングヘアーのもつれや毛玉を取り除くのに最適です。

このように、毛質にあったブラシを使って無駄な抜け毛を取り除くことは、抜け毛ケアにおいて大切です。 お散歩のあと、家に入る前に抜け毛をブラッシングを取り除くことは、ケアとして最適ですよ。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー