【ジャックラッセルテリア】爪の嫌がられない切り方

【ジャックラッセルテリア】爪の嫌がられない切り方

1862
update

活発なジャックラッセルテリア、走り回っているし爪切りの必要はないのでは?爪が伸びすぎるとどんな危険があるの?調べてみましょう。

1862
update

爪切りの必要性

Groomer cuts claws of a terrier

Dora Zett/shutterstock.com

犬の爪は自然に削れるものだから、爪切りなんて必要ない。 そう思っている方も多いかもしれません。

ですがジャックラッセルテリアのように小型犬の場合、体重が軽いのでお散歩のときに爪が削れる程度では不十分な場合があります。 また近年はジャックラッセルテリアを室内で飼われる方も多いようです。 室内で飼っていると、より爪が削れる機会は少なくなります。 本来土の地面を走ったり歩いたりすることで適切な爪の長さが保たれるので、フローリングでばかり過ごしていると爪は伸びる一方です。

またジャックラッセルテリアがお散歩をたくさんしているからといって、油断はできません。 お散歩をしていることで爪が削れていても、すべての爪が同じようにバランス良く削れていくとは限らないからです。 例えば親指だけ伸びていくことに気づかず、そこだけ巻き爪になったりしてしまいます。

ジャックラッセルテリアの爪が伸びすぎてしまうことにはどんな危険があるのでしょうか?

爪が伸びていくと、どんどん湾曲していってしまいます。 湾曲した爪の中には神経や血管も通っています。

つまり、爪が伸びていくと折れたり抜けたりする心配も増えますし、その際には中の神経まで傷つけてしまう恐れがあるのです。 伸びた爪はカーペットや服にひっかかる可能性も高くなります。

また伸びた爪が肉球に刺さってしまう可能性もあるでしょう。 気づかないうちに肉球に刺さり、その痛みで歩き方がおかしくなっていることもあります。 また肉球に刺さっていなくても、巻き爪であるゆえに滑りやすく正しく歩行ができていないことがあります。 正しく歩行できていないアンバランスな状態ですと、股関節などに余計な負担がかかってしまいます。

爪をきるタイミングについて

では、上記のような危険を避けるために爪切りをする方法を学びましょう。 まずは爪切りのタイミングについてです。 ジャックラッセルテリアがフローリングなどを歩いているときにカチャカチャと音がしたら、それは爪が伸びすぎている合図でしょう。 さらに、ジャックラッセルテリアの足を横から見て、肉球と地面が接するラインよりも爪が下に出ているならば伸びすぎていると言えます。 目や耳で、ジャックラッセルテリアの爪切りのタイミングを計りましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー