【しつけの方法】あなたにでもできる犬のおかわりのしつけ方のコツ!

【しつけの方法】あなたにでもできる犬のおかわりのしつけ方のコツ!

795
update

愛犬に「おかわり」をしつけてみましょう!「お手」と同じく、前足を飼い主さんの手の上に乗せる動作なので、お手ができる犬の場合は、反対の手で「おかわり」をするんだよということを覚えさせることがポイントです!

795
update

愛犬に「おかわり」の意味を理解してもらおう!

 犬 お手

Elenathewise/stock.adobe.com

「おかわり」は、「お手」とは逆の手で行います。

右前足をお手に決めたら、左前足をおかわりにしましょう。

このルールは、飼い主さんと犬の間で理解できていればOKです。

お手やおかわりで前足を触れさせるということに慣れさせてあげると、爪切りや足ふきなど、愛犬が嫌がることもスムーズに作業できるようになります。

「お手」「おかわり」と連続して声をかけた時に、交互に前足を出せたらしつけが成功していると思ってくださいね!

愛犬に「おかわり」をおやつを使ってしつけてみよう!

犬 お手

sutichak/stock.adobe.com

「おかわり」のしつけは、愛犬が落ち着いている状況で、行うようにしてください。

おやつを持った手を犬の前にグーをして置きます。

犬はどうやったらおやつが食べられるか悩むと思います。

その時、犬が飼い主の手に前足を乗せたら「おかわり」と言って、おやつを与えて褒めてあげてください。

同じ動作を、グーの位置を上げて、繰り返し行います。

こうすることで、おかわりの意味をお覚えさせましょう。

だんだん慣れてきたら、おやつを抜いて、動作だけ、次は言葉だけで行ってみましょう。

愛犬に「おかわり」を後付けでしつけてみよう!

犬 おかわり

lalalululala/stock.adobe.com

「おかわり」と言いながら、前足を持ち上げます。

それからおやつを与えて、ほめてあげましょう。

この動作を繰り返すと、次第に掛け声だけでおかわりができるようになります。

自発的に考えさせずに動作を覚えさせるしつけの方法なので、犬によっては時間がかかる場合もありますが、愛犬に合う方法でしつけましょう!

慣れてきたら、「お手」と「おかわり」を交互に言いながらしつけを確認してみましょう。

最初は飼い主さんも掛け声に合わせて出す手を変えてあげると成功率が高くなりますよ!

しつけとしてはとても簡単なことですが、飼い主さんとの信頼関係を築き、確認していくためにはとても効果的なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

芸の習得はやはり繰り返し行うのが基本ですね。覚えが早い子ならいいけど、なっかなか覚えてくれない子だと、こっちがくたびれてしまうんです。気が長くないと、何回も繰り返すのは難しいかも。気長にやってみるっていう姿勢で頑張ります。

2 翌朝
通報

読む限りでは、おかわりを覚えさせるのって案外簡単そうだなと思ったんですが、実際にするとなると、簡単にうまくいくものなのでしょうか。覚えの早いワンちゃんでなくても、スムーズに覚えてくれるのでしょうか。心配ばかりしてしまいます。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー