マンションでの猫の飼い方はこれで完璧!鳴き声とひっかき(爪とぎ)対策を万全にしよう!

猫は犬とは違い、しつけという方法の効果を感じられにくい場合があります。その為、鳴き声の対策や、ひっかき対策は飼い主さんが先回りして予防することが飼い方としては何よりも大事です。予防をして快適なマンション猫ライフを送りましょう!

マンションでの猫の飼い方はこれで完璧!鳴き声とひっかき(爪とぎ)対策を万全にしよう!

猫のマンションでの飼い方:鳴き声対策!

猫の鳴き声は犬に比べてとても小さく、ペット可のマンションの場合はほとんど気にならないでしょう。もともとペット可にしようと思ってマンションを造っているので、防音効果の高い壁になっていることが多いです。マンションを借りる・買う時に防音と猫の飼い方について確認しておくと良いですね!また、猫の鳴き声が大きくなるのは「発情期」「認知症」の時だけだと考えておくと良いでしょう。発情期の鳴き声予防には去勢・避妊手術を行うことが一番効果的です。かかりつけの動物病院で相談することがおすすめです。 しかし、認知症の場合はどうしても夜鳴きをしてしまうことがあります。それでも体力が消耗される行為なので、長くは続かないでしょう。そのような場合は、前もってご近所に声を掛けておくことがトラブルを防ぐ猫の飼い方です。 それでも夜行性の猫の場合、運動会をして騒ぐのはどうしても夜になります。寝静まったときに大暴れして階下に音が響くことが心配な場合は、沢山遊んで疲れさせるのが一番効果的です!もしくはケージ飼いがおすすめの飼い方です。つまり、どちらも夜に暴れないことに慣れさせることが重要なんです。

猫のマンションでの飼い方:ひっかき傷(爪とぎ)の対策は爪研ぎとツルツルシート!

いくらペット可のマンションでも、爪とぎのためにあちこちの壁をひっかいてしまうと気が引けますよね。家具に対しても爪とぎばかりされ、ひっかき癖がつくのは困りものです。けれど、猫にとって爪とぎという行為は「ストレス発散」「縄張りの確認」など大切な理由がある行為です。その為、猫に爪とぎをやめろというのは無理な飼い方です。 猫が壁や家具で爪をとがないようにするひっかき対策方法の一つは、あちこちに様々な爪研ぎを設置することです! 猫が気に入って眠っている場所の近く、トイレの近く、ご飯を食べる場所の近くなど、ありとあらゆる所に設置します。そうすると、寝起きの爪とぎ・トイレ後の爪とぎ・食後の爪とぎと、爪とぎタイムを沢山作ることができますよ! どうしても壁で爪とぎをした!というこだわり派の猫への対策方法は、ツルツルシートを貼ってしまいましょう!ツルツルシートを貼ると、滑って詰めが研げなくなります。そうすると、爪が研げる場所に気持ちを持って行ってくれるようになりますよ! それ以外にも、爪にカバーを被せたり、嫌いな臭いスプレーをしておくなどの対策もあるので、飼い主さんにも猫にもストレスがかからない飼い方を選んでくださいね!

マンションでの猫の飼い方:たくさん遊び場所を作ってあげましょう!


マンションの場合、どうしても高低差のある遊びが足りなくなってしまうことがあります。階段があるマンションだと猫も上り下りできるのですが、階段が無い作りの場合はキャットタワーを設置するなどして、高低差のある運動ができるようにしてあげましょう! それ以外にも、1人で遊べる場所を作ってあげたり、安心できる隠れ家を造ってあげるなど、猫が楽しめる空間をつくってあげるようにしてくださいね! マンションでもとても広い場合は、色々な所を探検して遊べると思います。マンションならではの飼い方で快適猫ライフを楽しんでください♪

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

りく

猫2匹とまったり生きながら、犬や猫のさまざまな情報収集を行っております。大切な愛犬や愛猫のことで、気になることがあれば参考にしていただければと思います!

「鳴き声」のキーワード

「鳴き声」に関するキーワード