犬の胴輪のおすすめのつけ方と手作り方法について紹介!

飼い主のみなさん、愛犬に愛情たっぷりの手作り胴輪をプレゼントしてみませんか?手作りすれば愛犬にぴったりで自分もお気に入りの胴輪になりますよ!おもっているよりも簡単に作れますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。今回は胴輪のおすすめのつけ方と手作り方法をご紹介します。

犬の胴輪のおすすめのつけ方と手作り方法について紹介!

犬の胴輪のメリットは?

どうしても首に負担がかかってしまう首輪に対して、胴輪は負荷が上半身に分散するので犬に優しい装具です。

危機回避のために飼い主が勢いよくリードを引っ張っても頸椎や呼吸器官を痛めることがありません。呼吸器官の弱い犬やシニア犬に向いています。

反対に、飼い主が引っ張っても苦しくないため、力の強い犬は好き勝手できてしまうのが難点です。犬が自由に突進していかないように躾けると共に、飼い主さんもリードをしっかり持つことを心がけましょう。

犬の胴輪の正しいつけ方!

昔は足を通して装着する胴輪が主流でしたが、足を触られることを嫌がる犬が多いため、最近では首を通して簡単に装着できる胴輪が人気です。

首輪よりは抜けにくいですが、胴輪も正しく装着しないと抜けたり外れたりしてしまいますのでご注意ください。

胴輪には種類があります

平たいベルト状の胴輪が多いですが、より負担の少ないベスト型の胴輪もあります。愛犬にあった胴輪を見つけてくださいね。

3D型ハーネス(立体型)

首にかける円形の輪と胴に巻きつける輪が立体的に接合した胴輪(ハーネス)です。首にかけた輪が、首と前足の中間にくるように設計されており、リードを引っ張っても首がしまりません。

また、首にかけた輪は犬の動きにあわせて上下に動くので、犬の行動が邪魔されません。

特に首の弱い犬や引っ張りの強い犬におすすめです。

3D型ハーネス(足入れ型)

首にかける輪がなく、足を入れる輪があるタイプです。足入れ型も負荷のかかる部分が首と前足の中間にきています。

2Bハーネス(8の字型/2バックル式)

首にかける輪と胴に巻きつける輪が8の字の形をした胴輪です。それぞれの輪にバックルがついているので頭を通さずに装着することができます。頭の大きな犬や、首に輪をかけられるのを嫌がる犬におすすめです。

装着するのは簡単ですが、首側と胴側の渡しがなく不安定なので引っ張り癖の強い犬や大型犬には向いていません。

ベスト型ハーネス

上半身を包みこむようなベストの形をした胴輪です。身体との接地面積が大きく、負荷を分散することができますので、首や腰を痛めている犬のお散歩にうってつけです。

身体を保温・冷却してくれる素材で作られた胴輪は小型犬やシニア犬によいでしょう。

ドッグウェアのようにデザイン性の高いものが多く、服にしか見えない胴輪までありますので、オシャレを楽しみたい飼い主さんにもおすすめです。

胴輪のつけかた

胴輪のつけ方はとっても簡単です。

1.犬に恐怖心を与えないように横に座り、ゆっくりと落ち着いて首に輪をかけます。2バックル式の場合も、まずは前側のバックルを留めてください。

2.次に胴部分のバックルをかちゃっと音がするまでしっかり留めます。

3.リードリングにリードをつけたら完成です。

足入れ型胴輪の場合は前足をそれぞれの輪に入れてから、背中のバックルをしっかり留めます。

胴輪は装着したときに指2~3本くらいの余裕をもたせると丁度よいです。ゆるみすぎると抜けてしまう恐れがありますのでこまめに調節してあげましょう。

手作りのハーネスを作ろう

ペットショップや通販サイトでも様々な胴輪が販売されていますが、やっぱり手作り品には愛情が感じられますよね。

シンプルに作るのも、レースやリボンでかわいくするのも貴方しだい。破れたりしないようしっかり裁縫することを忘れずに、お好みの生地とデザインで作ってみましょう!

愛犬のサイズを測ろう

メジャーで身体のラインにそって首周り、胴周り、着丈を測ります。

首周りは首と前足の中間あたりにある、グリッとした胸骨の出っ張りを通るように計測します。

胴周りは前足近くの胴が一番太い部分を計測します。

着丈は胸骨の出っ張りから胴の一番太い部分までを計測します。

本やインターネットから型紙を手にいれる

本やインターネットから型紙を購入することができます。手間ひまはかかりますが、インターネットでブロガーさんが無料公開している型紙を愛犬用にリサイズして使用することもできます。

また、お手持ちに愛犬ぴったりの服がありましたら、裁断してそのまま型紙として転用することもできます。もしヨレヨレでもう着ないな…という服がありましたら試してみてください。

ミシンで縫って、Dカンをつけたベルトをつける

愛犬のサイズを測り、型紙を手に入れたらいよいよ手作り開始です。

愛犬サイズにあわせた型紙にそって、内側・外側の生地2枚を裁断します。

裁断したそのまま縫っていきます。
5~10mm(自分でとった縫いしろ分)くらいのところを縫っていきますが
裏返す口の部分は開けておいてね、8~10cmくらいかな・・(・_・)b
出典:http://bingom.exblog.jp/11715254/

中表になっている生地を裏返します。

開いた口を塞ぎながら端から5mmくらいをグルリと1周縫います。
出典:http://bingom.exblog.jp/11715254/
ベルトを6等分してマジックテープも切って角を取っておきます
私は1の長さを24~25cmにして、残りを4等分してます。
3のマジックテープは4cmくらいです。
出典:http://bingom.exblog.jp/11715254/

かばん用厚地ベルト25mmを全部で1.2m使用していますが、愛犬サイズにあわせて必要な分を使用してください。

2のベルトにDかんを付けてこんな感じに折って本体の首側の出っ張りに縫いつけます。
出典:http://bingom.exblog.jp/11715254/
次に同じDかんに残りの2のベルトをくぐらせて腹側の出っ張りに縫いつけます。
出典:http://bingom.exblog.jp/11715254/
次に、リードにつながる部分のベルトとDかんを付けます
1のベルトを半分に折り赤線の様に縫います
出典:http://bingom.exblog.jp/11715254/
本体に着いてるDかんを挟んで切れ端を内側に折り込んでほつれない様にしながら縫います。
出典:http://bingom.exblog.jp/11715254/
最後に緑のところにマジックテープを縫いつけます。
上下ちゃんと合わさる様に気を付けてね(^_-)b
出典:http://bingom.exblog.jp/11715254/

完成です。とってもかわいいハーネスができあがりました!

いつもビンゴと♪ハーネスの作り方~♪

綾テープとバックルで作る方法も

布を切ったり何回も縫い合わせたりするのはめんどう…というかたには綾テープとバックルで簡単に作る方法もあります。

綾テープ、バックル、アジャスター、Dカンを用意します。出来上がりをかわいくしたい場合は綾テープに縫い付けるリボンもご用意ください。

全て手芸店で手に入りますし、綾テープやリボン、Dカンは100円均一ショップでも販売しています。

まず、テープとりぼんをタブと本体とに切ります

左  タブ   テープ 8cm  リボン 11cm
右  本体

テープとリボンをミシンで縫い合わせる
出典:http://wankocoo.blog95.fc2.com/blog-entry-62.html
アジャスターに縫い合わせた本体を通し、リボンの端を織り込みしっかりと縫う
出典:http://wankocoo.blog95.fc2.com/blog-entry-62.html
もう一方にバックルの片方を通しアジャスターに通します
出典:http://wankocoo.blog95.fc2.com/blog-entry-62.html
通した先を、もう片方のバックルに通しリボンの端を織り込みしっかりと縫う
出典:http://wankocoo.blog95.fc2.com/blog-entry-62.html
タブにDカンと本体を挿み、リボンの端を織り込みしっかり縫う
出典:http://wankocoo.blog95.fc2.com/blog-entry-62.html

かわいい8の字型の胴輪が簡単にできました!

*all for wan*

犬の胴輪について

しっかり採寸できていないとぴったりフィットせずにずれたり、首や身体を締めつけてしまいます。採寸は1回だけでなく、念のために2~3回しておくとよいでしょう。

また、犬の大きさや性格ごとに合う胴輪が異なりますので注意が必要です。

8の字型の胴輪は材料費も安く、簡単に作ることができますので、最初に挑戦するのにおすすめです。ぜひ試してみてくださいね!

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 焼き鳥
通報

手作りのハーネスが可愛くて、作りたくなっちゃいました!作るのが少し難しくても、大好きな愛犬のためなら、一生懸命に頑張って、途中で投げ出さず、最後まで作ってあげたいなと思えます。ぴったりサイズのハーネスが出来上がるよう、犬のサイズを丁寧に測らないといけないですよね。

2 犬といえば?
通報

ハーネスつけてる犬はたまに見かけますが、なんだか苦しそうな感じがしますね。ハーネスのほうが首輪よりはいいのかもしれません。今は夏場なので暑くない程度のハーネスならいいですね、手作りできるっていうのも自分だけのアイテムになるので楽しそう!

3 わん
通報

ハーネス、手作りできるんですね〜。たまにペットショップで可愛いハーネスを見つけてもサイズが合わないのでガッカリすることがあったのですが、手作りならその心配もないし、可愛いハーネスを真似て作ることもできるし、いいですね!詳しく写真つきでの作り方を載せてくださっていたので、作れる気がしました!!

4 名無しさん
通報

ハーネスや首輪はきちんとつけないといけないですね。うちの飼ってたペットは首輪をつけていましたが、変な付け方になっていたのか、スズが重かったのかわかりませんが、かばう歩き方をしていました。外してあげると普通でしたが付け方には要注意だなとその時思いました。ハーネスがいいものであっても注意が必要ですね〜

5 ハナ
通報

そろそろ、うちの子も老犬になってきたのでハーネスにした方がいいなぁと思っていたところでした。この記事を見つけて、ハーネスの選び方を知れて良かったです。しかも、手作りできるなんて目からウロコでした!!あとどのくらい一緒にいられるか分からないけど、こうした事で愛情をどんどん注いでいってあげたいです。頑張って作ってみますね!!

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

northernlights31

おすすめコンテンツ

ペットグッズを知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!