猫が甘える仕草にはどんなものがあるの?猫の行動サインについて解説

猫が甘える仕草にはどんなものがあるの?猫の行動サインについて解説

1817
update

とてもマイペースな猫ですが、ときには「これは甘えているのかな?」と感じる仕草をするときはないですか?寝ているときに添い寝をしてきたり、膝の上に座ってきたり・・・。猫の甘える仕草と、どういうときに甘えてくるのかを、甘えているときの行動と理由についてご説明いたします!

1817
update

猫が甘えているときの仕草・行動

Happy kitten likes being stroked by womans hand. The British Shorthair

PHOTOCREO Michal Bednarek/shutterstock.com

前足で飼い主のことを足踏みする

猫を飼っている人は理解出来ると考えられますが、飼い主が寝ているときに飼い主のことを前足でふみふみするような行動をするときがあります。

これは、猫が子猫のころに、母猫から母乳を飲むときにする仕草で、その名残から飼い主や毛布、クッション等を前足でふみふみします。

同時に毛布等を吸い付く猫もおり、これは飼い主に甘えているときにする仕草のひとつです。

この行動をしているときは、猫はリラックスしているため、そっと撫でてあげたりすると良いでしょう。

この仕草をする猫は、飼い主のことを母猫のように信頼しているといった理由からくる仕草ですので、これからも猫に愛情を注ぎながら生活をしていきましょう。

ものを咥えて持ってくる

外を自由に行き来するように育てている猫は、突然飼い主に小鳥やネズミ等を捕まえてくることはありませんか?

室内飼いの猫は、タオルやぞうきん等を口に咥えて持ってくる行動をすることがあります。

この行動の理由としては、猫から飼い主へのプレゼントです。

猫が日頃の飼い主に感謝をし、猫から贈り物をしていますので、決して怒ることなく片付けてあげると良いでしょう。

喉をゴロゴロと鳴らす

www.flickr.com

猫が喉をゴロゴロと鳴らすことは皆さんがご存知だと思いますが、この行動の理由は様々なものがあります。

理由のひとつとして、猫が甘えるときにする行動ということがあります。これは、飼い主と一緒に生活が出来ていることの喜びが理由になっています。

また、飼い主が外出から帰ってきたときに、挨拶が理由となって喉をゴロゴロと鳴らすときもあります。

しかし、猫が甘えるときには喉をゴロゴロと鳴らしますが、病気等で痛みが理由となって喉をゴロゴロと鳴らすこともあります。

痛みや苦痛を感じているときのこの行動は、表情を見ていればいつもと違うことがわかると思いますので、いつもと違和感を感じたら、動物病院へ連れて行くことをおすすめします。

飼い主に擦り寄ってくる

飼い主の足等に、猫が身体をスリスリと擦り付けてくるときの仕草は、猫が甘えるときにする仕草のひとつです。

この仕草をしているときの猫は、甘えるといったことはもちろん、猫の機嫌が良いときです。

猫が飼い主への好意や、甘える気持ちがこの仕草に繋がっていると考えて良いでしょう。

飼い主が外出から帰宅した際に、執拗に猫が身体を擦り付けてくるときがあります。

これは、猫が甘える仕草ではありますが、飼い主の外からのニオイを消そうとしているという理由があります。

これも猫が飼い主に甘える気持ちの表れでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

頭をこすりつけてきて、にゃーんと甘い声で鳴きますね。そしたら甘やかしてかわいがってのサインです。自分がかまって欲しいときだけ寄ってきますね。それ以外の時に触ると嫌がりますがw

1 酒粕
通報

ものを咥えて持ってきてくれると、嬉しい気持ちと、なんでこれを持ってきたんだろうという不思議な気持ちが入り混じりますね。ですがこれは贈り物をしてくれてた訳なんですね。これ聞いたら嬉しくて、微笑ましくもなってきました。そんな可愛らしいことをしてくれるなんて。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー