子猫の爪切りはいつから?頻度や切り方についても解説

大人の猫でも爪切りは大変なもの。生まれて間もない子猫も爪切りは必要です。ですがいつから切ってあげれば良いの?と悩む飼い主さんのために子猫の爪切りについて教えちゃいます!

子猫の爪切りはいつから?頻度や切り方についても解説

子猫の爪切りをしよう!爪の切り方を教えます

猫の爪切りは大人の猫でも大変な作業ですよね。子猫ともなればまだ身体が小さいから抱いて抑える力を加減しないといけないしで大人の猫とは違う大変さが。

ではそんな子猫の爪切りについて手順がわからないといった人やいつも爪切りに手間取ってしまうという人の為に、ちょっとしたコツを教えちゃいます!

子猫の爪切りはいつから?またその理由は?

子猫の爪切りっていつからはじめていいのか困りますよね。ですが爪切りは子猫のうちから慣れさせてあげないと大人になってから暴れて大変なことになります。生後1か月を過ぎたあたりから徐々に爪切りに慣らしていきましょう。

猫は爪に触られるのを嫌がるので小さいうちから慣らしてあげることで大きくなっても嫌がりにくくなります。慣れさせるまでが大変ですが、お家の大切な家具や壁を守るためにも爪切りに慣れてもらいましょう。

また猫の爪が伸びっぱなしになっていると猫自身も爪が肉球に食い込んでしまうケガに繋がる事があるので爪切りは嫌がっても諦めずにやってあげましょうね。

子猫の爪切りに必要なもの

子猫の爪切りに必要なモノは

・猫用爪切り ・爪やすり ・止血剤です。

あとは安定した場所で子猫の爪切りを行いましょう。

子猫の爪の切り方

ではさっそく子猫の爪を切っていきましょう。はじめての爪切りであればドキドキの瞬間ですよね。ですが私たちが落ち着いて爪を切ってあげることが大切です。

私たちまで慌ててしまったり、乱暴に扱っては子猫だって嫌がってしまいます。なので子猫とのコミュニケーションの一つとして楽しむ気持ちで行ってみましょう。私たちが神経質になってしまえば子猫だってそれを感じ取ってしまいますからね。

子猫にとって楽な体勢を取らせる

子猫にとって楽な姿勢を取らせてあげましょう。膝に乗せてあげたりして子猫がリラックス出来る体勢が一番良いですね。

子猫にとって辛い体勢ですと暴れてしまう原因にもなりますし、こちらも抱きにくくなってしまいます。また子猫に爪切りをみせないようにしましょう。怖がってしまう子猫もいますのでなるべく不安にさせないようにしてあげます。

片足を掴み、肉球を軽く押して爪を出す

爪は普段は隠れてしまっているため肉球を軽く押して爪を出してあげます。片足を持って肉球を優しく押すと簡単に爪が出てくるのでそのままキープします。

先端の白い部分を1.5ミリ程切る

先端の白い部分を爪切りで切っていくのですが、爪には少しピンクがかった部分が存在します。それを「クイック」というのですが、このクイックには血が通っていますので間違って切ってしまうと出血をして猫が痛がってしまいます。

なのでこのクイックより先端を切るように注意しましょう。もし間違って切ってしまったという場合には止血剤で出血を止めてあげましょう。

切るのが面倒だからと決して深爪にしないように!クイックを切ると猫はとても痛がります。

足を替え同じ手順で爪を切る

片足の爪切りが完了したら足を替えて同じ手順で爪を切ってあげましょう。

左右で爪の長さが違うこともありますので、クイックに気を付けながら爪を切るようにしましょう。同じ感覚で確認もせずに切ってしまうとクイックを切ってしまうことにもなるので注意して行ってあげてください。

子猫の爪切りのちょっとしたコツ

手順を守ってやっているのにどうしても上手く爪が切れない…。そんな人のために子猫の爪切りのちょっとしたコツをお教えしちゃいます。

どうしても上手くいかなかったときや爪切りが苦手だと感じている人は次のことを試してみてはどうでしょうか?

後ろから行う

前から行うと子猫も抱きにくく、暴れてしまう子猫も出てきます。なので子猫の爪切りは後ろから抱きかかえるようにして行ってあげるようにします。

後ろから抱きかかえるようにしてあげることで子猫も飼い主が傍にいると安心できます。

爪切りに時間をかけない

爪切りに時間を取ってしまうと子猫も飽きてきてしまい動きたがります。また時間をかけてしまうほど不安になることもありますので爪切りには時間をかけないようにしましょう。

一度に全部切ろうとするのではなく少しずつ進めていきましょう。

爪の先端を一度で切るよう心掛ける

爪の先端を一度で切るように心掛けましょう。何度もちょびちょびと切っていると子猫も嫌がって逃げたくなってしまいますし、時間をかける原因になります。

爪の先端を一度で切れるようにクイックに気を付けながら切りましょう。

足を強く握らない

猫は強く握られるのを嫌いますので強く握ってはいけません。それに強く握ってしまうと子猫が痛がるので優しく握って爪を出してあげるように。

嫌がる時は中断しよう

子猫が嫌がるときは無理に行わず、途中で中断することも必要です。嫌がるのを無理に行うと爪切りが嫌いになりこれからずっと爪切りが大変になってしまいます。

まずは爪切りに慣れさせることが大事なので嫌がるときは無理に続けないで子猫の様子を見ながら行いましょう。

子猫の爪切りの頻度

子猫の爪切りの頻度ですが、1週間に1回~10日に1回の頻度で行いましょう。

伸びていない場合は2週間前後を目安にしてください。また爪先が尖ってきたら切るようにしましょう。

まとめ

子猫にとってはじめての爪切りとなると未知のモノですから嫌がるのも当然のこと。しかし何回爪を切っていてもなかなか慣れない子猫もいますので飼い主さんにとっては大変ですよね。

しかし爪を切らないと子猫自身も飼い主さんもケガをしてしまいますので大変だと思いますが爪は切ってあげましょうね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

www1066

「猫の手入れ・ケア」のキーワード

「猫の手入れ・ケア」に関するキーワード