猫のトイレを自動で清掃してくれる優れもの!キャトロボットを紹介!

キャットロボットが流通するようになって何年かたっていますが、最近モデルチェンジしたことをご存知でしょうか?外見が格好いいので部屋に置いても様になります。でも猫の自動トイレって、わざわざ高いお金をかけてまで入手する価値があるのでしょうか?

猫のトイレを自動で清掃してくれる優れもの!キャトロボットを紹介!

猫用自動トイレって?

猫用の自動トイレ、キャットロボットは忙しい現代人のニーズに応える猫のトイレです。   自動トイレの本体は、猫がそのまますっぽりと機械の中に入れる大きさです。   猫がキャットロボットに入って用を足したら、排泄物を自動で清掃してくれます。   飼い主の清掃の手間を解消してくれる優れた機器がキャットロボットです。

「キャットロボット Open Air (オープンエアー)」が日本でも販売開始!


前作のキャットロボットからフルモデルチェンジしてよりスタイリッシュになりました。   2016年5月から国内でもキャットロボットの販売がスタートしています。   それまでに購入しようとすると、米国メーカーのサイトで購入して、高額な送料などが発生してハードルが高くて大変でした。   日本国内の通販サイトで手軽に購入できるようになったので助かりますね。

清掃の仕組み

猫が自動トイレに入るとセンサーでキャットロボットが反応します。   猫がトイレを済ませてキャットロボットの外へ出ます。   設定した時間がくると、本体が回転してメッシュ部分が排泄した猫砂をキャッチして砂から分けます。   固まった猫砂が網にかかり、下にあるコンテナへ落として清掃します。   自動清掃開始時間は3、7、15分から選べます。   コンテナ部分にビニール袋を敷いておけば、たまった猫砂をそのまま捨てるだけなので清掃の手間がかかりません。

この商品の利点は

キャットロボット専用のカートリッジなどの消耗品はありません。   交換用のパーツなどもないので、ランニングコストがあまりかかりません。   用意するのはトイレ用の砂とコンテナに敷くビニール袋くらいです。   専用のトイレ用の砂はありませんが、「エバークリーン」がおすすめです。   最高品質の猫砂で、ベントナイトと活性炭で臭いをすぐに吸収します。   猫や飼い主に優しい石鹸の香りは微香タイプで安心できます。   猫がキャットロボットを使用するごとに自動で排泄物を処理してくれます。   3匹ぐらいまでの多頭飼いのお宅でもキャットロボット1台で対応できるのはうれしいですね。

トイレだけど見せたくなるほどスタイリッシュ

旧モデルはいかにも大きな機器という感じのフォルムでした。   新型自動トイレはかなりモダンなスタイルになりました。   近未来的でクールな外観で、一目でトイレであるとは思えません。   お部屋の中でもインテリアとして溶け込んでしまうぐらいです。   猫の出入口も大きくなって、ステップも広くなり出入りしやすく工夫されています。   夜間に猫がトイレを利用しやすいようにナイトライトが自動点灯します。   LEDブルーライトで、もちろんON、OFF切替可能です。

分解可能


本体、ドーム部、コンテナなどに分解できるので、固く絞った布で拭けばいつも清潔ですね。   ドーム部分は洗浄できるのもお手入れが楽でいいですね、

キャットロボット Open Air

便利なキャットロボットオープンエアー!気になるお値段は・・・


オープンエアーの米国のメーカーは449ドルで販売しています。   直接購入するとなると、日数もそうですが送料がかなりかかり約10万円ほどになるそうです。   日本で販売されいてる「オープンエアー」の定価は98,000円(税抜き)です。   Yahoo!ショッピングでは、7万円台~13万円台までの価格帯で販売されています。   Amazonでは、7万円台~10万円台で扱っています。   ネット通販サイトでの相場は、送料と税込みで7万5千円~8万5千円ぐらいになります。

yahooショッピング販売ページ
Amazon販売ページ

猫の全自動トイレのまとめ

猫の全自動トイレは、家を留守にすることが多い方にとって優れものですね。   猫がトイレを使うたびに処理してくれるので、手間いらずで清潔に保てます。   猫の糞は臭いがきついので、それを抑えることもできるので助かりますね。   きれいでおしゃれなキャットロボットはかなり高価ですが、導入を考える価値ありです!  

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆