犬と猫の違いって?性格や飼い方の違いを解説!

ペットで多いのは、犬と猫です。よく犬派!?猫派!?という話になりますが、どちらが好きですか?この2大ペットの性格や飼い方の違いにはどんなものがあるでしょうか。

犬と猫の違いって?性格や飼い方の違いを解説!

犬と猫 2大ペットの違いって?


私は犬派!私は猫派!という話はよく聞きますし、どっち派かよく聞かれますよね。   この犬と猫の違いって何でしょうか。   どちらも見てて和みますし、癒しを与えてくれるのは確かです。   でも違いはあります。   性格が違っていることが大きなポイントかもしれません。   また飼い方も違っていることもあります。   どちらを飼うことが自分に合っているのかも、性格や飼い方によって見極めることもできます。

犬と猫の性格の違い

犬と猫の性格の違いにはどんなものがあげられるのでしょうか。   動物でもこんなに正反対なのかと思うぐらい性格が違っていますよね。   犬が忠実である性格なのに対して、猫はマイペースという性格の違いがあったりします。   また猫は人間を対等に見るという性格に対して、犬は飼い主と主従関係を保とうとするという性格の違いがあるでしょう。   他にもたくさん違いがあります。

犬の性格

犬は飼い主に対して忠実な性格です。   しつけをしっかり行うことによって、飼い主の命令にはしっかり聞き従う性格です。   主従関係をしっかりさせておくことによってきちんと群れのリーダーとして見ています。   飼い主の感情を読み取ろうとする性格でもあります。   感情表現が分かりやすいという点も性格の違いがあります。   飼い主についていって従おうという性格はけなげでかわいいですよね。

猫の性格

猫の性格はマイペースという性格が一番にあがるのではないでしょうか。   気が向いたら飼い主の横にやってきて、甘えてくるという性格です。   なでてほしくて、すり寄ってきますが、甘えたくない時は全然振り向きもしない性格です。   犬のように飼い主の期限をうかがわないという点で性格に違いがあるかもしれません。   犬と違い猫は飼い主を対等に見ているのかもしれません。   気ままな態度をして自分がかまってほしい時だけよってくる猫の性格は犬と違っています。   犬ほど感情表現が多くはないという違いがありますが、それでもすり寄ってくる猫を見るとかわいくなってきますよね。   そういう甘え方が好きな人もいるのではないでしょうか。

犬と猫の飼い方の違い


犬の性格と猫の性格を見てみましたが、犬の飼い方と猫の飼い方の違いは何でしょうか。   飼い方も大きく犬と猫で違います。   犬は散歩が必要ですが、猫はほとんど寝ていて散歩する必要がないという飼い方の違いがあるでしょう。   他にも飼い方の違いがあります。

犬の飼い方

犬は運動が大好きな性格の犬です。   ほとんどの犬が散歩をする飼い方が必要です。   大型犬にとっては散歩だけでなく、ドックランなどで運動させることが必要な犬もいることでしょう。   小型犬で散歩が必要でない犬もいますが、肥満対策のため運動させる飼い方ができます。   犬は水浴びが好きな犬が多いので、暑い日には特に水浴びさせる飼い方ができます。

猫の飼い方

猫の飼い方としては、散歩よりじっとして眠ることが好きなのでそういった場所を作ってあげる飼い方ができます。   のんびりゆっくりくつろげる場所を作ってあげることによってリラックスして寝ることができます。   また猫は水にぬれることが嫌いです。   猫は綺麗好きな性格ですので、水に濡れることがを嫌がるのです。   ですから、体を清潔に保ってあげる飼い方ができます。

まとめ

犬の性格と猫の性格には大きな違いがありました。   また犬の飼い方と猫の飼い方にも違いがあります。   同じ動物でも性格や飼い方が違いがありますので、犬と猫のどちらが自分に合っているのかよく考えて飼うことができます。   よく知っておくことによって楽しく幸せな生活を送ることができるでしょう。  

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆