犬のシャンプーのやり方が分からない人必見!正しい洗い方

犬のシャンプーのやり方が分からない人必見!正しい洗い方

2729

あなたは自宅での犬のシャンプーの仕方を知っていますか?飼い主がシャンプーしてあげることで経済的負担もなくなりますし、なんといっても飼い主と愛犬の良いコミュニケーションのひと時にもなります。犬のシャンプーのやり方について洗う順番や注意点など見てみましょう。

2729

犬のシャンプーをする理由

犬は汗腺がないので汗臭くなったり、汚れることも多くありません。

そもそもなぜ犬はシャンプーする必要があるのでしょうか?

犬のシャンプーの必要性は何ですか?

肌や毛をきれいにする

一つ目の理由は肌や被毛をきれいにするためです。

散歩に行くとどうしてもほこりや土などが体表についてしまいます。

その汚れをそのままにしておけば臭いの原因になったり、皮膚の弱い犬種ですと皮膚炎の原因にもなりかねません。

ダニやノミを防ぐ

他にも犬の体はダニやノミの住処になりやすいからです。

いつも暖かい犬の被毛の中はダニやノミにとって最高の住処なので、定期的にシャンプーをしてダニやノミを防ぐ必要があります。

ダニやノミはアレルギーの原因になって皮膚炎に発展したり、人間にも寄生することがあるので、放っておいてはいけませんね。

犬のシャンプーをする前に準備するもの

では犬のシャンプー前にどんな道具を準備する必要があるでしょうか?

タオル

タオルは必須です。

犬の体をふく吸水性の良いものを数枚用意しておきましょう。

シャンプー後手早く拭かないと、びちょびちょのまま部屋に行って濡らしかねません。

犬用の吸水性の良いタオルがおススメです。

ブラシ

忘れていけないのがブラシです。

シャンプー前にブラッシングすることで余計な毛をあらかじめ取ったり、毛のもつれを梳くことができるので必要ですよ。

デリケートな犬用の肌に合わせて、天然素材のブラシを用意しましょう。

シャンプーやリンス

犬をシャンプーするときの欠かせないものがシャンプー・リンスです。

人間と犬は肌の作りが違うので、人間用ではなく犬用シャンプー・リンスを用意しましょう。

肌に問題がなければ市販のシャンプーでも問題ないかもしれませんし、肌が弱くて何らかのトラブルがある時は病院で相談し推薦するものを使うといいでしょう。

以外かもしれませんが、リンスも必要です。

シャンプーだけでは被毛がぱさぱさになってしまうので、しっかりリンスもしてあげましょうね。

ドライヤー

ドライヤーがあると便利ですよ。

身体が濡れたままだと、菌が繁殖し臭いの原因になってしまいます。

しかしドライヤーの音にびっくりしてしまう犬は多いので、音の小さいドライヤーを選ぶとよいでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
犬のお手入れのおすすめ おすすめコンテンツをお届け!
あわせて読みたい こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー