フレンチブルドッグには首輪?ハーネス?首輪を嫌がる理由についても解説

フレンチブルドッグには首輪?ハーネス?首輪を嫌がる理由についても解説

2116
update

活発な性格のフレンチブルドッグ。もちろんお散歩も大好きです。ところで初めてのお散歩の時には、ハーネスがいいのか、首輪がいいのか迷ってしまいますね。フレンチブルドッグにはどちらが合っているのでしょうか?

2116
update

フレンチブルドッグには首輪?ハーネス?

Dog French Bulldog

Oyls/shutterstock.com

お散歩は毎日の大切な日課です。

お散歩に使う道具も慎重に選びたいですよね。

フレンチブルドッグの散歩には、首輪とハーネスのどちらがあっているのでしょうか。

それぞれのメリットとデメリットを比べてみましょう。

首輪のメリットとデメリット

まず、首輪を使用することにはどんなメリットがあるのでしょうか。

首輪のメリットは、散歩のしつけに適しているという点です。

急に走り出したりするのを静止させるため、飼い主がリードを引くとフレンチブルドッグは首が圧迫されます。

勝手な方向に行くと苦しくなる、ということを学習させるのに首輪は役立つのです。

しかし首輪を使用すると、首に負担がかかるというデメリットがあります。

またフレンチブルドック特有のデメリットもあります。

フレンチブルドッグなどの短吻犬種は、首輪で圧迫されすぎると眼球の内圧が上がりやすく、白内障な網膜剥離を起こしやすいといわれています。

ハーネスのメリットとデメリット

ハーネスのメリットは、首に負担がかからないという点です。

負担が分散されて呼吸がつらくなることも無いので、子犬から老犬まで安心してハーネス使用することができます。

デメリットは、首輪に比べて犬のコンロトールがしづらいという点でしょう。

リーダーウォークのしつけがしっかりできていないフレンチブルドッグだと、どんどん飼い主を勝手に引っ張っていってしまうでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
3 名無しさん
通報

フレブルは首がほとんどないに近いから、首輪よりもハーネスの方がいいでしょうね。普通に首があるなら首輪もいいだろうけど、フレブルはないからですね。首輪をつけてると、締まってしまって大変でしょうね。特有のメリットが大きく占めますね、選ぶ基準を。

2 ショップ
通報

首に負担がかかると、首以外の場所にも悪影響が出てきてしまうんですね。目の病も発症するリスクがあるそうで、それらの点も考慮して首輪、ハーネスの選択、または使い分けを行うことが、フレンチブルドックのためになると私は思った次第です。

1 マカダミアンナッツ
通報

フレンチブルドッグってほとんど首ないもんね~。あの首じゃ、リードを引っ張ったときに苦しそう。我が家も散歩はハーネス派ですが、首輪もつけてます。万が一逃げ出しちゃったときのことを考えると首輪も必須だよね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー