サバンナキャットってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

サバンナキャットってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

2147
update

野性味あふれるスポット模様が魅力的なサバンナキャット。 かなり希少な猫種ですが、ご存知ですか? 今回は、他とは違った野生的な猫が飼いたいという方のために、サバンナキャットのブリーダーからの購入方法についてご紹介します。

2147
update

サバンナキャットの特徴

Front view of a Savannah sitting, isolated on white

Eric Isselee/shutterstock.com

サバンナキャットは、アフリカに生息する野性のサーバルとイエネコを交配させて作出された非常にワイルドな姿の猫種です。

近年アニメで有名になったサーバルのことをご存知の方も多いかもしれませんね。

サバンナキャットはサーバルの特色を色濃く残していて、猫種の中でもとりわけ大きな体をしています。

ワイルドな見た目の通り身体能力はとても高く、大きな身体のサバンナキャットのジャンプ力はなんと2.5メートルとも言われており、軽々とジャンプする姿はとても美しくしなやかで、野性的なかっこよさを見ることができます。

サバンナキャットは水を怖がらないことが多く、水遊びが好きなので飼い主さんと一緒にシャワーに入ったりするそうです。

またリードを付けて散歩ができたり、猫よりも犬のような聞き分けの良さを持っていたりと、ワイルドさを裏切る意外性たっぷりの猫です。

野生動物のようなたくましい見た目と、とても人懐っこい性格というギャップに魅力を感じる方も多いようですよ。

身体的な特徴

サバンナキャットは野性のサーバルと掛け合わせれているので、サーバルキャットの遺伝子含有率によって野性としての本能や見た目、体の大きさが異なり、交配世代がサーバルに近いほうから、F1(第一世代)~F7(第七世代)と呼び分けています。

F1(第一世代)に近いほどサーバルキャットの遺伝子含有率が多く、野性的な特徴を濃く残しているので、F1とF2のサバンナキャットは爪や牙も鋭く、体の大きさや顔つきなどサーバルキャットにほぼそっくりです。

F5(第五世代)以降はサーバルキャットの遺伝子含有率も低いため、一般的なイエネコに近い大きさや顔つきになります。

どのサバンナキャットも大きくて縦に長い耳に、小さな顔を持っており、野性のサーバルやチーターが持っているノーズラインのような美しい黒いシャドーが目頭から鼻にかけて入っているのが特徴です。

サバンナキャットのアーモンド形のキリっとしたつり目は、グリーン、ヘーゼル、イエロー、ゴールドなどカラーで、野性的な姿を一層引き立てています。

体はとてもスリムで、スラっと長い首や手足も長いことからモデルのような体型で、しっぽも細く長く優美なラインをしています。

細身ですが筋肉質な体格をしており、特に後足は前足より長く筋肉質です。

サバンナキャットが肩を揺らしながら堂々と歩姿は、野性的な精悍さと優美さを感じるでしょう。

サバンナキャットを知らない人は、一目見ただけでは野生動物がいるのではないかと心配になるほど凛々しい猫です。

寿命や体型

サバンナキャットの平均寿命は17~20歳言われており、大型の体の割に長生きする猫種です。

20年生きる大型の猫なので、高齢になり介護が必要になった時には、世話する側にかなりの体力が必要になるでしょう。

優美なかっこよさは大変魅力的ですが、最後まで責任を持って飼育できるかよく検討したうえで家族に迎えるか判断することをおすすめします。

サバンナキャットの体長は50~75センチくらい、大人の腰あたりに来るほどの大きさになることもあり、一般の猫と比べても確実に一回り以上大きい体格をしています。

体重は6~13キロくらいで、オスのほうが体が大きくなるでしょう。

F4以降はイエネコの血が濃いので、体重が10キロ超えることはほとんどないようです。

しかしサーバルに近いF1~F3は、14キロほどの大きいサバンナキャットになることもあります。

これは人間の5~6歳児と同じくらいの体重で、運動神経も野性に近くなりますし、かなり体格がよいので飼育の難しさもアップします。

サバンナキャットの歴史は?

F1 Savannah Cat

Katerina Mirus/shutterstock.com

サバンナキャットの誕生のきっかけは1986年と言われており、野性のヤマネコとイエネコを掛け合わせて作出した猫「ベンガル」のブリーダーが、自分の飼っていた猫と野性のサーバルを交配させたことから始まりました。

サーバルと掛け合わされたイエネコは、ベンガル・ エジプシャンマウ オシキャット などのワイルドさを持った猫たちで、生まれてきた子猫たちはサーバルの遺伝子含有率の高い順に、F1~F7に分類されました。

F1(第一世代)のサバンナキャットは当時多くの話題を呼びましたが、同時に野性の稀少なサーバルと交配させていることなどから倫理面で問題視されることもあり、ペットにすることについてすぐに公認されませんでした。

しかしその後も熱心に研究が続けられ、1996年に現在のサバンナキャットの基礎を築くF2(第二世代)が誕生、F3、F4と交配が進められ、F1が誕生してから10年後の1996年ついにサバンナキャットの猫種としてのスタンダードが定まりました。

この時も野生動物の血を飼い猫に入れることや、ペットとして飼うことなどが問題視されました。

それには倫理観だけではなく、猫に起こる免疫疾患や交配のために希少種サーバルが乱獲されるのではないかという懸念もあったり、複雑な問題が関わりあっていたため、話し合いには多くの時間が割かれたそうです。

2001年についにTICA(世界最大の猫の血統登録機関、また世界最大のキャットショー公認機関)への登録が認められ、F1誕生から15年ほどかかってやっと猫種として正式に認可されました。

2012年になってからはキャットショーへの出場も可能になり、野性味の残る新しい猫の品種として知名度を上げていきました。

この記事が気に入ったらシェア♪
18 名無しさん
通報

サバンナキャットって100万円もするんだ!!!たっかーーーー!!!!希少性がとか値段に反映されてるんだろうけど、たっかーーー!!!スコティッシュフォールドとかでも30万くらいだよね?すごいな~~

17 吉田康美
通報

サバンナキャットを購入したいのですが大阪のブリーダーさんを紹介してください

16 ザッキー
通報

サバンナキャットは体も大きいから多頭飼いは向かなさそうですよね。ほかの猫と一緒に飼うと喧嘩になったときとか怖いなぁ。すごく飼育してみたいと思うけど、今、猫が2匹いるので難しそうだなぁ。多頭飼育しても大丈夫なんでしょうか?

16 大トラ
通報

サバンナキャットを飼いたい!っていうのは日本じゃちょっと無理あるんじゃないでしょうかね。あまりにも大きいしブリーダーはいるかもしれませんけど、値段も高そう…それに狭い日本の家じゃ逆に可哀想な気がするけどな

14 入り口
通報

見た目のインパクトがあまりにも強すぎて、一回見たら絶対に忘れないような感じがする〜〜!サバンナキャットは家で飼うというよりも、たまに見に行くというのがいいのかなと思ったりもしましたね。あと、あの模様がステキですよねっ。

13 ふーこ
通報

サバンナキャット飼育してみたいけど、他の猫と一緒に飼育して大丈夫なものなのかな?うち、他に2匹猫を飼ってるんですよね。スコティッシュフォールドとマンチカン。系統が違いすぎて一緒に飼うのは無理かなぁ??

12 らっきょう
通報

一枚目の画像から、手足が長くて身長も結構ありそうな感じがしていたのですが、やはり大きいですね。体重も相当な重さに成長するとのことなので、普通に猫を飼うような感覚でサバンナキャットを飼い育てるのはダメだなと思いました。

11 もみじ
通報

サバンナキャットを飼育してみたいけど、難しいだろうな~~。ペットショップで購入できないから海外輸入を請け負うブリーダーから…ってその時点で難易度高いし、そもそも一般住宅で飼育できるの?大きめなゲージとか用意しなきゃだめでしょ?

10 名無しさん
通報

個人的には、見た目がやわらかい感じの可愛い猫が好きだから、いくら性格が可愛くても、ちょっと見た目が怖い…。しかも、高い…。動物園とかで見れるのかな?それで充分かなー。

9 名無しさん
通報

国内にもサバンナキャットのブリーダーさんがけっこういるんですね、驚きました。さすがに100万円もするとなると簡単にペットとして買うこともできないですけどね。しかも大きさも相当ですから、猫を飼おうという感覚で飼うなら大変なことになりますね。運動量も多いでしょうから、十分なスペースも用意してあげる必要がありますね。家にいたら楽しそうですね~。

8 ラバー
通報

サバンナキャットがペットショップで入手困難と言われる理由が知りたいです。価格が高いのが理由なのでしょうか。お上品な感じのするサバンナキャット、いつかは目の前で見てみたいという夢がありますが、ペットショップに居ないとなるとこの夢が叶う日は遠そうです。

7 さばんな
通報

サバンナキャットってこんなに高いんですね、ビックリした。ちょっとこの値段は猫に出す金額ではないのでサバンナキャットを飼うのは現実的じゃないかも。値段だけじゃなくて体の大きさもめちゃくちゃ大きいし日本の普通の家では到底飼えないんじゃないかな。

6 金持ち
通報

ペットとしては可愛いと思うけど、高い!!!目ん玉飛び出そうだった。気軽に買いたいといえる値段ではありませんね。金持ちだったらサバンナキャット飼えるのに~と思ってしまいます。

5
通報

チョット100万円と聞くと飼うのは難しいですが、ブリーダーさんのところに見学に入ってみたいですね。野性味あふれるかんじの猫なので運動量も大きいでしょうし体格も大型ですもんね。

4 名無しさん
通報

サバンナキャットって猫の大きさじゃないぐらい大きい。それに100万円以上するとか一般人はいくら猫が好きでも出せない値段でしょう。鬼灯の冷徹に出てくる猫がそっくりなので、サバンナキャットをモデルにしてるのかもしれません、にしても男前だなぁ

3 るんるん
通報

テレビで一度だけ、サバンナキャットを見たことがあります。体の模様がヒョウみたいで、おしゃれです。写真を見る限り、顔が小さくて手足が長そうです。見た目はとても強面ですが、寂しがりやの性格だなんて、そのギャップが好きです。

2 E
通報

可愛い〜!こんな大きいペットが家にいて甘えてきたらたまらないですね〜!!でも、餌代とか、色々大変そう…病気になったらみてくれる動物病院もすぐには見つからなさそうですね…。

1
通報

かわいいけど、ペットとして飼うにはかなりハードルが高い気がします。どんな物を食べるのか、どんなことに注意して飼ったらいいのかもう少し詳しく知りたいです。ペットは物じゃないので、飼う前に本当に飼うことができるのかしっかり考えて、責任を持って最後まで飼ってあげたいですね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー