ベンガルってどんな猫?性格・大きさ・体重・寿命などについて解説

ベンガルってどんな猫?性格・大きさ・体重・寿命などについて解説

7183
update

精悍な体つきに、ヒョウ柄のなめらかな毛皮を持つベンガル。野性的な見た目で人気急上昇中の猫です。見た目から想像すると激しい性格をしていそうですが、実際のところはどうなのでしょうか? ベンガルの特徴と性格、大きさや体重に、飼いやすさなどを調べてみました!

7183
update

ベンガルの特徴や、体の大きさは?

Bengal cat like a leopard sneaks

livinskiialex/shutterstock.com

ベンガルは、野生のベンガルヤマネコと、短毛種のイエネコを交配してつくられた短毛種の猫で、とても元気です。

もし、飼い主さんの膝の上や、近くで寝て大人しくしているような、傍をずっと離れないようなタイプの猫が好きな方でしたら驚いてしまうかもしれないほど元気です。

ベンガルの平均的な大きさですが、体長は約55~80センチ、体重はオスの場合が5~8キロ程度、メスの場合が3〜5キロ程度で、平均寿命は14年くらいです。 もちろん、中には16歳を超えるような長生きなベンガルもいます。

特有の病気は特にありません。 しかし、「膀胱炎」や「ストレス性の脱毛」に注意をしてあげると良いでしょう。やや敏感な性質があるので、落ち着かない環境でストレスがたまってしまうことがあります。

毛色は野生にみられるヒョウ柄に似た大きさのスポットが入った、いわゆるヒョウの斑点柄で、ロゼットと呼ばれています。 被毛は短く、厚めで豪華であり、なめらかで美しく、柔らかな手触りが特徴です。

ベンガルはとても魅力的な猫ですが、何よりも魅力的なのは やはり美しいロゼットでしょう。 このロゼットはひとつとして同じものはありません。人の指紋と同じですね。

ロゼットは、ベンガルの魅力のひとつですが、同じ両親から生まれて同じロゼットは絶対に出ないため、それぞれの美しさを楽しみたくなってしまい、一匹迎えると次は違うタイプの子が欲しくなる飼い主さんも多いです。

その美しいロゼットは見ているだけでうっとりしてしまうのに、触ってみるとまるでシルクのような触りごこちなので、ちょっと触れ合うだけであっという間に虜になってしまうと思います。

大きさはやや大柄で、がっしりした骨格と筋肉を持っています。 手脚もしっかりしています。ただし全体的に細長いので、体の大きさや体重の割にスリムな体型に見える傾向があります。

小さな頭につり気味の丸い目が、スレンダーでスマートな印象を与える美しい猫です。

ベンガルの歴史は?

Beautiful stylish Bengal cat. Animal portrait. Bengal cat is lying. Blue background. Collection of funny animals

Cressida studio/shutterstock.com

1970年代、アメリカのカリフォルニア大学で、猫の白血病の研究のためにイエネコとベンガルヤマネコの交配が実験的に行われ、それが現在の「ベンガル」という猫の基礎になったといわれることがあります。

しかし、同様に猫の白血病に対する先天的な免疫力を持つヤマネコ(Asian leopard cat/アジアン・レオパード・キャット)からワクチンを作るために研究をしていた ロマリンダ大学のウィラード・センターウォール医師も、野生のヤマネコとイエネコとのハイブリッド種を育成していました。

さらに同じ時期、毛皮をとるために密猟されているヤマネコが多かったため、ヤマネコに似た被毛を持つ動物がいればヤマネコの毛皮に対する需要や密猟が減るかもしれないと考えた猫のブリーダーのジーン・ミルが、ヤマネコとイエネコとの交配を計画します。

その後、ウィラード・センターウォール医師の協力により、ヤマネコの他に短毛種のイエネコであるアビシニアン、アメリカン・ショートヘア、エジプシャン・マウ、シャムネコ、野生のインディアン・マウ などの9種類の猫を得たジーン・ミルが交配して、現在の「ベンガル」という猫が1980年代に誕生したとも言われています。

原産国はアメリカですが、そもそもベンガルという名前の由来は、祖先のアジアン・レパード・キャット(ALC)の分類学上の名称である「P.b.bengalensis」というラテン語名です。

ちなみに、名前の由来は「ベンガルトラ」とは関係ありません。 公認はされていないですが、劣性遺伝により生まれる長毛種は「カシミア(Cashmere)」と呼ばれることがあります。

また、交配の途中で、ブラウン、スノー、シルバー&スモークの3種の毛色が生まれました。

そしてその他にも珍しい「ブルー・タビー」や「ロングヘア・ベンガル」などの柄のものも存在します。

ベンガルってどんな性格?

Bengal cat

Shvaygert Ekaterina/shutterstock.com

野生で肉食、気性が荒いベンガルヤマネコの血を引くことや少し大きめということから、どうしても性格が激しいイメージや少しこわいイメージがありますよね。

そして、凶暴?人に懐かない? と思われることも多々あるベンガルですが、現在のベンガルはイエネコとの交配を重ねた結果に誕生した品種なので、体の大きさが大きめなのは否めませんが、「猫」です。

いたって普通の猫なのです。 穏やかでのんびりとした性格のベンガルが多く、子猫だけでなく大人になっても遊ぶことが大好きで無邪気です。

猫じゃらしで遊ぶ姿は、他の猫と変わりません。

もちろん例外もありますが、基本的にはお水に抵抗が無いベンガルも多く、水遊びも大好きです。 そして、素晴らしいジャンプ力を持っているため、例えば、飼い主さんの身体を登ったり肩の辺りまでジャンプしたりが容易です。

こちらもベンガルの魅力のひとつですが、とにかくやんちゃで元気な子が多いです。

もちろん、中にはのんびりとしたタイプの子もいますが、歩く姿やおもちゃなどの獲物を狙う姿は、どの子も野生のレオパードのようでカッコイイという一面もあります。

そして、じつは甘えん坊だったりもします。

人間も好きなので、一緒にたくさん遊びたがります。飼い主さん以外の人間にも自分から近づいたりして、あまり人見知りをしない子も多いので、フレンドリーな性格とも言えますね。

人懐っこくて、飼い主さんに注目してほしくて「こっちを見て!」とアピールしてくることもあります。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

この名前を初めて聞いた時、トラの事だと勘違いしていました(恥)でもトラのことじゃないんだなーってびっくり。体の模様も、トラっぽい気がするんだよね。猫のライオンはつながるけど、猫とトラはあまりつながらないし・・わかんない。

1 カルメラ焼き
通報

ベンガルは昔からいるのかなって思ってたんだけど、今のベンガルの歴史はそんなに古くないんですね。50年に満たないくらいですもんね。もう既に100年とか超えてそうなイメージありました。猫の歴史とかを知る機会とかってそんなにないので、楽しかったです。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー