「ボッシュ」ってどんなドッグフード?原材料など詳しく解析

「ボッシュ」ってどんなドッグフード?原材料など詳しく解析

6279
update2018/06/12
lated

ペット先進国ドイツ産のドッグフード「ボッシュ」をご存知ですか?原材料の飼育から加工に至るまで安全にこだわったドッグフードということで信頼している方が多くいるドッグフードです。今回はそんな「ボッシュ」の原材料を徹底分析して、本当に愛犬に安心して与えることができるドッグフードなのでしょうか?

6279
update
lated2018/06/12

安全にこだわったドッグフード「ボッシュ」

犬

undefined/shutterstock.com

ペット先進国ドイツ産のドッグフード「ボッシュ」をご存知ですか?原材料の飼育から加工に至るまで安全にこだわったドッグフードということで信頼している方が多くいるドッグフードです。ドイツはペットが最も暮らしやすい国ともいわれており、そんなドイツ産のドッグフードということで愛用者の多いドッグフードです。

今回はそんな「ボッシュ」の原材料を徹底分析して、本当に愛犬に安心して与えることができるドッグフードなのかどうか調べてみたいと思います。

「ボッシュ」ってどんなドッグフード?

ボッシュはドイツのペットフードメーカーが製造販売しているドッグフードです。ドイツはペットが最も暮らしやすい国ともいわれており、ペットフードの先進国でもあります。今とても注目されているプレミアムドッグフードのひとつです。

ボッシュドッグフードはとにかく高い安全性と安心ににこだわっています。

その一つが原材料はすべて100%オーガニック素材を使用しており、厳しい3つの国際基準「ISO 9001:2000.DIN EN ISO 9001 国際標準化機構、環境専門家協会」「HACCP食品危害分析重要管理監視」「IFSインターナショナルスタンダード」をクリアした自社工場で生産していることです。

さらにボッシュが他のペットフードメーカーと違うところは、原材料の加工を外注していないことです。

すべての行程がボッシュの自社工場の生産ラインで行われるため、粗悪な原材料が混入することがありません。

原材料そのものの加工も自社工場で行っているのです。

つまり原材料の管理に至るまでが厳しく目が行き届いているのです。

「ボッシュ」のこだわり

ボッシュは厳しい審査をクリアしている自社工場での生産というこだわりがありますが、それだけではありません。

もちろん原材料にも強いこだわりがあります。

自然飼育肉を使用

ボッシュ社の独占農場にて安全性の高い餌を食べ健康的に育てられた安全な肉のみを原材料に使用しています。

ヒューマングレード(人間が食べることのできるレベル)であることはもちろん、家畜そのものの安全性にもこだわっています。

肉副産物、食用不適部位、病死肉、抗生物質・ホルモン剤使用肉、防腐剤を使用した肉などは一切使用していません。

オーガニック穀物・野菜を使用

ボッシュ社独占契約農場で栽培された「ドイツ農林省シュトウットガルト行政委員会」の認証を受けた穀物のみを使用しています。

つまりドイツ農林水産省の認証を受けた無農薬、有機栽培の作物しか使用していないのです。

オーガニックへの高いこだわりを感じます。

農薬を使用した作物は当然のこと、遺伝子組み換え作物や人間用不適作物、加工段階での防腐剤仕様のおそれのあるものなども一切使用していません。

余計な添加物は使用しない

味付けのための塩分、フレーバーによる香りつけ、化学合成した栄養添加など、不必要な添加物は一切使用していません。

合成着色料、保存料、調味料、防腐剤、防虫剤、酸化防止剤など、生産段階、保管段階などどの段階においても一切使用しません。

このようにボッシュは食の安全性へのこだわりが強いドッグフードです。

大切な家族の一員である愛犬に対してこれだけ徹底した管理の行き届いたドッグフードですと安心ですね。

では実際に原材料を分析し、本当に愛犬に安心して与えることができるドッグフードなのかどうか見てみましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー