「ボジータ」ってどんなドッグフード?原材料分析!口コミ評判も

「ボジータ」ってどんなドッグフード?原材料分析!口コミ評判も

5962
update

今回はちょっと珍しいスウェーデン生まれのドッグフード「ボジータ」をピックアップしてみたいと思います。ナチュラルオーガニックをコンセプトにしているようですが、実際はどんなドッグフードなのでしょうか?原材料や成分を徹底分析してみましょう。新たなドッグフード選びの参考にされてみてください。

5962
update

「ボジータ」ってどんなドッグフード?

犬

undefined/shutterstock.com

ボジータは北欧でも最も厳しい環境立法を制定しているスウェーデン生まれのドッグフードです。

100年以上の伝統を持つペットフードメーカー「ラントメンネルドギー社」が生産しています。

ボジータで使用している原材料はすべてスウェーデン産で自社生産をなっています。

土壌から製品までの研究開発、製造すべてをラントメンネルドギー社が厳重に品質管理を行う徹底ぶりです。

ラントメンネルドギー社は「ISO9001,2000国際標準化機構認証取得」「ISO14001,2004国際標準化機構認証取得」という厳しい国際検査にも合格しています。

「ボジータ」の特徴

ボジータで使用している原材料はすべてスウェーデンの地元のものです。

高品質な肉と穀物を厳選して使用しており、素晴らしい品質のもののみを使用しています。

スウェーデンは動物飼育とフードの製造に適しており、安心して愛犬に与えることができる最高品質の原材料を使用して製造しています。

なぜそういえるのでしょうか?

なぜならスウェーデンは動物飼育とペットフード製造に関して厳しい法律が制定されています。

例えば他の国では普通に行われている動物飼育時のホルモン剤の使用もスウェーデンでは禁止されています。

抗生物質も病気の動物の病気治療目的以外の使用は禁止されています。

さらにスウェーデンはBSEが発症していない国の一つであり、動物飼育に関して徹底している長い歴史のある国です。

そんなスウェーデンで製造されているボジータも徹底した品質管理が行われています。

原材料の品質、最終製品の品質もしっかりコントロールされています。

1986年以降は家畜飼育の際の抗生物質の投与を禁止しています。

1985年以降は屍肉の使用を禁止しています。

また原材料がサルモネラ菌に侵されるのを防止してきました。

そして人工着色料、調味料、保存料を一切使用していません。

他には犬のおなかの健康をサポート、免疫システムをサポート、関節サポートなどバランスの良い栄養補給ができるよう研究開発が行われてきました。

こうしてみると愛犬に安心して与えることができるドッグフードのように思えますね。

では実際に原材料を分析してみて、本当に愛犬に安心して与えることができるドッグフードなのかどうか見てみましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー