『ドギーマン』ドッグフードの評判はどう?原材料は安全か?

『ドギーマン』ドッグフードの評判はどう?原材料は安全か?

5690
update

犬を飼っている人も、猫を飼っている人も、ペットを買ったことのない人でも誰もが『ドギーマン』という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?ホームセンターのペット用品売り場に行くと必ず目に入る商品でもあります。では『ドギーマン』とは一体どのようなドッグフードを提供してくれているのでしょうか?

5690
update

ドギーマンとは

ドッグフード

undefined/shutterstock.com

最近では多くの人がペットを「うちの子」と呼ぶようになり家族の一員としてペットと生活を共にする時代へと移り変わってきました。

それと共に市場の価値観やニーズも多様化してきています。

どんな時代であってもペットとの暮らしは人々の心を癒し、イキイキと笑顔にさせてくれる素晴らしいものであることの大切さをドギーマンは知っているので「ペットライフのよきパートナー」として、日々“世界で最もペットを知る会社”であることを意識して、商品を広める取り組みを行なっている企業です。

世界初ペット用ジャーキーの誕生

ドギーマンといえば思い浮かべるのはジャーキーです。

商品の開発は「生肉の風味を落とさずに保存性の高い食品に加工する」ということが大原則となり、水分を適度に減らす乾燥方法を模索し続けました。

乾燥が足りないと保存状態が悪くなってしまいますし、乾燥が強すぎると生肉の風味が落ちてしまいます。

保存性を考慮しながら原材料や加工方法の調整に心血を注いだ結果1981年に生肉を主原料にしながら風味を生かした『ヘルシージャーキー』が誕生しました。

世界初のペット用ジャーキーはこうしてここ日本で誕生しました。

その後、ニーズに伴って特養サイズが追加され、開封部分にファスナーをつけ保存法を高め、1992年には脂肪分を1/2にカットした「ダイエット」シリーズを商品化し、1998年には「無添加良品」シリーズを商品化しました。

2001年には「ヘルシージャーキー」の給与試験を実施した結果、AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)が定める給与試験の全基準測定項目を満たすことが証明された事もジャーキーとしては世界で初です。

ではそんなAAFCO(アメリカ飼料検査官協会)が定める給与試験の全基準測定項目を満たすことが証明された事もジャーキーの原材料と成分を調べてみましょう。

取り上げた商品は『ヘルシージャーキーS』です。

『ヘルシージャーキーS』の商品詳細

幅広い愛犬に向く、理想的なプレミアムフードで、複数の試験基準を満たす総合栄養食です。

世界で最初に発売されたペット用ジャーキーとして愛され続けている商品です。

新鮮な牛肉を使用した、嗜好性の良い味と香り、適度に水分を含んだやわらかな質感のセミモイストタイプに仕上がっています。

原材料

肉類(鶏肉、牛肉)、植物性たん白、小麦粉、パン粉、ソルビトール、プロピレングリコール、ミネラル類(カルシウム、亜鉛、ヨウ素、鉄)、グリセリン、保存料(ソルビン酸、デヒドロ酢酸ナトリウム)、調味料、乳化剤、くん液、膨張剤、ビタミン類(E、A、D)、発色剤(亜硝酸ナトリウム)、食用色素(赤106)

成分

粗たんぱく質25.0%以上、粗脂肪8.0%以上、粗繊維1.0%以下、粗灰分6.0%以下、水分28.0%以下、エネルギー:100g当たり300kcal。原産国:日本。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー