マンチカンの食事とおすすめのキャットフード5選!!

マンチカンの食事とおすすめのキャットフード5選!!

4479
update

あまりポピュラーな猫ではないので、周りにマンチカンを飼っている人も少ないのではないのではないでしょうか。猫を飼うときに飼い主さんが気を使うのが、愛猫の食事ですよね。今回はキャットフードを選ぶときに押さえていただきたい3つのポイントと、おすすめのキャットフード5つをご紹介します。

4479
update

キャットフード選びのポイント

皆さん『マンチカン』という猫をご存知ですか?短い足で歩く愛くるしい姿が人気の猫です。あまりポピュラーな猫ではないので、周りにマンチカンを飼っている人も少ないのではないでしょうか?

猫を飼うときに飼い主さんが気を使うのが、愛猫の食事ですよね。今回はキャットフードを選ぶときに押さえていただきたい3つのポイントと、おすすめのキャットフード5つをご紹介します。

munchkin cat

Arnon.PT/shutterstock.com

低カロリーのキャットフードを選ぶ

マンチカンは肥満になりやすい種類の猫と言われています。ですから、食事に気をつけなければなりません。キャットフードを選ぶときはパッケージの裏に書かれているカロリーをチェックし、低カロリーのものを選ぶようにしましょう。

グレインフリーなキャットフードを選ぶ

猫はもともと肉食なので、穀物類を摂取する必要がありません。穀物類を消化するのも苦手ですので、穀物が入っているキャットフードを食べると消化不良を起こす可能性もあります。

また、さらに良くないのが、穀物を摂取することにより、泌尿器の病気になりやすくなります。猫は泌尿器の病気になりやすいので、グルテンフリーのキャットフードを選びましょう。

高タンパクなキャットフードを選ぶ

もともと肉食の猫にとっては動物性タンパク質を摂取することが、健康を保つのに大切です。キャットフードのパッケージの裏側の成分表を見て、「粗タンパク質」が25%以上のものを選ぶと良いでしょう。また、原材料の欄を見てタンパク質源となってる材料が何かをチェックすることも大切です。出来るだけ新鮮な生肉を使用しているものが良いでしょう。

マンチカンにおすすめのキャットフード5選

マンチカン

Phannasit/shutterstock.com

今回は、マンチカンにオススメのキャットフードを5つ紹介したいと思います。上記のキャットフード選びの3つポイントをすべてクリアするキャットフードを見つけるのはなかなか難しいですが、愛猫のキャットフード選びの参考にしていただければとおもいます。

今回ご紹介するキャットフードは次の5つの商品です。 「カナガンキャットフード チキン&サーモン」、「モグニャンキャットフード」、「シンプリーキャットフード」、「ナウフレッシュ グレインフリーアダルトキャット」、「ナチュラルチョイス減量用アダルトチキン」です。各キャットフードの特徴をご紹介していきます。

カナガンキャットフード チキン&サーモン

カナガンキャットフードチキン

栄養価の高い、ヒューマングレードの原材料使用のキャットフード

「カナガン チキン&サーモン」は、イギリスで製造されているウェットタイプのキャットフードです。原材料にこだわって作られています。このウェットタイプ以外に、ドライフードの「カナガンキャットフード」も販売されています。

おすすめポイント1 ウェットタイプなので水分補給もできる!

ドライフードではなくウェットタイプのフードですので、摂取することで、栄養を取ると同時に水分も補給できます。原材料の表記を見てみると、「チキン煮汁」が32%含まれていると記載されています。

猫は腎臓や泌尿器新疾患を抱えやすいので、水分を取る事はとても大切です。しかし、もともと水の少ない砂漠で生活し水を頻繁に摂取する習慣がありません。ですから、食事と同時に水分を取ることのできる「カナガンキャットフード チキン&サーモン」は、この点でとても良いキャットフードであるといえます。

おすすめポイント2 低カロリーなキャットフード

100gあたりカロリーは約93kcal。とても低カロリーなキャットフードなんです。太りすぎると短い足に負担がかかってしまうマンチカンにとって、低カロリーのキャットフードは嬉しいですね。また、低カロリーなキャットフードを与えることにより、肥満を防ぐことにより様々な病気の予防できます。

おすすめポイント3 人工添加物不使用!

人工着色料は使用されていません。安価なキャットフードによく使用される人工着色料、発がん性があったり猫の体に無理影響及ぼします。そのような人工添加物が使用されていない点も評価できますね。 また、とろみをつけるのに使用されているのはタピオカで、これにも人工的な添加物は使用されていません。

モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフード

食いつき抜群の栄養補給に!

「モグニャンキャットフード」とは、イギリスで製造されているキャットフードです。高品質と安全性を追求したキャットフードとして知られています。

おすすめポイント1 白身魚を63%も使用!高タンパクなキャットフード

猫は健康を保つために良質なタンパク質を摂取する必要があります。「モグニャンキャットフード」は、白身魚を63%も使用した高タンパクなキャットフードです。「モグニャンキャットフード」の成分表を見ると、粗タンパク質が30%となっており、理想的とされるタンパク質量を十分にクリアしています。ですから、タンパク質不足になる心配もありません。

また、タンパク質源となっている原材料も良質なものであると言えます。パッケージに記載されているタンパク質の原材料となっている肉類を見てみると、第1原材料に白身魚63%と記載されています。安価なキャットフードや、粗悪な原材料を使用しているキャットフードの原材料の欄には、「〇〇ミート」と表記されているものがあります。

これは魚や鶏、豚などの動物の肉だけでなく、内臓や骨等を含んでいる原材料です。また細かな規定がないため、病気にかかっている動物の肉が使用されていたり、原材料が腐敗していることがあるとも言われています。しかし「モグニャンキャットフード」の場合、そのような粗悪な原材料は使用されていません。

おすすめポイント2 グレインフリーのキャットフード

専門家によると、猫の健康を維持するのに穀物は摂取する必要がないと言われています。猫はもともと肉食で、穀物類を摂取する習慣がありませんでした。ですから穀物を消化するのが得意ではありません。穀物を摂取することで、消化にするために体に負担がかかり、嘔吐したり下痢をしたりする猫もいます。

また、穀物が含まれていないので、小麦アレルギーなどのある猫にも安心して与えることができるでしょう。

おすすめポイント3 有効成分配合

「モグニャンキャットフード」には、クランベリーやセイヨウタンポポが含まれています。 クランベリーには、むくみ解消、尿路結石の改善、歯周病予防、美肌効果があります。たんぽぽには、むくみ解消、食欲増進、便秘を解消、抗酸化、利尿作用といった効果があります。

猫は泌尿器の疾患を患いやすいので、その点に配慮しこのような原材料が含まれているキャットフードはとても良いと言えます。

シンプリーキャットフード

シンプリー

飼い主と猫のための健康的で美味しいキャットフード!

「シンプリーキャットフード」とは、イギリスで製造されているキャットフードです。

おすすめポイント1 高タンパクなキャットフード

「シンプリーキャットフード」には、たくさんのタンパク質源となる材料が含まれています。その割合はなんと73%です。 原材料を見てみると、骨抜き生サーモン(31%)、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、サーモンスープ(2.3%)と、タンパク質源として魚が多く使用されていることがわかります。

乾燥サーモンや乾燥ニシン、乾燥白身魚なども使用されています。すべてのタンパク質源が生の新鮮な魚が使用されているとさらによかったのですが、コストがかかりすぎるのかもしれませんね。しかし、成分表を見ると、粗タンパク質37%となっていて、かなり高タンパクなキャットフードとなっていますので、問題ないと言えるでしょう。

おすすめポイント2 整腸作用のある成分入り

シンプリーキャットフードには、マンナンオリゴ糖やフラクトオリゴ糖が原材料に含まれています。これらの成分は整腸作用があり、便秘や下痢を防ぐ効果が期待できます。また、海藻も含まれています。海藻には、水溶性食物繊維が含まれており、腸に優しく作用しお通じを良くします。

猫は毛づくろいをするので、毛を飲み込んでしまいます。お腹の中に溜まった毛を排出するためにも、腸内環境を整えてあげることは大切です。不溶性食物繊維だと、猫の体に負荷がかかってしまうことがありますが、その点「シンプリーキャットフード」に含まれているのは水溶性食物繊維である海藻や、腸内環境を整える2種類のオリゴ糖なので、安心して与えることができるでしょう。

おすすめポイント3 食品添加物不使用、安心安全なキャットフード

「シンプリーキャットフード」には、合成着色料や合成保存料などの食品添加物は一切使用されていません。保存料や着色料の中には、発がん性があったり、猫の臓器に悪影響を及ぼす恐れのある保存料が使われていることがあります。

しかし、「シンプリーキャットフード」のパッケージの原材料の記載には、人工着色料である「赤色〇号」「黄色〇号」などの表記はありません。

また、キャットフードの品質を維持するために酸化防止剤や保存料が添加されることがありますが、「シンプリーキャットフード」には、天然の保存料また酸化防止効果のある、マリーゴールドが配合されています。この点でも安心、安全なキャットフードと言えるでしょう。

ナウフレッシュ グレインフリーアダルトキャット

ナウ フレッシュ グレインフリー スモールブリード アダルト

「ナウフレッシュ」とは、カナダで作られているキャットフードです。「ナウフレッシュ」は、素材の新鮮さにこだわって製造されています。

おすすめポイント1 新鮮な生肉を使用

「ナウフレッシュ グレインフリーアダルトキャット」の原材料を見ると、ターキー生肉、ダック生肉、サーモン生肉が使用されています。ミートミール(乾燥肉粉)や、肉の副産物などは使用していません。肉を粉状にしたものは、どのような状態の肉が用いられたかわかりません。この材料や骨や内臓など肉の副産物が使用されていないというだけでも、購入者からすると安心できますね。

高タンパクなキャットフードであるだけでなく、タンパク質源となっている原材料も新鮮な生肉を使用しているので、タンパク質の質も良いと言えるでしょう。

おすすめポイント2 こだわりの製法で新鮮さが保たれたフレッシュなドライフード

SCSB(Slow Cooked Small Batches)製法という方法を用いて製造されています。これは、じっくりと時間をかけ、低温(90℃)で調理する方法です。そのようにすることにより、原材料の栄養を最大限に生かして製品化することができます。栄養価が高い状態が保たれているキャットフードということができますね。また、保存料も自然の原材料を用いられています。新鮮でしかも安心なキャットフードです。

おすすめポイント3 もちろんグレインフリー

「ナウフレッシュ グレインフリーアダルトキャット」猫が消化を不得意とする穀物は使われていません。消化しにくい穀物を配合しないことにより、他の原材料の栄養をしっかりと吸収することができます。また、とうもろこし、大豆、小麦などの穀物やそれらの精製品は、アレルギーがでやすいと言われていますので、そのようなものも使用されていません。

ナチュラルチョイス減量用アダルトチキン

ニュートロジャパン ナチュラルチョイス減量用アダルトチキン500g

肉食の猫のため生の肉または生の魚をたっぷり使い、生肉または生の白身魚を第1種原料に使用する方法を重視しています。そのため、素材の鮮度やおいしさを維持することができており、食いつきも良くなります。

「ナチュラルチョイス減量用アダルトチキン」とは、アメリカのニュートロという会社によって製造されているキャットフードです。自然素材にこだわって作られています。

おすすめポイント1 高タンパクでも低カロリー

「ナチュラルチョイス減量用アダルトチキン」は、「ナチュラルチョイス室内猫用成猫用」に比べて、カロリー約14%カット、脂質は約28%もカットされています。しかし、原材料にチキン生肉を使うことによって、低カロリー低脂質でも高タンパクなキャットフードになっています。

成分表を見ると、粗タンパク質が33%となっています。太るととくに体に悪影響がでやすいマンチカンにとっては、カロリーと脂質がカットされているキャットフードはとても良いと言えるでしょう。

おすすめポイント2 関節の健康維持を助ける成分を配合

体重が増えてしまうと関節に悪影響が出てしまいます。「ナチュラルチョイス減量用アダルトチキン」には、関節の状態を保つのを助けるコンドロイチンとグルコサミンが配合されています。足が短く太ると関節に負担のかかりやすいマンチカンにとって嬉しい成分ですね。肥満対策関節の病気予防として愛猫に与えると良いかもしれません。

おすすめポイント3 皮膚と被毛の健康維持を助ける成分配合

「ナチュラルチョイス減量用アダルトチキン」には、皮膚や被毛を健康的に保つのを助けるリノール酸を多く含む鶏脂や、亜鉛も配合されています。リノール酸とは、多価不飽和脂肪酸で、体内で合成することのできない成分です。ですから、食事から摂取しなければいけません。

またリノール酸には、血中コレステロールを低下させる効果があります。 不足すると、皮膚炎になりやすくなります。リノール酸は愛猫の皮膚や被毛を美しく保つために役立つ大切な成分です。

まとめ

マンチカン

Dasha Parfenova/shutterstock.com

如何だったでしょうか?今回はマンチカンにオススメのキャットフードをご紹介しました。 マンチカンは、足が短く太ると足の関節や他の体の部分に悪影響が出てしまうことがあります。キャットフードを与えすぎないようにすることはもちろんですが、キャットフードの品質もチェックするようにしましょう。

原材料、価格、安全性などの面で全てがパーフェクトなキャットフードを見つけるのはなかなか難しいですが、キャットフード選びの際に参考にしていただけたらと思います。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

マンチカン大好き!!本当に可愛いよね。いつかうちでも飼ってみたい〜

足短いせいで、トイレで汚れがつきやすかったりするらしいから、赤ちゃんいるうちは無理かなあと言う感じだけど。

足短い子だと、あんまり太らせるとお腹が床につきそう笑

1 名無しさん
通報

マンチカン飼っていたけど、肥満になっていました笑

本当にカロリーを気にしてキャットフードを選んばないと油断するとすぐ肥満になるみたいですね。

飼い主も勉強が必要です。シンプリーキャットフードは食べさせたことあったけど、あんまり食べなかったような気がする。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー