愛犬のアレルギーが心配!グレインフリーのドッグフード3選!

愛犬のアレルギーが心配!グレインフリーのドッグフード3選!

3097
update

ドッグフードにはたくさんの種類や特徴があり、どんなドッグフードを選ぶか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか?ドッグフードの中にはグレインフリー(穀物不使用)をうたっているものがありますよね。今回はグレインフリーのドッグフードについて、その特徴とおすすめの商品をご紹介したいと思います。

3097
update

グレインフリーのドッグフードとは?

飼い主の皆さんはワンちゃんの食事に日々気を遣っていることでしょう。食べ物によってワンちゃんたちの健康は影響を受けます。

皆さんはワンちゃんのドッグフードを選ぶ際にどのようなことを基準にしているでしょうか?

grain gluten free

AGCuesta/shutterstock.com

そもそもグレインフリーとはどのようなものでしょうか?

グレインフリーとは穀物が全く使用されていないものの事です。ですから、小麦、トウモロコシ、米といった穀物を原材料としていないドッグフードなのです。

グルテンフリーという言葉がありますが、これはグレインフリーとは若干意味合いが違います。グルテンとは穀物から生成されるタンパク質のことです。

その穀物由来のタンパク質が含まれていないものをグルテンフリーと言います。小麦にはたくさんのグルテンが含まれています。ですからドッグフードには小麦グルテンフリーをうたっているものが多いでしょう。

グレインフリー(穀物不使用)は穀物すべてを使用していないという意味なので、当然グルテンフリーをも含みます。

穀物のデメリット

risk demerit

takasu/shutterstock.com

いくらかのドッグフードがグレインフリーであるのにはどのような理由があるのでしょうか?

それはワンちゃんにとって穀物はあまり相性が良くないからです。穀物は悪影響を与えることがあるのです。以下に穀物のデメリットをいくつかご説明します。

消化しづらい

ワンちゃんはそもそも穀物を消化することが苦手な体質です。人間は穀物に対する消化酵素をしっかりと持っていますが、ワンちゃんはそうではありません。

ですから、たくさん食べてしまうなら胃腸に負担をかけてしまい、消化不良を引き起こすことにも繋がりかねないのです。

グレインフリーのドッグフードを食べることによって効率よく消化吸収することができ、十分な栄養素を体に取り入れることができるようになります。

また胃腸への過剰な負担は腸内環境を悪化させることにも繋がります。腸内環境の悪化はワンちゃんの皮膚や被毛へ悪影響を与え、免疫力の低下にもつながってしまいます。

ですから、ワンちゃんの健康を考えるなら、なるべくグレインフリーが良いとされているのです。

食物アレルゲンとなりやすい

Allergy food(アレルギー)

Evan Lorne/shutterstock.com

ワンちゃんにとって食物アレルゲンとなりやすい食材はいくつか存在します。

アレルギーの元となる食材を食べるなら体にアレルギー反応を引き起こしてしまい、体調不良や重大な場合には命の危険にさえ繋がってしまうことがあるのです。

現在アレルギーでなくとも、アレルゲンとなりやすい食材を食べ続けることで突然アレルギーを発症してしまうことがあるのです。ですから、アレルゲンとなりやすい食材を避けておくに越したことはないのです。

そして穀物のタンパク質は食べ物の中でもアレルギーになりやすいタンパク質と言われています。特に小麦アレルギーとなるワンちゃんは多いようです。ですから小麦グルテンフリーのドッグフードが多いのです。

小麦だけでなく、穀物全体を不使用にすることで、さらにアレルギーとなる危険性を避けることができるのです。

太りやすい

Very fat dog(肥満) obesity

Chuanthit Kunlayanamitre/shutterstock.com

穀物がたくさん含まれているドッグフードを食べるなら、同時に糖質も多く摂取してしまうことになります。そうなるとワンちゃんは血糖値が急激に上昇しやすくなり、結果として太りやすくなってしまいます。

毎日食べるものですから、小さな積み重ねによって肥満犬となってしまわないように注意したいですね。ですから、グレインフリーにすることによってヘルシーな食生活にすることができるのです。

グレインフリードッグフードの特徴

穀物がワンちゃんと相性が良くないことが分かりましたね。それでは商品となっているグレインフリーのドッグフードの特徴をいくつかご紹介します。

消化しやすい

穀物不使用ですから、胃腸に負担をかけることなく、食べ続けることができます。また、グレインフリーにしているメーカーは腸内環境を良い状態に保つことに意識を傾けていることが多いです。

ですから、グレインフリーに加えて腸内環境を改善する乳酸菌やオリゴ糖などの成分が含まれていることもあります。ドッグフードを選ぶ際にはそれらの成分もチェックしてみたはいかがでしょうか。

トラブルが起きづらい

食物アレルゲンとなりやすい穀物が入っていないので、ワンちゃんがアレルギーになることが少なく、トラブルを抱えづらいと言えるでしょう。

グレインフリーのドッグフードはそのほかのアレルゲンとなりやすい食材をも避けていることが多いので、比較的全般の食物アレルギーを避けることも出来ると言えるでしょう。

またワンちゃんに与える量を間違えなければ、肥満にもなりづらいので、それに伴う病気などを未然に防ぐこともできるでしょう。

高タンパクかつ肉材料の割合が高い

穀物が使用されていないので、必然的に他の材料の成分の割合が高くなります。

グレインフリーのドッグフードは肉材料の割合が高く、高タンパクである場合が多いです。動物性のタンパク質はワンちゃんと相性が良く、しなやかな筋肉と全体の健康を保つには欠かせません。

価格が高め

穀物は安価な原材料です。ドッグフードの中には費用を削減するために穀物を大量に使用しているものさえあるのです。

グレインフリーは安価な穀物が使われていないので、他のドッグフードに比べて価格が高くなることが多いようです。

高すぎるドッグフードには手が出ないかもしれませんが、ワンちゃんの健康を考えるならある程度の出費は必要だと考えて良いでしょう。

グレインフリーのドッグフードを選ぶ際の注意点

グレインフリーの表記があれば、健康上全く問題がないわけではありません。皆さんがグレインフリーのドッグフードを選ぶ際に気を付けなければいけないこともお伝えしますね。

人口添加物が入っていないか

グレインフリーであっても、たくさんの人工添加物が入っているなら健康に悪影響を与えてしまいます。

添加物が控えめであるか、添加物不使用のドッグフードを選ぶようにしましょう。長期間与え続けるものであれば、添加物にはこだわったほうが良いでしょう。

米、玄米が含まれていないか

グレインフリーをうたっているドッグフードの中には、米や玄米が含まれているものがあります。

小麦、大豆、トウモロコシと言ったアレルギーになりやすいものを除外したものをグレインフリーとしている場合もあるからです。

もちろんそうしたものでも利点はありますが、穀物のすべてを不使用にするメリットはなくなってしまいますので、注意が必要です。

全穀物不使用のドッグフードを入手したいなら、米、玄米が含まれていないか成分表をしっかりとチェックすべきでしょう。

しかし、米や玄米は低アレルギーなので、トウモロコシや小麦と比べるとアレルギーが出にくい食品といえます。

原材料名の生産地が明記されているか

グレインフリーなドッグフードはそのほかの食材の割合が高くなります。ドッグフードの価格を抑えるために、それらの食材に劣悪な原材料が使用することもあるかもしれません。

ですから、原材料とその原産地がはっきりと明記されているものを購入することがおすすめです。産地も種類も分からない肉材料のドッグフードは避けたほうが良いでしょう。

おすすめのグレインフリードッグフード

グレインフリーのドッグフードの特徴をお伝えすることができました。また、選ぶ際の注意点も知ることができました。これらの点を踏まえて、おすすめできる商品をご紹介したいと思います。

モグワン

モグワン

モグワンと言えば、人気のあるドッグフードとして必ず名前が挙がってくる商品ですね。

容量/価格 1.8kg / ¥3,960(税抜)
原産国 イギリス
メイン食材 チキン、サーモン
対応年齢 全犬種、全年齢対応

モグワンはワンちゃんにとって健康的であるだけでなく、食いつきの良さも求めて開発されたドッグフードです。

モグワンは高タンパクであり、動物性タンパク質が50%以上使用されています。

またグレインフリーで米や玄米も使用されていません。炭水化物にはサツマイモや豆類が使用されています。さらに着色料、香料が不使用なのもうれしいポイントです。

モグワンの代表的な食材はどのようなものでしょうか?

タンパク質にはイギリス産の平飼いチキンが使用されています。チキンは脂質が少なく上質なタンパク質です。元気をサポートするセレンやビタミン類も多く含まれています。

もう一つの主なタンパク源としてサーモンがあります。スコットランド産の厳選されたサーモンが使用されています。サーモンには健康を維持するDHA、スムーズなリズムを維持するEPAが含まれています。

それらタンパク源以外にも良質な果物や野菜が含まれています。

良質な原材料が含まれ、悪影響を与える可能性がある穀物を除いたモグワンは、ワンちゃんにとってのハイレベルなドッグフードと言えます。

ナチュロル

ナチュロル

プレミアムフードの中でも「最高級」と呼び声の高いドッグフードですね。

容量/価格 850g / ¥3,000(税抜)
原産国 日本
メイン食材 牛生肉
対応年齢 全犬種、全年齢対応

ナチュロルは「愛犬と一生笑顔でいられるフード」として国内開発されたドッグフードです。

ナチュロルの特徴にはどんなものがあるのでしょうか?

まず、ワンちゃんの免疫力を維持するために安定・持続型ビタミンCが配合されています。

またビタミンCの体内リサイクルを有効にするバイオフラボノイドも同時配合されており、ワンちゃんの健康を内側から支えてくれるものとなっています。

また完全なグレイン、グルテンフリーとなっているドッグフードです。米や玄米はもちろんのこと、豆類も使用されていません。また合成防腐剤や合成保存料、化学調味料なども一切使用していません。

100%無添加なので安心してワンちゃんに与え続けることができるようになっています。

さらに腸内環境を整える乳酸菌、オリゴ糖も配合されており、栄養だけなくワンちゃんの消化吸収の点からもしっかりとした配慮がなされています。

タンパク質も良質な牛、鶏、馬、魚の肉を55%以上使用し、人が食べることができるほどの高い水準を保ったものとなっています。

グレインフリーでかつ国内産の安心できるドッグフードをお探しの方はこのナチュロルをおすすめします。

オリジン オリジナル

オリジンは犬の生物学的観点から開発されたドッグフードです。オリジン・オリジナルは本来肉食であるワンちゃんの自然の食事に注目してそれに合わせた高タンパクのドッグフードとなっています。

アメリカ産の鶏肉と七面鳥、全卵、天然魚などの6種類の人間用食材の肉原材料を原材料中の85%に使用しています。他のドッグフードが50%ほどである中で、この数値は驚異的な高さだと言えます。

・原材料と成分
・原材料

新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ, 新鮮全卵, 新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮鶏レバー, 新鮮七面鳥レバー, 新鮮鶏心臓, 新鮮七面鳥心臓新, 新鮮丸ごと大西洋ニシン, ディハイドレート鶏肉,ディハイドレート七面鳥肉, ディハイドレート丸ごとサバ, ディハイドレート鶏レバー, ディハイドレート七面鳥レバー, 丸ごとグリーンピース, 丸ごとシロインゲン豆, 赤レンズ豆,新鮮チキンネック, 新鮮鶏腎臓, ピント豆, ヒヨコ豆, グリーンレンズ豆, 鶏肉脂肪, 天然鶏肉風味, ニシン油, 粉砕鶏骨, 鶏軟骨, 七面鳥軟骨, ドライケルプフリーズドライ 鶏レバーフリーズドライ 鶏レバー, フリーズドライ 七面鳥レバー新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮コラードグリーン, 新鮮カブラ菜, 新鮮丸ごとニンジン, 新鮮丸ごとリンゴ, 新鮮丸ごと梨, カボチャの種, ヒマワリの種, 亜鉛タンパク化合物, ミックストコフェロール(天然酸化防止剤), チコリー根, ターメリック, サルサ根, アルテア根, ローズヒップ, ジュニパーベリー, 乾燥 ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物, 乾燥 プロバイオティクス発酵生成物, 乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物

・成分

粗たんぱく質(以上) 38 % 粗脂肪(以上) 18 % 粗繊維(以下) 4 % 水分(以下) 12 % カルシウム(以上) / リン(以上) 1.2 % / 0.9 % オメガ6脂肪酸*(以上) 3.3 % オメガ3脂肪酸*(以上) 0.8 % DHA / EPA (以上) 0.2 % / 0.2 % グルコサミン*(以上) 700 mg/kgコンドロイチン硫酸*(以上) 600 mg/kg
出典:https://www.amazon.co.jp/Orijen-オリジン-ドッグフード-オリジナル-国内正規品/dp/B01I3K10ZC/

米、トウモロコシ、小麦、大麦等のすべての穀物が使用されていません。またグルテン、大豆といった植物性タンパク質も含まれていません。

オリジンは穀物不使用により、非常に低い炭水化物量を誇っています。さらに低GI原材料を使用することで、血糖値の上昇を抑え、肥満対策や健康に配慮したドッグフードとなっています。

また「自然界には合成サプリメントは存在しない」ことから、オリジンのドッグフードはなるべく自然界から栄養を摂取する形に近づけています。

鶏レバー、鶏心臓、七面鳥心臓、軟骨などの天然原材料が必須栄養素を自然な形で供給するようにしており、合成サプリメントの補給は亜鉛のみとしています。

ワンちゃんの本来の生き方を考え、より自然なかたちで育てたい飼い主の皆さんにはこのオリジンがおすすめです。

まとめ

グレインフリーについて扱うことができました。グレインフリーはワンちゃんにとって大きなメリットがあることが分かったのではないでしょうか?

毎日の体内に取り入れるものだからこそ、そうしたメリットに注目してあげることは大切です。

グレインフリーをうたっている商品の特徴も様々です。

グレインフリーと表記されていれば、ワンちゃんにとって悪い成分がはいっていないとは必ずしも言い切れません。是非とも成分表や原材料、産地などをチェックするようにしましょう。

そのようにしてしっかりと選んであげるなら、きっとあなたのワンちゃんに合ったグレインフリーのドッグフードを見つけることができるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー