猫が子供みたいな声で鳴く理由とは?猫の鳴き声の不思議に迫ります!

猫が子供みたいな声で鳴く理由とは?猫の鳴き声の不思議に迫ります!

3586
update

猫は時に人間のような鳴き声で鳴くことがあります。皆さんも猫の鳴き声を子供や赤ちゃんの泣き声と間違えたことがあるのではないでしょうか?猫の子供みたいな鳴き声の理由は何なのでしょうか?どんな時に人間の子供のような鳴き方をするのでしょうか?今回は猫の子供みたいな鳴き声の理由をご紹介していきます!

3586
update

猫の鳴き声の不思議

鳴き声を上げる猫

Oscar Wiedemeijer/shutterstock.com

猫ってとっても面白い生き物です。人間の近くに住んでいますが、時には人間のような鳴き声で鳴くことがあります。皆さんも猫の鳴き声を子供や赤ちゃんの泣き声と間違えたことがあるのではないでしょうか?

猫の子供みたいな鳴き声の理由は何なのでしょうか?どんな時に人間の子供のような鳴き方をするのでしょうか?今回は猫の子供みたいな鳴き声の理由をご紹介したいと思います。

猫の子供みたいな鳴き声とは?

大声で泣く赤ちゃん

Joaquin Corbalan P/shutterstock.com

猫の鳴き声にはたくさんのバリエーションがあります。

いつも聞いている「ニャー」というものもあれば、「グルル」と唸っているような声を出すこともありますよね。時には「ミャーミャー」といかにも甘えてきているような声で鳴くこともあります。人間と同じようにいろんな声を出すことが出来るのですね。

そんな猫たちの特に面白い鳴き方があります。猫を飼っている人や近くに野良猫がいるお家では、たまに聞くことがあるものです。

巻き舌のような独特の音で「ウルルル」と鳴いたり、「ウヤァー」と低い音から高い音に変化するような大きな鳴き声を上げたりすることがありますよね。こうした鳴き声は、猫の鳴き声と言うよりも人間の声に似ています。

大きな声で猫がこのように鳴いていると、「どこかで赤ちゃんが泣いているのかな?」「子供が騒いでいるのかな?」と考えてしまうこともあるほどです。じっくり聞いていると子供でも赤ちゃんでもないことは分かるのですが、最初はやはり間違えてしまうことがありますよね。

この鳴き声に聞き慣れていると、逆に子供や赤ちゃんの泣き声を猫の鳴き声と勘違いしてしまうことがあるでしょう。「またどこかで猫が変な声で鳴いているな」なんて思ってしまうのです(笑)

猫の鳴き声が人間の子供や赤ちゃんの泣き声に聞こえるのはどうしてでしょうか?また、そのように鳴くのには何か理由があるのでしょうか?次項から少し考えてみましょう。

猫の鳴き声が子供の泣き声に聞こえる理由

鳴く猫

Tony Campbell/shutterstock.com

猫の鳴き声が時に子供や赤ちゃんの泣き声に聞こえるのはどうしてでしょうか?よく聞くと全く違う音なのですが、一瞬勘違いしてしまうのはどうしてでしょうか?それには猫の鳴き方と意図が関係していると思われます。

鳴き声の高さ

まず、猫が子供みたいな鳴き方をするときは声の高さがいつもと異なっています。猫のいつもの鳴き声は人間と比べて高音です。人間が猫の鳴きまねする時は、高い音を出そうと意識していることでしょう。猫のいつもの「ニャーン」という声は高いのです。

しかし、人間の子供みたいな声を出す時にはいつもより低い音が目立ちます。その音の高さが人間の子供や赤ちゃんが泣いたときの声の高さに似ているのでしょう。

鳴き声の大きさ

猫の鳴き声を人間の子供の鳴き声と勘違いする理由には、声の大きさも関係していると思われます。猫と人間は身体の大きさがかなり異なります。ですから当然、通常時の声の大きさもかなり異なります。猫は人間よりも声量自体は小さいのです。

人間は普段、セーブして大きな声を上げることはありません。しかし、子供や赤ちゃんたちは別です。感情豊かですし、セーブすることを十分学んでいないので、大きな声で鳴いてしまうのです。

猫たちも動物ですから声をセーブすることはありません。普段は人間の声よりも小さい鳴き声かもしれません。しかし時には力いっぱい鳴き続けることがあり、それは大きく響きます。

猫が力いっぱい鳴くと、人間の子供や赤ちゃんのセーブされていない音量に近くなるのでしょう。鳴き声の大きさも確かに人間の子供っぽく聞こえる要因ですね。

猫が子供みたいに鳴くのは伝えたい相手がいるから

猫が人間の子供みたいに鳴くのには理由があります。普段とは違った鳴き方をすることで、相手にアピールしているのです。相手に自分の意志や存在を伝える必要があるため、当然声量を大きくしたり、より響きやすい音程を出したりするのです。

似ているとされている、人間の子供や赤ちゃんの泣き声はどうでしょうか?やはり同じ意図があるのではないでしょうか?

泣くことでアピールして自分の意志を相手に伝えようとしているのです。赤ちゃんは言葉を話せませんから、泣き声でアピールして自分の意志を伝えなければいけません。それが聞こえないと自分の命にもかかわるものですから、当然力いっぱい泣きます。

子供も似ています。言葉を覚えているとはいえ、まだ赤ちゃんの時の名残があります。大きな泣き声をあげることで、両親や周囲の人にアピールしているのです。ケガをして痛い時や悲しい時、駄々をこねる時などがそうです。

猫と子供、どちらも相手がいてその相手にアピールする時に同じような鳴き方になるのですね。これも似ている理由の1つと言えるでしょう。

では、これから猫が鳴き声でアピールしたいのはどんな時なのかについて考えてみましょう。猫が人間の子供や赤ちゃんみたいな声で鳴く理由を合わせてご紹介していきますね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー