愛犬の甘えん坊診断をしてみよう!犬が飼い主に甘えているときにする仕草とは

愛犬の甘えん坊診断をしてみよう!犬が飼い主に甘えているときにする仕草とは

3141
update

飼い主さんのことをじっと見つめてきたり、すり寄ってきたりなど飼い主さんに甘えてくる愛犬はかわいいですよね。自分の愛犬がどれくらい甘えん坊なのかどうしたら分かるでしょうか?この記事で愛犬の甘えん坊診断をしてみましょう。また犬を甘やかしすぎることのデメリットについても解説したいと思います。

3141
update

犬は飼い主さんのことが大好き!

飼い主にぴったり寄り添っている犬

Sam Wordley/shutterstock.com

犬を飼っている方であれば、愛犬に毎日たっぷりの愛情を注いでいることでしょう。その愛情に応えようと、愛犬も飼い主さんのことが大好きです。

飼い主さんのことをじっと見つめてきたり、すり寄ってきたりなど飼い主さんにとっては愛しくてたまらない仕草をみせてくれるのではないでしょうか?

おそらくほかの犬と比較する機会はあまりないと思いますが、もしかするとあなたの愛犬は飼育されているペットの中でも、ものすごく甘えん坊のタイプなのかもしれません。

ではここで、愛犬がどれくらい甘えん坊なのが診断してみましょう。

愛犬の甘えん坊診断をしてみよう!

飼い主にくっついて眠る犬

BublikHaus/shutterstock.com

以下の10項目の質問に○か×で答えてみましょう。

質問1:愛犬はいつも家族の姿を目で追っている。

質問2:家の中ではいつもだれかの後をついて歩いている。

質問3:留守番中、モノを落としたり、粗相をする頻度が多い。

質問4:寝るときは、いつもだれかのおしりや背中にくっついてくる。

質問5:家族の笑い声がすると、必ずやってくる。

質問6:ひとりになると体の一部を舐め始める。

質問7:今まで一度もペットホテルに預けたことはない、もしくは預けようとするとイヤがる。

質問8:犬同士で遊んでいても、飼い主さんが帰ろうとするとすぐの遊びをやめて一緒に帰る。

質問9:家族が集まっている際、犬だけが別の部屋にいることを嫌がる。

質問10:愛犬を構おうとする際、逃げようとしたことがない。

いかがでしたか? これの質問の答えの○の数で、愛犬の甘えん坊レベルを診断できます。

○が3個までの場合

愛犬は飼い主さんにあまり依存していません。もちろん、個性や性格も関係していますが、飼い主さんとの信頼関係がしっかり築かれているかどうかを確認してみましょう。

自立しているので留守番なども心配ありませんが、愛犬といつも一緒にいたいタイプの飼い主さんにとってはあまり手がかからないので寂しさを感じることがあるかもしれません。

○が4~7個の場合

飼い主さんと愛犬の信頼関係のバランスがとても上手にとれています。また、ちょうどいい甘えん坊レベルでもあります。

犬は飼い主さんのことが大好きですが、依存し過ぎているわけでもありません。落ち着いている状態であれば、留守番中だとしても飼い主さんが困るような行動をすることはないでしょう。

○が8個以上の場合

愛犬はとても甘えん坊で、飼い主さんにとても依存している寂しがりやの性格をしています。

ひとりで留守番することが大嫌いなので、留守番はとてもストレスとなります。

犬が甘えているときの仕草とは?

飼い主の顔を舐めている犬

Luis Molinero/shutterstock.com

さまざまな表情を見せてくれる犬ですが、甘えているときにはどんな仕草をするのでしょうか?

前足を飼い主さんの体の一部に乗せてくる仕草

犬が飼い主さんの体の一部にちょこんと前足を乗せる仕草は、”もっとこっちを見て!”と、自分に注目して欲しい心理状態です。また、”飼い主さんは自分だけのもの!”という独占欲も気持ちも含まれています。

さらに”もっと遊んで~”とか、”ごはんちょうだい”などの気持ちのときもあります。

愛犬が前足を乗せる仕草をしてきたら、何をしてもらいたいのか気持ちを読み取ってみましょう。

あごを乗せてくる仕草

飼い主さんが座ったり、寝転んだりするときに、愛犬が寄り添ってきてあごを乗せてくることがあります。この仕草は、飼い主さんに絶対的な信頼感を抱いている証拠です。

なぜなら、あごを乗せるという体制は、体の力を抜いて無防備になっている体勢だからです。ですから、あごをのせる仕草を見せる時はとても安心しており、リラックスしているとも言えます。

甘えている状態とも言えますので、そのままの状態で愛犬の頭や体全体をやさしく撫でてあげましょう。

お腹をみせる仕草

おへそが天を向いているお腹をみせる仕草は、甘えている証拠です。なぜなら、お腹は犬にとって急所部位でもある弱点なので、信頼できる相手の前でしか行わない行動だからです。

また、お腹をみせる仕草は、お腹を撫でて欲しいときにも見せる行為です。是非、甘えてくる愛犬のお腹を撫でてあげましょう。その際、円を描くようにしながら両手で優しくマッサージをすると喜んでくれるに間違いありません。

顔を舐めてくれる仕草

犬が顔を舐めてくる仕草は、飼い主さんのことを母犬のように信頼できる存在であると思っている証拠です。

また、顔を舐めるという仕草には、さまざまな甘える仕草がある中でも一番想いが込もっている仕草です。つまり、飼い主さんのことを信頼している気持ちと大好きという気持ちのあらわれです。

ただし、犬と口同士でキスをしたり、舐められたりすると感染症のリスクもあるので注意しましょう。

そばに寄り添ってくる仕草

愛犬が飼い主さんの身体に寄り添ってくるときは、甘えたいとか、一緒に遊んで欲しいという気持ちのあらわれです。是非、思いっきり抱きしめたり撫でたり、遊んだりしてあげましょう。

また、愛犬が飼い主さんのベッドにきて一緒に寝たがるのも甘えている仕草のひとつです。ただし、犬と一緒に寝ることには、誤飲やしつけなどの面でデメリットもあるので注意が必要です。飼い主さんのベッドの側に、愛犬用の寝床を設置してあげることができるかもしれませんね。

いずれにしても犬は、飼い主さんの側が一番安心できる場所ですので、可能な限り近くにいてあげるようにしましょう。

飼い主さんの後ろについてくる仕草

飼い主さんがトイレに行くときも、お風呂に行くときも後をついてくるなら、甘えている証拠です。

しかし、犬が後ろを付いてくる行為には、さまざまな意味があるのでそれを読み取ってあげることが大切です。たとえばお腹が空いている、トイレに行きたい、散歩に行きたい、一緒に遊びたいなどが挙げられます。

愛犬が後ろをついてきたら、どんな気持ちなのかを考えてみてくださいね。

飼い主さんをじっと見つめてくる仕草

犬が飼い主さんをじっと見つめる仕草も、甘えている証拠です。”もっと構ってよ~”という気持ちで、飼い主さんを見つめているのです。

愛犬の視線を感じたら、可能な限り愛犬と遊んであげましょう。

鳴いたりしっぽを振ったりする仕草

犬が”クーン、クーン”と鳴いている場合は、甘えています。是非、その気持ちに応えてあげましょう。

また、みなさんもご存知の通り、しっぽを振っている仕草も、嬉しかったり喜んだりしている証拠です。

甘えん坊な犬にするには?

ヨークシャテリアにキスする女性

AnastasiaPash/shutterstock.com

犬と一緒に暮らしたいという方の中には、甘えん坊な性格の子がいいと思われている方もいることでしょう。

では、どのように甘えん坊な気質の愛犬にすることができるのでしょうか?

①甘えん坊気質の犬種を選ぶ

犬にはさまざま種類が存在していますが、種類によって甘えることが上手なタイプの犬がいます。

・甘えん坊な小型犬種 甘えん坊な気質をしている小型犬の代表にまずヨークシャーテリアが挙げられます。ヨークシャーテリアは飼い主さんやその家族にとても愛情深く、信頼を寄せてくれる性格をしています。

また、甘えん坊な性格な上、人の気持ちを上手に読み取ってくれるマルチーズやトイプードルもおすすめです。

さらに活発で人間が大好きなポメラニアンも甘えん坊な犬になってくれます。その他にもシーズやダックスフンド、マルチーズ、チワワなどの小型犬も挙げられます。

・甘えん坊な中型犬種 甘えん坊な性格をしている代表的な中型犬種には、ポリッシュローランドシープドッグやコーイケルホンディエなどが挙げられます。

・甘えん坊な大型犬種 大型犬種ではメジャーなゴールデンレトリバーやラブラドルレトリバーをはじめとし、ニューファンドランド、ビアデッドコリーなどが挙げられます。

またオオカミのような外見と大きさをしているアラスカンマラミュートも、外見とは全く違う甘えん坊気質をしています。

さらに、もともとは闘犬としても育てられていたボクサーやアルプスの少女ハイジでお馴染みのセント・バーナードなども甘えん坊なことで知られています。

②信頼感を得られる育て方をする

犬が飼い主さんに甘えるのは、子犬が母犬に甘えることに似ています。子犬は不安を感じると母犬に寄り添うことで安心感を得、母犬は子犬の身体を舐めることで不安を取り除いてくれます。

飼い主さんに甘える犬の場合も、母犬のように信頼され、大好きという感情があることで甘えてきます。愛犬に甘えてもらいたいなら、まずは信頼関係を築くことからはじめましょう。

犬は言葉を話すことはできませんが、とても感受性豊かです。つまり、飼い主さんの気持ちや考えはしっかりと伝わっていますので、”大好き!”という気持ちや言葉を込めて、愛犬と毎日接するようにしましょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー