犬にバナナはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

犬にバナナはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

2936
update

バナナは犬が食べても問題ない食べ物です。バナナには犬にとって中毒症状を引き起こしかねない成分は含まれておらず、むしろ犬にとって嬉しい栄養素がたくさん含まれています。もちろん、与え方や与える量には注意しなければなりません。ここでは、犬にバナナを与えるメリットや注意点を取り上げます。

2936
update

犬にバナナを与えても問題ない?

バナナを食べる犬

nancy dressel/shutterstock.com

低カロリーでありながら栄養価が高いバナナは、手頃な価格で手に入れられる人気の果物です。バナナは東南アジアを含むマレーシア熱帯アジアが原産です。日本で出回るバナナの多くは、フィリピン産かエクアドル産でしょう。

犬も基本的には問題なくバナナを食べることができます。もちろん、個体によってはアレルギー反応を示す犬もいるので、初めて与える時は注意しながら与える必要があります。

犬は味覚をほとんど感じないといわれていますが、甘味は感じることができるので、甘いバナナをきっと好んで食べることでしょう。犬にバナナを食べさせる時は消化に良くない皮は必ず取り除き、なるべく小さくカットするかすり潰したものを与えるようにします。

犬にバナナを与えてもいい量

バナナ

pixabay.com

犬にバナナを与えるときには「量」に気を付ける必要があります。どんなに体にいい食べ物であっても、食べ過ぎは犬の健康にマイナスになることがあるからです。

特に、バナナには糖分が豊富に含まれています。糖分を摂り過ぎると肥満や糖尿病のリスクにつながるので、適量をきちんと守って与えるようにしましょう。

犬にとってのバナナの「適量」はどれくらいなのでしょうか。それは犬の体重によって異なります。では、犬の体重別にバナナの適正量をそれぞれ見ていきましょう。

超小型犬の場合

超小型犬とは基本体重が4kg未満の犬種のことです。チワワやトイプードル、ポメラニアン、ヨークシャーテリアなどが含まれます。

超小型犬に与えて良いバナナの目安はおよそ30g前後で、4分の1本程度になります。

小型犬の場合

小型犬とは体重が10kg以下の犬種のことで、パグ、パピヨン、マルチーズ、ミニチュアダックスフンドなどがいます。

小型犬に与えていいバナナの適正量は74g~147g程度です。バナナ2分の1本~1本分を目安にできます。

中型犬の場合

中型犬は体重が25kg以下の犬のことで、例えばフレンチブルドッグやウェルシュコーギー、ブルテリア、ボーダーコリーなどが含まれます。中型犬に与えていいバナナはおよそ2本分までです。2本より少ない量を目安にしましょう。

大型犬の場合

大型犬は体重が25kg以上の犬種で、ラブラドルレトリバーやゴールデンレトリバー、アイリッシュセッター、グレーハウンドなどが挙げられます。大型犬に与えていい量はバナナ2~3本程度です。

子犬の場合は注意が必要

子犬にもバナナを与えることができますが、子犬の場合は特に与え方や量には気をつけましょう。子犬は消化器官が発達しておらず、下痢や嘔吐など消化不良になりやすいからです。

「子犬にはこれくらい」といったような明確な量はありませんが、子犬の体重に関わらず、バナナを与える際は「ほんの少し」にとどめておく方が良いでしょう。

犬にバナナを与えることで期待できる効果

毛並みが良い犬

pixabay.com

犬にバナナを与えることで、どんな効果を期待できるでしょうか。バナナに含まれる栄養素と犬へのメリットを見てみましょう。

ビタミンB群が豊富

バナナには消化液の分泌を促すビタミンB1や、粘膜を作る働きを持つビタミンB2、エネルギー代謝を促すナイアシンといったたくさんのビタミンB群が含まれています。

食物繊維・フラクトオリゴ糖

バナナに含まれる食物繊維には、犬の便秘予防や解消を助けてくれる働きがあります。また、フラクトオリゴ糖は腸内の善玉菌を増やしてくれます。これらが合わさることで、腸内環境を整え、免疫力を維持する効果を期待できます。

犬にバナナを与えるときの注意点

カットしたバナナ

pixabay.com

犬にバナナを与える時は、皮を食べてしまわないようにきちんと取り除いてからあげるようにしてください。皮は硬くて消化に良くないですし、のどに詰まらせたり胃腸を傷つけたりする危険があります。

また、バナナはそこまでカロリーが高い食材ではないとはいえ、人間よりはるかに体の小さな犬にとっては少量でも高カロリーになります。犬が食べたいだけ食べさせるようなことはしないでください。

まれではあるものの、バナナにアレルギー反応を示す犬もいます。特に初めてバナナを食べさせるときはその後の様子を見守るようにし、もし何らかの体調の変化が見られるならすぐに獣医師に相談するようになさってください。

バナナケーキやバナナジュースは与えても問題ない?

バナナケーキ

pixabay.com

市販されているバナナケーキやバナナジュースには砂糖が含まれているので、犬には与えないようにしてください。肥満や糖尿の原因となる可能性があります。

犬にバナナを加工して与えたい場合は、犬専用に手作りすることができます。特に整腸作用があるヨーグルトとの組み合わせがおすすめです。バナナジュースを作る時には、人間用の牛乳は乳糖不耐症を起こして下痢や嘔吐する可能性があるので使用しない方が良いでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー