猫に油揚げはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

猫に油揚げはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

3945
update

猫に油揚げを与えても問題ありません。油揚げの原料である大豆には、たんぱく質やカルシウムなど体に良い栄養素が豊富に含まれています。しかし、高カロリーな食べ物なので、猫に与える場合は、与え方や量に注意しなければなりません。今回は、猫に油揚げを与える効果や注意点を紹介したいと思います。

3945
update
猫に油揚げはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

猫に油揚げを与えても問題ない?

美味しそうな稲荷寿司

Nishihama/shutterstock.com

油揚げは、薄切りにした豆腐を油で揚げた食べ物です。主に、味噌汁の具や稲荷寿司、おでんや煮物の具などに使われることが多く、私たちにとって身近な食材の一つです。

油揚げの原料は、大豆です。「畑の肉」と呼ばれるほど、大豆には体に良い栄養素が豊富に含まれています。そのため、油揚げなどの大豆製品からも、良質なたんぱく質、脂質、カルシウム、鉄、ビタミンEなど、大豆由来の成分を摂取することができます。

基本的には、猫に油揚げを与えても問題ありません。しかし、油揚げは高カロリーな食べ物なので、猫に与える場合は、「量」に注意が必要です。

猫に油揚げを与えてもいい量

ごはんを食べている猫

Impact Photography/shutterstock.com

本来、猫は肉食動物なので、植物性の食べ物を消化するのが苦手です。そのため、猫に油揚げをたくさん与え過ぎると、消化不良を起こし、胃腸内にガスが溜まってしまう可能性があります。また、猫は栄養素を体内に吸収し、分解するのに時間がかかるので、一度に大量の油揚げを与えると、下痢などを起こす原因にもなりかねません。

基本的に、猫に必要な栄養素はすべてキャットフードで摂取することができます。なので、油揚げを与える場合は、あくまでフードにトッピングする程度にとどめておいてください。

子猫の場合

生後12カ月未満、体重1kg未満の子猫の場合は、特に注意しましょう。なぜなら、子猫は消化器官機能が未発達なため、消化不良を起こしやすいからです。

まだ体力や抵抗力が低い子猫が、体調不良を起こすと、小さな体に大きな負担となってしまいます。ゆえに、リスクを抱えてまで、子猫にわざわざ油揚げを与える必要はありません。

成猫の場合

生後12カ月~7歳、体重3~5kgの成猫に油揚げを与える場合は、ごくたまに、キャットフードに少量トッピングしてあげたり、おやつとしてほんの少し与える程度で良いでしょう。油揚げはカロリーが高いので、毎日与える必要はありません。

老猫の場合

7歳以上の老猫の場合、加齢が進むにつれ消化器官が弱ってくるので、子猫同様、注意が必要です。積極的に老猫に油揚げを食べさせる必要はありませんが、食べさせたい場合には、少量だけにしておきましょう。

猫に油揚げを与えることで期待できる効果

美味しそうな油揚げ

Binh Thanh Bui/shutterstock.com

先ほども述べたように、油揚げは、「畑の肉」とも呼ばれる大豆から作られています。そのため、「たんぱく質」が豊富に含まれています。たんぱく質は、筋肉や内臓、血液、被毛、骨などを作るのに欠かせない栄養素です。また、体の調子を整える働きもあります。

さらに、大豆には「大豆サポニン」という成分が含まれています。この成分は、抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去してくれます。そのため、免疫力アップや老化防止、ガン予防などに効果的です。

加えて、「大豆イソフラボン」も豊富です。大豆イソフラボンには、ガンや動脈硬化の予防、アンチエイジング効果、骨粗鬆症の予防に効果があると言われています。

猫に油揚げを与えるときの注意点

先ほども述べたように、油揚げはカロリーが高い食べ物なので、与え過ぎは肥満の原因にもなりかねません。繰り返しになりますが、猫に与えるときは少量だけにしてください。また、味付けされた油揚げは、猫にとって塩分の摂り過ぎになってしまうため、与えてはいけません。

カロリーが心配な場合は、沸騰したお湯で1~2分茹でるなどして、油抜きをしてから与えると良いでしょう。油抜きをするだけで、油揚げ1枚につき、10kcalのカロリーダウンができます。また、油抜きをすることにより、油臭さもとれるため、食べやすくなります。油抜きをしたら、キッチンペーパーで水気をとり、細かく刻んでから猫に与えるようにしてください。

猫によっては、大豆アレルギーを持っている子もいます。猫に初めて油揚げを与える場合は、ごく少量から始めましょう。下痢や嘔吐などのアレルギー症状があらわれた場合は、与えるのを中止してください。そして、速やかにかかりつけの動物病院に連絡し、獣医師の指示に従うようにしましょう。

おからや納豆は与えても問題ない?

器に入っている納豆

K321/shutterstock.com

おからや納豆などの大豆製品も、猫に食べさせて大丈夫なのでしょうか。

少量であれば、猫におからを与えても問題ありません。おからは、豆乳のしぼりかすですが、食物繊維やビタミン、たんぱく質などが豊富に含まれています。栄養満点の食材なので、猫のフードにも少量混ぜて与えることができるでしょう。ただし、与え過ぎると消化不良を起こしてしまう可能性があるので、与える量には十分注意してください。

納豆も猫に食べさせて大丈夫です。納豆にも体に良い栄養素がたくさん含まれています。また、納豆は発酵食品なので、消化しやすく、胃腸にも優しい食べ物です。しかし、だからといって猫に大量に与えるのは良くありません。猫に納豆を与える場合も、少量だけにしておきましょう。また、タレや薬味などを入れて与えるのは絶対にNGです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー