猫に焼きそばはNG!致死量ともしも食べた時の対処法!

猫に焼きそばはNG!致死量ともしも食べた時の対処法!

3479
update

猫に焼きそばは絶対に与えてはいけません。それは、一般に焼きそばに使用されるソースには、玉ねぎなどの猫にとって有害な成分が含まれいるからです。玉ねぎは中毒症状を起こす危険があります。この記事では、焼きそばを猫に与える危険と致死量、猫が焼きそばを食べてしまった際の対処法をご紹介します。

3479
update

猫に焼きそばを与えてはいけない理由とは

猫と焼きそば

plov_mlov/shutterstock.com

焼きそばの具には玉ねぎが使用されます。また、焼きそばのソースにも玉ねぎが使用されていることがあります。ですから、焼きそばには猫にとって危険な食べ物である、玉ねぎが多く使用されていると言えます。猫が焼きそばを食べることによって、玉ねぎによる中毒症状を起こす危険があるので、絶対に猫に焼きそばを与えないでください。

また、焼きそばの味付けは猫にとってはとても濃く、塩分や糖分などを摂りすぎてしまう危険があります。猫が人間用に味付けされた食品を食べ続けると、糖尿病や肥満などのリスクが高まります。これらの点からも、たとえ玉ねぎの中毒症状を起こさないとしても、猫には焼きそばを絶対に与えないでください。

アレルギーがない場合には、焼きそばの麺のみを味をつけずに少量を与えることはできます。焼きそばの麺の原材料は小麦や卵などです。これらの食品にアレルギー反応を起こす猫もいます。アレルギーがある猫にはとても危険なので、その際は麺も絶対に与えないでください。

猫が焼きそばを食べてしまった時の症状

元気がない猫

8th.creator/shutterstock.com

  • 貧血
  • 血尿
  • 下痢、嘔吐
  • 歯茎や目の結膜が白くなる
  • 黄疸
  • 呼吸困難
  • 歩行不安定
  • 食欲消失

これらの症状は、玉ねぎ中毒の症状です。焼きそば自体に猫に有害な成分はなくても、ソースに含まれていることがあるので、猫が焼きそばを食べてしまった際にこのような症状が出る危険があります。

玉ねぎの毒性は加熱しても消えません。焼きそばは猫にとって危険な食べ物の一つです。絶対に与えないでください。

猫に危険が及ぶ致死量

猫

Nynke van Holten/shutterstock.com

猫の年齢や体重によって焼きそばを食べた時に危険が及ぶ致死量が変わってきます。それは、年齢によって消化器官の発達具合や老化具合が変わってくるからです。

ここでは、年齢や体重別に猫が焼きそばを食べてしまった際の致死量をご紹介します。

子猫の場合

年齢が12ヶ月未満で体重が1kg未満の子猫の場合は消化器官が未発達のため、少しでも危険です。とくに玉ねぎは体重1kgあたり5gの玉ねぎで致死量となります。ソースにも玉ねぎが含まれていることを考慮すると、子猫に絶対に焼きそばを与えないでください。

成猫の場合

生後12ヶ月以上で7歳未満の成猫の場合は平均体重が3~5kgです。玉ねぎの致死量が1kgに対して5gなので、ソースに含まれていることを考慮すると一口でも危険な量と言えます。

老猫の場合

年齢が7歳以上の老猫の場合、消化器官の衰えが始まっているのでより一層危険と言えます。猫の健康状態によっては少量でも中毒症状が出ることがあります。老猫の場合は基礎疾患を持っていることが多いので注意が必要です。老猫にも焼きそばを絶対に与えないでください。

猫が焼きそばを食べてしまった際の対処法

病院で診察を受ける猫

didesign021/shutterstock.com

猫が焼きそばを食べてしまった際、最も考えられる症状は玉ねぎ中毒です。残念ながら玉ねぎ中毒の原因であるチオ硫酸化合物に解毒薬はありません。

もし、焼きそばなどの玉ねぎが含まれる食品を食べてしまったことに気づいたなら、すぐに獣医師の診察を受けてください。たとえ症状が出ていなくても、過信することなく獣医師の診察を受けてください。玉ねぎ中毒は症状が出るのが遅く、大量摂取した場合は1日で、通常の量だと3~4日後といわれています。

獣医師にはいつ、何を、どれくらい食べてしまったかを説明してください。たとえ少量であったとしても貧血などの重篤な状態になることがあります。必ず獣医師の診察を受けてください。

焼きうどんやラーメンも与えてはダメ

焼きそばに似ている焼きうどんですが、こちらも玉ねぎやねぎが含まれているので、猫には絶対に与えないでください。うどんの麺だけを味をつけずに少量だけ与えることはできます。

ただ、焼きうどんとなると猫にとって有害な野菜が含まれていますし、人間用に濃い味付けがしてあります。なので、猫に与えてしまうと糖尿病や肥満のリスクがあります。また、少しでも玉ねぎが入っている場合、猫が口にすると中毒を起こす危険があります。焼きうどんも猫には与えないでください。

ラーメンの場合、茹でてスープに入れる前の麺を少しだけ猫に与えることはできますが、麺には小麦や卵が含まれており、アレルギーを引き起こす可能性があるので注意が必要です。ラーメンのスープには猫にとって有害なねぎや玉ねぎのエキスが含まれています。絶対に麺と一緒にスープを与えることはしないでください。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー