猫の餌の適正な量に気を付けよう!餌やりのポイントを解説☆

猫の餌の適正な量に気を付けよう!餌やりのポイントを解説☆

1235

猫の餌の適正な量は基本的にはその餌に表記されています。 しかし他の餌と混ぜていたりすると分かりにくくなりますよね? でも、餌の量はとても大切なので、毎回適正量を与えて健康管理をしてあげましょう。 今回は猫の餌の適正量にと多頭飼育の場合や持病のある猫への餌の与え方についてご紹介します。

1235 |

気になる食事量の目安と必要なカロリーとは?

www.flickr.com

完全室内飼いの猫と外にも出歩く猫では必要カロリーは違いますが、完全室内飼いの猫の場合、成猫は体重1kgに対して、約70kcal程度必要だと言われています。 餌のパッケージに目安の給与量が必ず記載されていますので、その給与量を守って与えることがとても大切です。

たとえば3kgの体重の猫の場合は、210kcal必要となります。ドライフードですと、大体60gくらいになります。

【今すぐやめよう!】おすすめできない餌の与え方もチェック!

Ginger tabby cat eating food over blue background.

kurhan/shutterstock.com

今食べている餌から新しい餌に変更したい場合は、少しずつ今の餌に混ぜて新しい餌を増やしていく方法をとります。

この時、気になるのが合算のカロリーです。この場合も、きちんと摂取カロリーをオーバーしないように気をつけましょう。 そして新しい餌に完全に移行したら、その餌の給与量を守りましょうね。

腎臓機能を安定させる機能のある餌や、歯石除去や毛玉ケアの餌をおやつ変わりにちょっと与えるというのはおすすめしません。こちらの餌にも適正量があり、その量を食べて初めて効果が発揮されます。

必要以上のカロリー摂取に繋がるので、少しだけ機能食品を与えるというのはおすすめしません。 ただし、毛玉ケアの餌には、食物繊維が多く含まれている物が多いので、便秘気味の時や、換毛期に一時的に与えるのは効果的ですよ。

食事の回数は1日何回がベスト?

portrait of domestic tabby cat on floor

Vitaliy Hrabar/shutterstock.com

成猫で完全室内飼いの猫の場合は1日2回。朝と晩に与えるのが良いです。 飼い主さんのライフスタイルに合わせて、出来るだけ規則正しく与えられる時間に設定してあげてください。

どうしても不規則になりがちな場合は、自動給餌器を使ってみてもいいでしょう。 朝早くにお腹がすいた!と叩き起こされることがある場合は、おすすめですよ。

また早食いで吐いてしまう猫の場合は、少量ずつ複数回に分けて与えるようにしてあげましょう。

多頭飼いの場合は、どうやって餌を与えるのが安心?

www.flickr.com

多頭飼いの場合は性格の差があり、ゆっくり食べている猫の餌を早食いの猫が奪うなんていうこともしばしば。

こういう場合は餌を与える部屋を分けてあげましょう。部屋を分けることが厳しい場合は、ついたてを立てるだけでも効果があります。

また、食べ残した餌はすぐに片付けるようにして、他の猫が食べてしまわないように気をつけてあげることも大切です。

年齢に合わせて餌の量も違う!

www.flickr.com

幼い1歳未満の時は成長に必要なので、栄養価の高い餌を与えてあげます。 7歳までは健康維持のために、飼い主さんが信頼できる餌を適正量与えます。7歳以上になってくると、小粒の餌にしてあげたりして食べやすさも考慮してあげましょう。

また、避妊や去勢手術の後のホルモンバランスの変化に合わせて食事を変えたり、高齢になっても腎臓に負担がかからないように、早めに療養食を取り入れることも視野に入れると良いですね。 療養食については、始める時期をかかりつけの獣医師さんに相談してみましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

そっか、餌の量じゃなくてカロリーが大事ですね。カロリーが少なすぎても多すぎても良くないですもんね。適切なカロリーと栄養がきちんと食べられているかが大事ですね。

1 めぐり
通報

いつも、餌の量にばかり気がいっていたことに気づきました。量も大事ですが、カロリーも意識しないとなんですね。これは見落としていました。カロリーを摂り過ぎてしまうと、体重増につながるので気をつけなければと思わされました。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー