実は育ちの良さが表れている?!パグ座りのルーツと魅力を解説

実は育ちの良さが表れている?!パグ座りのルーツと魅力を解説

2238
update

「パグ座り」とは後ろ足を投げ出してお尻をペタッと地面につけるように座る犬の座り方で、名前の通りパグがよくします。とてもユニークな座り方なので、かわいいと思う反面なんでそんな座り方をするのか気になります。この記事では、パグがパグ座りをする理由や、パグ座りの魅力についてご紹介します。

2238
update

普通、犬が座る時には前脚も後ろ脚もきれいにそろえて、シャキッとした姿勢をしています。一方、「パグ座り」はおなかが全部見えるように開脚して、足を前方や横にダラっと投げ出しているので、お世辞にもシャキッとしているとはいえません。

むしろ脱力感たっぷりで、リラックスしているというかだらしないというか…可愛らしいというかふてぶてしいというか…何とも言えない雰囲気です。

「パグ座り」の他にも、「おねえ座り」「おじさん座り」など微妙なネーミングがついていることからもそのユニークさがわかります。ではこれから、どうしてパグがそのような独特の座り方をするのかをご紹介します。

パグが「パグ座り」をする理由

パグ

pixabay.com

思いっきりくつろいでいるようにも見えますが、見方によっては「関節に問題があるの?」「ちゃんと座れないの?」などと心配になったり、「どうして犬らしい座り方をしないのかな?」「わざとなの?それとも自然とそういう座り方になるの?」という素朴な疑問が湧いてきたりしますよね。

まず、飼い主さんの不安を取り除くためにはっきりさせますが、パグ座りをするのは身体的な異常ゆえではありません。

もちろん、愛犬が痛がっているようなしぐさをしたり、あまりにも普段と違う様子を見せたりするなら話は別ですが、一般的には足や腰、関節などに問題があるからパグ座りをしているわけではなく、犬らしくシャキッと座ろうと思えば座れるのにあえてパグ座りをしているんです。

では、どうしてパグがパグ座りを好んでするのかというと、パグが生粋のセレブ犬で警戒心が薄く、おっとりした性格だからです。パグの優雅なルーツを見るとそれがわかると思うので、これからご紹介します。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー