赤ちゃんみたいでかわいい?猫がおくるみに包まれて安心する理由と活用法を解説!

赤ちゃんみたいでかわいい?猫がおくるみに包まれて安心する理由と活用法を解説!

3429
update

おくるみと聞くと赤ちゃんをイメージするのではないでしょうか?しかしながら、おくるみを使用できるのは赤ちゃんだけではありません。もし猫を飼育しているなら、あなたの愛猫にもおくるみを使用できます。この記事では、猫におくるみを使用すると安心する理由と便利な活用方法をご紹介します。

3429
update

猫もおくるみが好き

毛布にくるまれて眠る猫

pixabay.com

猫は基本的に抱っこされるのを好まないといわれていますが、おくるみを使用すると抱っこがしやすくなるでしょう。 おくるみには猫を落ち着かせる効果があるからです。抱っこがしやすくなる以外にも活用方法があります。 使い方をマスターすると、飼い主さんだけではなく愛猫にとってもプラスになるでしょう。

猫がおくるみに包まれて安心するのはなぜ?

抱っこが苦手な猫でも、おくるみには抵抗がないことが多いようです。それは、猫の習性と関係があるのでしょう。どのようなものか、ご紹介します。

狭い場所が好き

箱の中に入っている猫

pixabay.com

「猫は液体」といわれるほど、狭い場所に入り込むことを好みます。 狭い場所で体が固定されることで安心するからです。おくるみで体を包まれると体が固定されるので、安心しておとなしくなります。

暖かい場所が好き

服にくるまれる猫

pixabay.com

猫は寒さに弱く、暑さに強い動物です。 体をすっぽりと包むおくるみは、猫の保温機能を助けてくれます。夏でも冷房などの寒さから身を守るためにおくるみで保温すると、必要以上に体温が下がるのを防げます。

おくるみの便利な活用方法

おくるみは愛猫を抱っこしやすくなるだけではなく、非常時の保定や日頃のお手入れなどの場面で、便利な活用方法があります。その中のいくつかをご紹介します。

爪を切るときに使用してみよう

爪を切る作業は、愛猫にとっても飼い主さんにとってもストレスになるかもしれません。愛猫が動き回るので、上手に切れないことがあります。そのようなときにおくるみを使用すると、簡単に愛猫をおとなしくさせることができ、爪を切るときのストレスを減らせます。 おくるみを持っていなくても、バスタオルなどで代用できるので、さっそく試してみてください。

動物病院での保定に使用できる

愛猫を病院につれていくときや、治療を受けるときなどに暴れてしまい、困っている飼い主さんも少なからずおられるのではないでしょうか?

そのようなときにおくるみで包んであげると、安心しておとなしくなります。個体差はありますが、大多数の猫に通用するので、一度試してみることをおすすめします。

まとめ

猫は狭い場所を好むので、おくるみで包まれると安心します。飼い主さんがその習性を利用すればお手入れなどがしやすくなり、お互いのストレスも半減するでしょう。 インターネットでは、猫用のかわいいおくるみが販売されているので、一度見てみてください。あなたの愛猫にぴったりのおくるみを見つけられるでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー