愛犬がフードを丸飲みするけど大丈夫?凸凹フードボールで対策しよう!

愛犬がフードを丸飲みするけど大丈夫?凸凹フードボールで対策しよう!

3624
update

愛犬がご飯を食べる姿を見ていると、ドックフードもトッピングも全くかまずに丸飲みしていることに気づくかもしれません。美味しそうに食べてくれるのは嬉しいのですが、のどにつまらせないか、ちゃんと消化できるのか心配になりますよね。そこで、フードの丸飲みで気をつけるべきことや、やめさせる方法をご紹介します。

3624
update

まず最初に、犬がフードの丸飲みをするのは自然なことで、しつけの失敗でも、犬が食いしん坊なわけでもありません。

犬の習性上の問題なので、犬種や個性、年齢に関係なく、全ての犬はフードを丸飲みします。

ですから過度に心配する必要はないですが、フードのあげ方を工夫することによって、思わぬ事故や体調不良を避けることができるので、これからご紹介します。

気を付けるべきこと

骨を味わう犬

pixabay.com

ご存じのように、犬は肉食動物です。

野生の犬は、生きている動物を捕まえたらそのまま肉を歯で引き裂いて、一気に飲み込みます。 しかし、人に飼育されている犬の食べ物は、生肉ではありません。 加工されたドックフードや乾燥させた肉、おやつやガムなど、自然界には存在しない食べ物ばかりです。 その中には、丸飲みするとつまりやすかったり、消化に時間がかかるものもあります。

具体的には、乾燥肉やガムです。 これらのフードを与える時には、犬の体の大きさに合わせて、喉につまらないサイズに切ってあげてください。 子犬は、上手に飲み込めないのに、自分のキャパシティーを超えて丸飲みする傾向があるので、特に気をつけましょう。

フードボウルを工夫する

フードと容器

pixabay.com

犬がフードを丸飲みするの自然なことだとしても、もし愛犬がはき戻しや消化不良を起こすようなら、ドックフードの質やサイズを見直したり、少しずつしか食べれない構造のフードボウルを使ったり、何かしらの工夫をすることをお勧めします。

例えば、フードボウルの内側に凹凸がある「凹凸型」や、底が丸くなっていてゆらゆら揺れる「ボール型」は、お手軽な値段でデザインもかわいらしいものが多く、試しやすいです。

選ぶ際は、凹凸がフードで埋まらないだけの高さと大きさがあるか、犬のマズルの長さと突起の長さが合っているかなど、愛犬の特徴を考慮して、ちゃんと丸飲みを防ぐ効果があるかを確認してください。 同時に、犬が食べにくすぎて困ったり、ストレスを感じないようにも気をつけてあげましょう。

犬は食事の時間を楽しみにしています。 美味しくて質の良いものを安全に食べられるよう、飼い主さんがちゃんと見届けてあげると、その時間はよりいっそう楽しいものになることでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー