犬の身体構造はどうなっている?犬の骨格についてまとめ

犬の身体構造はどうなっている?犬の骨格についてまとめ

2782
update

犬の身体の構造がどうなっているのか不思議に思ったことはないでしょうか。人間の造りと違っている部分があったり、同じ部分があったりするようです。骨格や筋肉などの犬の身体について調べてみました。

2782
update

犬の骨格

犬 骨格

www.flickr.com

犬の身体構造は人間と同じような部分もあれば、犬特有の部分もあります。

犬の骨格図はどのような作りになっているでしょうか。

犬のしっかりとした体は背骨が重要となっています。

犬の骨格の重要な部分である背骨は13個ほどあります。

その背骨の骨格から助骨が13対あります。

骨格図の中で腰椎という腰の骨もあり、それは7個あります。

人間と違い犬にはしっぽがあります。

犬の骨格図を見てもしっぽには骨があります。

犬のしっぽの骨の骨格は種類によって違ってきますが約20個ほどあります。

しっぽによって犬は自分の感情を表現しているので、しっぽの骨格は重要です。

犬のしっぽを切ってしまって、しっぽの骨格がなくなってしまうと上手く走れなくなってしまうという犬もいるほどです。

首の骨の骨格図もしっかりしていて頭をしっかり支えています。

骨格図を見てもしっかり首の骨が強いことが分かります。

骨盤や大腿骨も犬の骨格図をみてもしっかりしていることが分かります。

また動きやすい形をしていることも骨格図からわかるでしょう。

犬は人間とは違う部分などを骨格図からはっきりわかるでしょう。

犬の骨格図からどこがどのように機能しているか知ることにより、元気な犬を飼うことができるでしょう。

筋肉

犬の筋肉は骨格の周りにあります。

筋肉にはどのような働きがあるでしょうか。

犬の筋肉は骨格と共に重要な働きをします。

筋肉の発達により、元気に走り回ったり、長時間走ることができるのです。

前足や後ろ足の骨格や筋肉によって、瞬発力のある走りや体を支えること、踏ん張ることができるのです。

胸の周りの骨格の周りにある胸筋も走るのにとても必要な筋肉です。

広背筋の筋肉も走るのに重要な働きをしています。

お尻の筋肉もしまっていて、身体の重要な筋肉となっているのです。

犬は基本的に前側に筋力が発達しています。

骨格図を見ても前の方や胸に骨が広がっている図になりますが、その周りに沢山の筋肉によって体は覆われています。

これらの筋肉が上手に機能して走ったり動いたりすることができるのです。

後ろ側の筋肉が歳を重ねるごとに弱くなっていく傾向があるようですので、注意して筋肉を見てあげましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報
2

確かに画像があったらもっとわかりやすいね。せっかく丁寧な解説だけど、どうしてもイメージしにくいので。

2 沖縄人
通報

犬の体の構造について詳しく書かれている記事ですが、もう少し画像で説明してもらってらイメージしやすかった気がしますね。まあ、でも犬の体のことはできるだけ知ってあげないと、病気になったときの対処が遅れちゃうのでこういう記事も熟読しておくべきでしょうか。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー