ペルシャは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

ペルシャは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1748

ペルシャ猫はふわふわの長い保毛が特徴的な猫界の王様です。ペルシャ猫の中でもゴールドや、シルバーの被毛の猫をチンチラといってさらに人気の高い猫です。そんなペルシャ猫は抜け毛の多い猫種ですか?普段のケアや抜け毛対策を見てみましょう。

1748 |

ペルシャの抜け毛は多い?

persian cat isolated on white. Persian cat portrait

Ewa Studio/shutterstock.com

ペルシャ猫の特徴の一つが、うつくしい長い被毛です。

つやつやしていて厚みのある被毛は実際の大きさ以上にペルシャを見せます。

首周りや耳の周辺、しっぽ周りには飾り毛があり、猫の王様の貫録を出しています。

このように豊富な被毛を持つペルシャは抜け毛の多い猫種ですか?

はい。抜け毛が多い猫種です。

お手入れは決して簡単ではありません。

換毛期にはこの豊富な被毛が抜け落ちるので、抜け毛ケアが欠かせません。

ではペルシャの抜け毛ケアはどうするのでしょうか?

ペルシャの抜け毛ケア

Asian woman using a comb brush the Persian cat

ANURAK PONGPATIMET/shutterstock.com

ペルシャの抜け毛ケアはどのように行えばいいでしょうか?

毎日のコーミングが欠かせません。

猫は自分でグルーミング(舐めて毛づくろいをすること)をするのですが、ペルシャの場合は毛が多すぎて自分でグルーミングができません。

毛が長いため、グルーミングで飲み込んだ大量の毛をうまく吐き出せず、排出できず消化器官にとどまり毛球症になることもあります。

ですからペルシャの場合には、毎日コーミングする必要があります。

通常の時は1日1回はコーミングしてあげましょう。

そうして余分な抜け毛を取ることで、毛のもつれを防ぎ、うつくしい被毛を保つこともできます。

換毛期には抜け毛が増えるので、1日2回はコーミングしてあげてくださいね。

抜け毛ケアにはシャンプーも効果的です。

シャンプーをすると抜け毛をごっそりとることができるので、ペルシャの場合は月に1度シャンプーをするといいでしょう。

シャンプーの時に抜け毛を取ることで、日々の抜け毛の量が減ります。

シャンプーの前には、丁寧にコーミングして毛玉やもつれを取っておきましょう。

シャンプー後もしっかり乾かしたら、きちんとコーミングすることで被毛の美しさを保つことができます。

さらに一つの抜け毛ケアとしては粘着テープが筒状になったコロコロで毛を取るという方法もあります。

粘着力が強いと、抜けない毛まで引っ張ってしまっていたがるかもしれないので、自分の服の抜け毛を取った後などの、粘着力が弱くなったところでコロコロしてあげると喜ぶペルシャは多くいます。

しかしどんなに抜け毛ケアしても、どうしても抜け毛が部屋に散らばってしまいます。

ではペルシャの抜け毛対策はどうしたらよいのでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー