セントバーナードは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

セントバーナードは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1725
update

大きな体格ながらとても優しい性格のセントバーナード。大型犬の中でも人気の犬種ですが飼うことになると気になるのはやはり抜け毛の問題・・・そんなセントバーナードの抜け毛について解説します!

1725
update

セントバーナードの抜け毛は多い?

Saint bernard puppy

Grigorita Ko/shutterstock.com

セントバーナードしく、それでも温厚な性格で人気なセントバーナード。 ですが実際飼うとなれば気になるのが抜け毛問題です。 長く豪華な被毛を持っていますが、抜け毛は多いのでしょうか?

セントバーナードは寒い国の犬なのでダブルコートです。 ダブルコートとは、被毛が二種類の構造をしている犬種を指します。 ダブルコートの犬はアンダーコートとオーバーコートの二種類の被毛を持ちます。 皮膚から生えている部分はアンダーコートが生え、一般的に毛が密集して体温を保持する機能を果たしています。 そしてオーバーコートは硬く、外からの刺激や寒さから体を守るはたらきをします。 この二種類の毛を持つことで、体を守りながら厳しい寒さに耐えることができるのです。

セントバーナードには短毛種と長毛種とがいます。 どちらも毛の抜けやすさは同様なのですが、長毛種のほうが抜け毛が目立つでしょう。 どちらもアンダーコートが厚いため、毛が蒸れないように定期的にブラッシングする必要があります。

ダブルコートなので他の犬よりも抜け毛が多いと言えるでしょう。 ですがさらに抜け毛が多くなる時期があります。それは「換毛期」です。 「換毛期」とは、季節の変わり目に毛の種類が変わることを指します。

犬の毛は「成長期」「退行期」「休止期」というパターンを繰り返して成長と交換を繰り返しています。 この「休止期」のあとに訪れる成長期が、「換毛期」と呼ばれます。 「換毛期」に毛の種類が変わるため、大量に毛が抜けます。 春には冬毛から夏毛へ、秋には夏毛から冬毛へと毛の種類が変わっていきます。

特にセントバーナードは寒い環境に耐えるようにできている犬のため、夏毛に変わる際には大量の毛が抜けます。 家の中で飼っていれば、毎日の抜け毛の量に驚くかもしれません。

このほかにも、成長期には大量に毛が抜けることがあります。 毛の種類が変わり、子供の毛が大量に抜け落ちます。

セントバーナードの抜け毛ケア

抜け毛が多い犬の場合、毎日のブラッシングケアは重要になります。 特にセントバーナードは体温を守るためにアンダーコートが密集して生えています。 アンダーコートが密集して生えていると、毛が抜けてもその毛が抜け落ちることができないでいる可能性があります。

抜け毛が落ちないで蓄積してしまうと、不衛生な状態になります。 他の毛にからまって蒸れや細菌繁殖の原因になり、細菌が繁殖することで皮膚病も発生します。

抜け毛ケアのためのブラッシングには、ピンブラシがおすすめです。 ピンブラシで定期的に抜け毛を取り除くことで皮膚病を防ぎます。 またピンの部分で皮膚を刺激することで、皮膚も活性化します。

血行が促進されること、皮膚が活性化することで新陳代謝も促されるでしょう。

お散歩の後などに家に入る前にブラッシングをしましょう。 そうすることで、ほこりなどを落とすことができます。 また家の中に毛を落とすことも避けられますので、効果的です。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

写真がバーニーズです・・・

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー