アラスカン・クリー・カイは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

アラスカン・クリー・カイは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1834
update

アラスカン・クリー・カイは抜け毛が多いのでしょうか?飼う際に特別なケアや対策が必要なのでしょうか?詳しく調べてみましょう。

1834
update

アラスカン・クリー・カイの抜け毛は多い?

Black and White Female Alaskan Klee Kai Dog

Kelsie Taylor/shutterstock.com

アラスカンマラミュートの血をひく、ワイルドな魅力で人気なアラスカン・クリー・カイ。

ですが実際に飼うとなると、その抜け毛の問題が気になりますよね。

アラスカン・クリー・カイは抜け毛が多い犬種なのでしょうか?

アラスカン・クリー・カイはダブルコートです。

犬にはダブルコートとシングルコートの二種類の被毛の生え方があります。

アラスカン・クリー・カイが持つダブルコートの被毛は、上下で二段構造になっています。

下に生える被毛が「アンダーコート」と呼ばれます。

「アンダーコート」は細く細かい毛が生えているのが特徴です。

細かい毛が密集して生えているため、体温を保持する機能があります。

アラスカン・クリー・カイのように雪国や寒い地方の犬ほど、この「アンダーコート」が密集して生えている傾向があります。

Alaskan Klee Kai puppy sitting on grass looking up

Golden Pixels LLC/shutterstock.com

上に生える被毛は「オーバーコート」と呼ばれます。

「オーバーコート」は硬く太い毛であることが多いです。

アラスカン・クリー・カイが持つ被毛は、出産国の厳しい寒さゆえと言えます。

このダブルコートを持つアラスカン・クリー・カイは、抜け毛が多いと言えます。

ダブルコートのアラスカン・クリー・カイは上記の通り、寒さから体を守るためのはたらきを持っています。

ですがその分、暖かくなりその機能が不要になったときには毛を落とすことで体温調節をする必要があります。

この毛の生え変わり期は「換毛期」と呼ばれます。

この生え変わりの時期は秋と春にやってきます。

春の時期には、分厚くなった冬毛から夏用の毛へと生え変わり、抜け毛が大量に発生します。

体温を守るために密集して生えていた毛がブラッシングするたびにごっそり抜けるので、びっくりするかもしれません。

アラスカン・クリー・カイの抜け毛ケア

brush for dog hair concept background grooming

ITTIGallery/shutterstock.com

アラスカン・クリー・カイの「換毛期」には特別なケアが大切です。

ごっそり毛が抜けるので何もしなくても良いと考える方もいますが、そうではありません。

抜け毛をそのままにしておくと、毛がからまり皮膚にも被毛にもよくありません。

抜けている毛が他の毛にからまって落ちないでいると、蒸れや細菌繁殖の原因になります。

蒸れは皮膚病の原因ともなるため危険です。

ダブルコートで量も多いアラスカン・クリー・カイのブラッシングはどのように行えば良いでしょうか?

ポイントはブラシ選びです。

まず使うのはスリッカーブラシです。

スリッカーブラシとは、ピンの先端が細い金属製のブラシです。

スリッカーブラシを使うことで、密集したアンダーコートに絡まった毛も除くことができるのです。

その後、獣毛ブラシを使って毛並みを整えましょう。

獣毛の油で、毛によりツヤが出ます。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー