【愛犬と旅行!】犬とのトラベルが絶対的におすすめな4つの理由!

【愛犬と旅行!】犬とのトラベルが絶対的におすすめな4つの理由!

1276
update

犬と旅行を共にすると、ホテルをペット可の施設にしなければならなかったり、行きたい所に行けないなど、制限がでてしまいます。 しかし、愛犬を旅行に連れて行くメリットもたくさんあります。今回はそのおすすめポイントをご紹介します。

1276
update

1:犬を留守番にして心配する必要がない?

instagram.com

犬を旅行に連れて行きたいと思っても、ホテルや商業施設の選択に制限がかかってしまいます。 その為、日帰り旅行であれば家に留守番させたり、長期間の旅行であれば、ペットホテルに預けるケースがあります。

しかし、実際ホテルや家に愛犬を残して旅行に行くと言うのは、飼い主として、とても心配なものです。 旅行先でも心のどこかで気にして、ペットホテルから電話がないか心配したり、帰りを焦ってしまったりしているはずです。

また、留守番は犬にとってもストレスです。知らない場所で狭いケージに入れられて、知らない人からご飯をもらっても、食欲などわかないです。 神経質な犬ほど、そのストレスは大きく、全くご飯を受け付けてくれないうえに、攻撃的になる犬もいます。

ホテルや行きたい場所などに、制限ができてしまいますが、飼い主さんにとっても、愛犬にとっても旅行に愛犬を連れて行くことはおすすめです。

2:旅行は犬のストレス解消法?

犬も人間同様に日々、ストレスを抱えて生活しています。 日常的にストレスを解消しながら生活できていれば、問題はないのですが、大きなストレスを抱えて生活をし続けている犬はとても神経質で落ち着きがないです。また、吠える・噛むなどの問題行動もとても多いです。ストレスを解消する1つの方法として、旅行はおすすめです。 非日常的環境は、単調な生活に刺激を与えることができ、ストレスは軽減されるはずです。

3、旅行は愛犬のボケ(認知症)防止法?

犬の世界も高齢化が進み、「認知症」になる犬も増えています。認知症になる犬の特徴の一つとして、単調な生活を送っている犬がなりやすいと言われています。刺激の少ない生活は脳をあまり使わないので、認知症になりやすいです。認知症予防として、毎日の生活に少し刺激を与えることも必要ですが、「旅行」も認知症予防にはおすすめです。 いつもとは違う景色・匂い・タイムスケジュールは犬の脳に大きな刺激を与えてくれます。

4、愛犬との信頼関係を築く

犬は元々群れを作って生活している動物なので、犬は飼い主さんとのコミュニケーションをとても大事にしています。 一説では、長時間の運動が必要とされている犬種でも、長時間の単調な散歩より、飼い主さんとのコミュニケーションを取り入れた短時間の散歩の方が、効果的でストレスが貯まりづらいと言われています。コミュニケーションを取る事は、愛犬との信頼関係を築く上でとても重要です。 犬にとって旅行とは、縄張りの外に出て、知らない土地に行くので、不安なこともありますが、旅行先で飼い主さんと行動を共にし、新しいことにチャレンジすれば、飼い主さんとの信頼関係をさらに深いものにしてくれるはずです。旅行は楽しい思い出を作れるだけではなく、愛犬との絆も作れると思うと、とてもおすすめです。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 モロヘイヤ
通報

旅行って、かえってストレスかかりそうな印象あったのに、まさかその逆って知って、超意外っっっ。そうなのぉぉみたいな。ストレスが軽減されるなら、連れてってあげなくっちゃ。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー