【ストレス発散にもつながる!】犬が散歩をもっと大好きになるための6つのコツとは?

【ストレス発散にもつながる!】犬が散歩をもっと大好きになるための6つのコツとは?

1122
update2015/10/24
lated

犬の散歩は、脳の活性化の為だけでなく、運動能力の維持、ストレス発散、コミュニケーション能力の向上、飼い主さんとの信頼関係の強化と、良いことづくしです!では、その散歩をもっと大好きになってもらうにはどんなコツがあるのでしょうか?

1122
update
lated2015/10/24

愛犬が散歩をもっと好きになるコツ1【散歩時間の管理をしよう】

Man and central Asian shepherd walk in the park. He keeps the dog on the leash.

Rock and Wasp/shutterstock.com

犬は地面に近い場所を歩いているので、暑い時間帯はさけてあげましょう。

基準としては、飼い主さんがちょっと暑いと感じたら犬はとても暑いと感じると覚えておくことです。

特に真夏は早朝と夜間に散歩をしてあげるといいでしょう!

愛犬が散歩をもっと好きになるコツ2【散歩のルートを事前にチェック!】

Happy family with dog walking on the rural dirt road. Little girl sitting on dads shoulder

vvvita/shutterstock.com

散歩のルートは事前に飼い主さんだけでチェックしておきましょう。

犬にとって危険な場所は無いか、車通りどうか、よく吠える犬が住んでいないか、拾い食いしそうなゴミの収集所は通らないかなどをチェックします。 ちょっと立ち寄れる公園やドッグランがあると素敵ですね!

また、散歩コースは時々変更してみるのも良いでしょう。犬も飼い主さんもずっと同じルートだと飽きてしまいます。

愛犬と一緒に、飼い主さんも楽しめる散歩コースを日々気に掛けておきましょう!

愛犬が散歩をもっと好きになるコツ3【散歩の時間を適切な時間にする!】

Owner and labrador retriever dog walking in the city

Rohappy/shutterstock.com

散歩は長い時間すれば良いという物ではありません。

散歩の最適な時間は、小型犬で20分~30分、大型犬で30分~60分と言われています。1日2回、愛犬の年齢や体調にあわせて散歩してあげてくださいね!

ただし、成長期である生後1年未満の犬の長時間の運動は骨の成長に負担がかかるので、控えるといいでしょう。

愛犬が散歩をもっと好きになるコツ4【誤飲に気を付けてあげよう!】

Dog Sniffing Chamomiles FLowers on the Field

Sergej Razvodovskij/shutterstock.com

地面には色々な物が落ちています。

出来るだけ散歩コースにはゴミ収集所付近は入れないようにしておきましょう。 他には、茂みの中や、生け垣の中は何が落ちているか分かりません。

好奇心から覗き込んだり入りたがる場合もありますが、立ち入らせないようにしましょう。

愛犬が散歩をもっと好きになるコツ5【お水を持ち歩きましょう!】

A dog puppy jack russel drinking water from hand

Studio MARMILADE/shutterstock.com

散歩をしていると、飼い主さんもそうですが、犬も体温が上昇します。

犬は舌を出して体温調整しますが、適度に水分補給ができるように用意しておいてあげましょう。携帯用の食器もあるので、是非使ってみてくださいね!

愛犬が散歩をもっと好きになるコツ6【首輪とリード、ハーネスはいつもチェック!】

Jack Russell dog walking on lead  in park

Martin Christopher Parker/shutterstock.com

首輪、リード、ハーネスは必ず着用させましょう。愛犬の安全を守るためにも絶対に必要です。

また、リードに噛みついたり地面に擦れてほつれてきていたら、すぐに新しい物と交換しておきましょう。 体重に見合った適正なリードを選んで使用することも忘れないでくださいね!

飼い主さんにとっても散歩はとても良い効果をもたらします。愛犬と一緒に四季を感じながら、楽しんで散歩をしてくださいね。

犬の散歩を知りたい方はこちら!

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー