【永久保存版】子猫の餌ってどうするの?回数・量・種類を徹底解説。

【永久保存版】子猫の餌ってどうするの?回数・量・種類を徹底解説。

2116

「なかなかウチの子猫が餌を食べてくれない」そんなお悩みを抱えた、猫を初めて飼う飼い主さんは非常に多いです。子猫の餌の回数は?量はどれくらいなの? 餌の種類は?など、徹底的に解説します。これを読めば、きっとあなたも大丈夫!安心して子育てしましょう。

2116 |

子猫はちょこちょこ食べて寝るのが仕事

Two sleeping baby kitten

Andrey_Kuzmin/shutterstock.com

とある相談に、ある飼い主さんが「子猫が全然餌を食べてくれない!」と涙ながらに訴えてきたことがあります。その話を聞いてみると、「なるほど、それじゃあ子猫は、なかなか餌を食べてくれませんよ。」とアドバイスしたことがあります。

飼い主さんの話を聞いてみて、特徴が一つあるんです。それは常に子猫と遊んでばかりいる点です。

子猫の平均睡眠時間は、生後3か月くらいまでは、下手すると20時間近くになります。つまり、1日の大半は寝て過ごすのが普通です。

ところが、初めて子猫を迎え入れた飼い主さんは、愛らしい子猫といっぱい遊んであげようと考えてしまいます。子猫の正しい育て方は、寝たいだけ寝させて、起きたら食事と水、たまに遊ぶ程度なんですね。

適正な子猫の餌の量は?

kittens eating dry food. isolated on white background

Ermolaev Alexander/shutterstock.com

一概に〝子猫〟と呼んではいますが、一体いつまでがその期間なのかも知っておきましょう。

子猫は4~5ヶ月程で成猫と同じような体格になってきます。メス猫であれば発情期を迎えるようになり妊娠も可能になってくる時期です。 なので、子猫の期間は0~3ヶ月程を言い成長スピードに合わせ餌の与え方も考えなくてはなりません。

だからと言って「おなか一杯たべさせよう!」、これが大きな間違いです。子猫の消化器官は未成熟で、あまり食べさせると、必ず消化不良で下痢をします。

ペットショップから購入したばかりの子猫は、スタッフから「まだ離乳食ですよ」と教わるかと思います。その量以上はあげられません。必ず体温を下げないように、温かい状態で餌をふやかして与えます。

餌を食べなくなるように見えるのが、離乳食から離れて、カリカリの餌を与える時期です。この頃は、粉ミルクをドライフードに振りかけたりしますが、その量は想像以上に少ないです。目安は完全に食べきる量ですね。

器いっぱいに与える必要はなく、アメリカン・ショートヘアーの子猫のような一般的な体系の猫なら、カレーを食べるスプーン1.5杯程度で充分です。

子猫に餌を与える回数と種類は?

Cat food in a bowl. Isolated on white background

Evgeny Karandaev/shutterstock.com

まず、6~8週からは子猫用のミルクからキトン用の餌に切り替えていきます。

ここでの注意は一回の量をキッチンスケールで計って与える事です。市販のフードパウチや袋の裏面には月齢に合わせた適量の記載 があるので参考になると思います。

そして、1日3回と考えるべきではなく、「量より回数」と覚えておきましょう。大人になると回数が減ります。子猫は食べきる量が多ければ3回、少なければ5回でも大丈夫です。子猫の内臓を考えると、3回以下にするのは考えものですね。

食べてくれないときは、恐らく一度に与える餌の量が多すぎるからです。まだ離乳食が完全ではない場合も同様です。餌のベースはドライキトンフードで、缶詰はつかいません。最初は粉ミルクを溶かして温かくふやかし与えます。多種類はかえって偏食になるので注意してください。

子猫期の節目となる3.5ヶ月くらいになると〝歯の生え変わり〟が見られるようになり、この頃から柔らかめの餌から徐々に硬いドライフードに移行していきます。

いつまでも柔らかい餌を与え続けると虫歯の原因になったり顎の発達に悪影響が出るのでドライフードの役割は結構重要です。

子猫がどうしても餌を食べてくれないときは?

子猫が餌を食べないときの原因

Small brown kitten isolated on white background.

Tsekhmister/shutterstock.com

病気などを疑う前に何時間前にどれくらいの餌の量を与えたか?、そのときちゃんと温かい餌を与えているか?、離乳食は終わっているか?を考えてください。

子猫の病気は、内臓系の場合ほとんどが急性であり、しかも滅多に起こるものではありません。ショップでも子猫は、かなり丈夫です。

食べないのは体調ではなく、本当に食欲が普通に無い場合に考えられます。特に遊ばせ過ぎで睡眠不足になってる子猫のケースは非常に多いです。大人の猫であれば別ですが子猫の場合は病気以外の要因がほとんどです。

時間をずらして餌を少しずつ与える

adorable kitten with alarm clock

Andrey_Kuzmin/shutterstock.com

あまり食べない場合は、子猫の体温に合わせた温めた餌で、場合によっては粉ミルクを溶かしたお湯でふやかし、指につけて猫の口元に近づけてください。

ちょっと舐めてくれたら、そのまま繰り返し、今度は器を鼻先に近づけてあげましょう。決して、口を強制的に開けて与えてはいけません。子猫は怖がるようになります。

また器から食べ始めたら、その様子は必ず離れて観察してください。傍で見つめてはいけませんよ。ショップでも、子猫の管理は基本的にそんな感じです。

野生の子猫は通常だと親猫の食べる姿を真似ます。

飼い猫の場合は、「わがまま」でも、「拒食」でもないのですね。単に食べ方を知らないだけです。根気よく回数を増やしてトライしてみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
16 かおりん
通報

子猫の寝てる時間が20時間近いって・・すごい。それだけ眠るなら、食事をしてる時間はあまりないよね。そんな貴重な食事時間に遊びすぎたら、食べられなくなっちゃうよね。睡眠時間とか、いろいろ知っておくと、不安も減るし、遊びすぎもやめようって思えると思う。

16 イノベーション
通報

子猫に餌をあげるのって難しいよね。初めてともなると、どれくらいあげたらいいのか分かんないし(個体によって必要量が違うと思うから)で不安になるんですよね。猫の方から、「もうお腹いっぱいだよ!」って教えてくれたら一番だけど、そうもいかないからねぇ。餌に記されている量をキッチリ守ればいいというのを参考にします。

14 鬼ヶ島へ
通報

子猫ってすんごい可愛くて、愛らしい姿を眺めていると、どうしても遊びたくなっちゃうんですよね。でもこれが、子猫の食事の時間の邪魔をしているということになってしまっているんですよね。遊びたい気持ちは山々ですが、お食事タイムくらいは我慢です!!

13 2017
通報

子供のうちは勢いよく食事をするのかと思ったら、ちょこちょこ食べをするんですね。なんか、これ私のイメージとは真逆でビックリです。私のイメージのままだったら、ちょこちょこ食べをしている様子を見て不安になる可能性があったので、子猫を育てる前に知れたから良かったですー。

12 セブン
通報

これはまさに永久保存版ですね!子猫の世話って普通の猫の世話とは違うから、きちんと勉強しないと駄目ですよね。動物なんだからほっといても育つと思ったら大間違いだし。間違った飼育のされ方で不幸な目に合う子猫が減りますように!!

11 トッポギ
通報

猫を飼う一番最初の時って、何から何までわからない事だらけです。餌も、必要量が全然わからず戸惑いそうです。なので、この記事を読んで、お勉強をしてから猫を飼ったら少しは不安が和らぐ気がします。毎日の食事は健康とつながっているので、気をつけたいところです。

10 名無しさん
通報

子猫のを飼うのは初めての体験なので参考になります。ご飯も、量をきちんと調節して、量よりも回数に重きを置いて育てるようにしたいと思います。

9 名無しさん
通報

子猫は食欲旺盛で思いっきり顔を皿にもぐり込むようにして無我夢中で食べ続けますね。満腹になったらもうお腹はパンパンになっています。そしたらすぐに寝てしまって、これの繰り返しですね。可愛いですが、睡眠の時間も大切なので遊ぶ時間も配慮する必要がありますね。

8 スポット
通報

子猫の睡眠時間は20時間を超えると、食事の時間が少なくなり食事の量も必然的に少なくなると納得しました。エサの量や回数もですが、併せてドライフードの重要性も認識しておく必要があると思います。ドライフードの力はすごいなぁと感じましたね。

7 名無しさん
通報

なぜこれが永久保存版となっているのかがわからないですが。子猫の餌の量はその後の成長や健康にかかってくるから覚えておきましょうってことかな。

6 タオルケット
通報

満腹になるまで食べさせるのは禁物ですね。知らないと、つい沢山食べさせてしまうところです。子猫は睡眠時間がとても長く、食事の時間が短いのですね。これを知っておくと、あまり食べないなぁと不安になることも減るだろうと思います。

5
通報

子猫の時はまだしっかりした丈夫な体でないので餌の上げ方には工夫が必要ですね。少しづつ口に持って行って食べさせてあげたりして、自分で食べられるように訓練したのを覚えています。味が分かると食べ始めて少しづつ量も増えていきました。この可愛い時期はそうしたことも含めて子猫と気長に接していくことが大切ですね。

4 名無しさん
通報

親猫が死んじゃったのか、それとも行方不明になったのか、どっかに行ってしまったのかで柵の中に置いてきぼりになった子ネコを見つけた友達がいました。その人は、ここにあげられていることをやって上手に育てて今ではすくすく元気に生活しています。こういうことを知っておくことは子猫を無駄死にさせないために必要な知識だと思います。

3 E
通報

以前に、3匹の子猫の面倒を見たことがあります。あの時は本当に楽しい時でしたが忙しかったのを覚えています。たしかによく寝てよく食べていましたね。子猫自身も、自分の体調とか生活リズムの管理とかできるわけではないので、とてもかわいい時期ですがあまり遊ばせすぎないようにとか飼い主のほうで配慮してあげることは大切ですね。

2 猫愛好家
通報

子猫を飼う全ての飼い主が知っておきたい知識です。まさに永久保存版です。間違ったエサのやり方で負担になるのは子猫です。可愛いがるだけじゃ飼っているとは言えません。全ての子猫の飼い主が正しい知識を身につけて子猫にとって快適な空間を作らなくてはいけません。

1 サンド
通報

初めて猫を飼う時、何をどれくらい食べさせると良いのか、悩みます。私の中で、食事は一日に三回という先入観が強くあったのですが、これは取り払わないとダメですね。「量より回数」、しっかりと覚えておきます。三回から五回が目安ですね、これで安心して食事を準備できます。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー