猫のシステムトイレのおすすめ比較!自作の仕方とメリットデメリットについて

猫のシステムトイレのおすすめ比較!自作の仕方とメリットデメリットについて

1842

猫を飼う際必ず用意するもののひとつがトイレ。どんなトイレがいいの?今まで使ってきたけど使い勝手がイマイチ良くない!そんな飼い主さんのために、システムトイレにどういったメリットやデメリットがあるのか、おすすめの商品をご紹介します。

1842

猫のシステムトイレの選び方

システムトイレは従来のトイレと比較して掃除をする回数が少なく、飼い主としてはお手入れがとても楽。でも肝心の愛猫にとってはどうでしょうか?

どんなトイレであれば猫は喜ぶのか、購入する際のポイントをチェックしていきましょう。

深さやサイズは最適か

猫といえばトイレの後は砂をかけたり、中でぐるぐる回ったりする習性があります。

なので体長の約1.5倍以上の大きさを目安に十分に大きいトイレを選びましょう。

ケージの深さについては浅い物だとトイレの砂が飛び散って床を汚してしまいます。 また、深すぎると猫が入りづらくなるので出入り口を低くするなどの工夫が必要となります。

洗うのは簡単で清潔に使えるか

掃除の回数が少なく済むといっても汚れは溜まっていく物。 清潔に保つためにも気軽に、そして手軽にささっと洗えるデザインであることも重要なポイント。

まるっと全体を水洗いできるタイプがおすすめです。

臭いがこもらないオープンタイプか

猫は何といっても綺麗好き!臭いがこもると猫もトイレに入るのを嫌がります。 臭いがこもってしまう屋根付きの物より、オープンタイプのデザインがおすすめです。

どうしても砂飛びが気になるという場合はバリケードを作りましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
猫のしつけのおすすめ おすすめコンテンツをお届け!
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー