人気の大型犬ランキング10!種類別と性格・寿命・飼い方の注意点

人気の大型犬ランキング10!種類別と性格・寿命・飼い方の注意点

2188
update

大型犬を飼ってみたいと気になってはいても、命あるものだからこそ簡単には飼えませんよね。今回は大型犬を飼育するのにいま一歩踏み出せずにいる方に、飼育前に知っておきたいことをまとめました。 ぜひ大型犬選びの参考にしてみてください。

2188
update

大型犬とは

犬の大きさの定義については、明確に定めがあるわけではありません。

ただし、成犬になったときの体重や体高をもとに、一定以上の大きさの犬種を「大型犬」として分類しています。大型犬の体重と体高についておおよその範囲を説明します。

大型犬の体重

一般的に体重が25~30kgを超えるような犬種が大型犬とされています。犬種によっては40~50kgになることもあります。

大型犬の体高

おおよそ体高が50~60cmを超える体高の犬種が大型犬です。なかには80cmを超える大きさになる犬種もいます。

大型犬の人気種類ランキング10

大型犬

Susan Schmitz/shutterstock.com

人気の犬種はその時期によって移り変わりがあり、いつでも同じ傾向だとは限りません。 たとえば、人気が出たドラマや映画、CMなどで目にした犬種を飼ってみたいという人が多くなれば、一気に飼う人が増えることもあります。

この記事ではジャパンケネルクラブがまとめた2018年のデータをもとに、大型犬の人気種類ランキングを作成しました。ジャパンケネルクラブとは純血種の保護をはじめとしたさまざまな活動をしている団体です。

犬種別の登録件数も公表していますので、信用性のある情報を元にお届けしていきます。

【1位】ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバー

Olena Brodetska/shutterstock.com

ゴールデン・レトリーバーは、鳥を狩るときに人間とともに働く鳥猟犬として活躍してきた犬種です。

長めで豊かな被毛を持ち、垂れ耳でなおかつ、なんとなく垂れ目に見える容貌から優しい印象を与えてくれます。バランスがよく均整のとれた体格で、活動的なのも特徴です。

原産国イギリス(スコットランド)
体高51~61cm
体重25~34kg
平均寿命11~13歳
毛色の種類ゴールド/クリーム

ゴールデン・レトリーバーの性格

ゴールデン・レトリーバーは見た目の優しげな雰囲気そのままに、性格も温和で優しい犬種です。ほかの犬や子ども、知らない人にも友好的に接することができるため、初心者にも飼育しやすい犬種だといえるでしょう。

子犬のときは多少やんちゃなところがあるかもしれません。しかし、介助犬や警察犬として人間と一緒に仕事ができるほど賢く、しつけするうちに落ち着くことがほとんどです。

また水鳥を回収してくる仕事を担っていただけあり、水遊びが好きな性格の子も多くいます。

もっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

ゴールデンレトリバーってどんな犬?性格や特徴から考える!飼い方・しつけ方を解説!

愛される大型犬として、一時期は大ブームとなり、飼われるご家庭もかなり多かったのですが、住宅事情や意外に寿命が短いことから、いまでは小型犬が主体に飼われるようになり、数は減りましたが人気は継続中、それがゴールデンレトリバーです。レトリバーとは回収とか取り戻すといった意味で、それは狩猟犬だったことを表します。飼い方のコツ、しつけの方法から子犬選びまで詳しく解説いたします。

https://mofmo.jp/article/1561

ゴールデン・レトリーバーのしつけや飼育時の注意点

ゴールデン・レトリーバーは頭がいいことで知られています。また、猟犬として活躍していたことから主人の命令を待つ忍耐力や従順さを持ち合わせており、しつけはしやすい犬種です。

ただし、体が大きいうえに人にもフレンドリーであるため、思わぬときにリードを強く引っ張ったり人に飛びついてしまったりするかもしれません。 犬自身は遊びのつもりで悪気がなくても、人を驚かせることや怪我につながる危険もあるため注意しましょう。

里親の選択肢も視野にいれよう

しつけもしやすく性格も温和なゴールデン・レトリーバーは里親として家族に迎え安い犬種のひとつです。成犬ならすでにしつけがしっかりされていることも多く、飼いやすい犬種だといえます。

ゴールデン・レトリーバーの里親はこちら

【2位】ラブラドール・レトリーバー

ラブラドール・レトリーバー

Jagodka/shutterstock.com

ラブラドール・レトリーバーは盲導犬として活躍していることがよく知られている犬種です。

もともとはカナダのニューファンドランド島にあるラブラドール半島周辺で、漁師の魚を回収するのに活躍していた犬種が祖先といわれています。 その後イギリスに渡って水鳥を回収してくる鳥猟犬として改良が進みました。

原産国イギリス
体高54~57cm
体重25~34kg
平均寿命10~15年
毛色の種類イエロー/ブラック/レバー/チョコレート

ラブラドール・レトリーバーの性格

ラブラドール・レトリーバーは、賢いうえに優しくて温和な性格をしているため、はじめて大型犬を飼う人にも飼いやすい犬種です。知らない人や犬以外の動物に対しても警戒心や闘争心がなく、フレンドリーに接することができます。

飼い主に対して従順なことも特徴的であり、盲導犬や介助犬として活躍できる資質を備えた犬種であるといえるでしょう。

鳥猟犬として活躍していたときの名残から、水遊びやボール遊びが好きなことも多いです。

もっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

ラブラドールレトリバーってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

世界で最も飼われている犬種のラブラドールレトリバーは欧米ではもちろん、日本でも大人気の大型犬です。 走ったり泳いだりするのが好きなとても活発な犬ですが、その能力の高さから盲導犬や介護犬としても大活躍しています。 そんなラブラドールレトリバーの特徴や性格、飼い方やしつけ方のコツを紹介します。 ここ

https://mofmo.jp/article/1537

ラブラドール・レトリーバーのしつけや飼育時の注意点

ラブラドール・レトリーバーは基本的に温和な性格です。基本的には頭がよく、飼い主の命令もよく聞く従順さがあるため、しつけは難しくありません。

ただし、遊び好きで活動的なこともあり、子犬のときはやんちゃな側面を発揮することがあります。そのまま大人になると落ち着きがなく、むやみにリードを引っ張ったり人に飛びついたりしかねません。 体が大きいだけに、ちょっとしたいたずらでも家具が破壊されることもあり得ます。

子犬のときから主従関係を構築して「待て」が確実にできるようにし、してはダメなことはしないように覚えさせておきましょう。

里親の選択肢も視野にいれよう

賢くて飼い主にも従順なラブラドール・レトリーバーは、大型犬でも飼いやすい犬種です。里親として子犬から育てるのも難しくありません。

すでにしつけされている成犬ならば、なおさら飼いやすい犬種ですから、里親という選択肢も視野に入れやすいでしょう。

ブラドール・レトリーバーの里親はこちら
次のページ3位以降はこちら
この記事が気に入ったらシェア♪
6 新聞たば
通報

レトリバーがワンツーフィニッシュを決めてくれましたね!!ランキングを見る前から、想像してたんですが、まさにその通りで、来たーーーーって感じかな。やっぱこうなりますよね。大人気ですもん!

5 名無しさん
通報

アフガンハウンドはランキングに入ってないのか~~すごく素敵な犬で大好きなんだけど。

5 なのは
通報

私の大好きなボルゾイは8位なんですね~。でもどの犬も本当に魅力的。全部の犬を飼育できたらいいのになって思います。わが家の広さ的にはボルゾイなんて絶対飼育できないんですけどね~。都会の狭い一戸建てじゃ優雅さのかけらもないしw

3 二宮さん
通報

大型犬っていうとやっぱりダントツでレトリバーだよね~ってランキングを見たらやっぱり一位二位をレトリバーで独占してて、納得でした。個人的にはシベリアンハスキーが好きです。怖い顔して、とぼけた性格だったり、甘えん坊だったりするところが好きですね。

2 ゆうちゃん
通報

犬を飼うならやっぱり大型犬がいいな~。小型犬も可愛いけど、愛玩動物って感じが強すぎて、信頼できるパートナー感が少ない気がします。ロットワイラーとかジャーマンシェパードとかドーベルマンとかドイツ系の犬が格好よくて好きですね。

1 オレンジ
通報

大型犬を飼うのって憧れますよね。大型犬を散歩させてる飼い主さんを見ると、普通にしているのに威厳があるように見えてしまうから不思議です。住宅事情などで大型犬を飼えない人が多くいると思いますし、やはり大きすぎると色々大変だということで敬遠してしまいがちですけど、いつかは飼ってみたいです

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー