猫を飼っている人のゴキブリ対策。猫に安全な対策方法をご紹介

猫を飼っている家庭での心配事の中には「ゴキブリ」問題がありませんか?猫が間違ってゴキブリ対策として置いているものを誤飲したらどうしよう。またゴキブリを食べたらどうしようといった心配です。ではゴキブリ対策や誤飲してしまったときの対策も見てみましょう。

猫を飼っている人のゴキブリ対策。猫に安全な対策方法をご紹介

有害なゴキブリ対策

ゴキブリ対策には様々なものがありますね。

しかし中には猫にとって有害なものもあります。

ゴキブリを殺すものですから、猫が口にしても危険ですよね。

では猫にとって特に有害なものを3つ見てみましょう。

ホウ酸だんご

ゴキブリ駆除として一番有名な「ホウ酸だんご」です。

ホウ酸を口にしてしまうと、下痢やおう吐、けいれん、発熱、発疹といった中毒症状を起こします。

量が多い場合は死に至ることもあるくらい危険です。

猫の場合は2~5グラム程度で死に至る可能性があります。

市販のホウ酸だんごは、口にしてしまったとしてもすぐにホウ酸に触れない工夫がされています。

そして苦みを感じてのみこまないような工夫もされています。

しかし有毒には変わりないので、万が一猫が飲み込んでしまった場合は、病院で診てもらうようにしましょう。

粘着性のゴキブリ取り

こちらもよく見るゴキブリ駆除の一つである「粘着性のゴキブリ取り」です。

粘着性のゴキブリ取りは、粘着部分に毒が含まれているということはありません。

ただ粘着タイプなので、うっかり触れてしまうと取れないのです。

粘着が取れなくて暴れているうちに、体中に粘着がついてしまって大変なことになりかねません。

安全とはいいがたいですね。

煙が出るゴキブリ駆薬

もう一つは「煙が出るタイプのゴキブリ駆除薬」です。

商品のパッケージにも、ペットや金魚、昆虫などを飼っている部屋では使用しないよう注意喚起を促しています。

猫にとっても有害なことがわかりますね。

安全なゴキブリ対策

このように一般的なゴキブリ駆除は猫にとっては危険なことが分かったと思います。

しかし憎いゴキブリ対策はしたいですよね。

では猫を飼っていても安全に使えるようなゴキブリ駆除するグッズ、対策はあるのでしょうか?

対策①

一つ目にできることは「ゴキブリの侵入経路をふさぐ」ことです。

家の中にゴキブリが入ってこないようにすればいいわけです。

ゴキブリはどこから入ってくるのでしょうか?

換気扇や、エアコンの室外機のホース、排水溝などから侵入してきます。

そこで換気扇や排水溝のところに、ゴキブリが入ってこれないように目の細かいネットを張ってみてはいかがでしょうか?

エアコンの室外機にはカバーをかけるなどできます。

またゴキブリはじめじめした暖かいところを好みます。 キッチンのシンクしたはゴキブリの好む場所です。

そして溶接が甘くなっているとそこから侵入してくるのです。

シンク下にゴキブリが侵入できるスペースがないかチェックしてみましょう。

対策②

次にできることは「食べ残しに注意する」ことです。

ゴキブリは人間や猫の食べ残しをエサにします。

ですから定期的に掃除をしてゴキブリのエサとなるものがない状態にしておきましょう。

猫のエサは密閉できる容器に入れてゴキブリが来ないようにします。

食べこぼしは速やかに掃除しましょう。

対策③

ゴキブリの駆除として使える「殺虫剤の代わりにアルコールを使う」ことです。

ゴキブリはアルコールをかけられると息ができなくなって動けなくなります。

ですからゴキブリがでてしまったら、アルコールスプレーをかけて動きを止めたところをしとめるという方法がいいでしょう。

アルコールスプレーは50%以上のものが効果があります。

もしも猫がゴキブリを食べてしまったら

このようにゴキブリ対策をしてもゴキブリが出てしまい、愛猫が食べたとしても大丈夫なのでしょうか?

ゴキブリは衛生的に良くないイメージがあるので心配ですね。

食べても大丈夫なのか

結論から言えば問題はありません。

猫がゴキブリを食べた後、1日2日様子を見て何もなければ心配しなくても大丈夫です。

しかしホウ酸だんごを食べたゴキブリを食べたとすると、猫もホウ酸だんごの毒を摂取することになるので、そんな時は病院に連れて行ってみてもらいましょう。

またゴキブリは病原菌やウイルスを保有していることがあるので、もしもゴキブリを食べた後、下痢やおう吐がみられたらやはり病院で診てもらいましょう。

まとめ

猫はもともと狩をする動物ですので、ゴキブリを見かけたら捕まえたくなるものです。

ですから安全にできるゴキブリ対策を行って、猫が不必要にゴキブリに接触しなくていいようにしてあげましょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 まるまるぱん
通報

ゴキブリを駆除するものは、確かに猫にも危ないですね。ゴキブリを家に寄せ付けない対策は完全に見過ごしていました。いつも、姿を現したら撃退する事にばかり気がいっていました。今後は駆除するというよりも、家に入れない観点から対策を試みようと思います。

2 100点満点
通報

ホウ酸団子は簡単に作れるので置いてる家も結構見かけますよね。ゴキブリ対策用品は総じて猫には有害なものが多いと思いますので、猫飼いの人は殆どが使えないでしょう。ゴキブリが入ってこない対策をするにも、新築ならともかく市街地などにある家ではまず無理ですよね。

3 a
通報

たしかに飼い猫が家で起こる可能性のある事故の一つですよね。我が家も、本棚の脇の狭いところなどにゴキブリ用のホウ酸団子など置いていました。猫は狭いところも入っていくので、こうしたものは気を付けなければいけないですね。

4 ごはん
通報

ゴキブリーーー嫌いだけど、猫にも有害だよね。家でもゴキブリ対策していますが、それが猫にとっても有害になるなら、考えなければなりませんね。殺虫剤でシューってしたいけどできないところが悲しい。。見たくなくて穴をふさいでもそんなことお構いなしにどっから入ったのっていうぐらいの奴がやってきますよ。誰か殺してください(´;ω;`)こんな害虫すべていなくなってしまえーーー猫の為にもいなくなってくれーーー

5
通報

ゴキブリ対策って本当に難しいです。対策をしたつもりでも、効き目が薄いのか部屋でバッタリ遭遇するんですよ。私はゴキブリが大の苦手なので、見かけたら退治するのではなく、ゴキブリよりも先に私の方が逃げてしまうパターンが大半です。しかし、今後は猫のためにも、根本的な対策を心がけます。

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆

おすすめコンテンツ

猫の飼い方を知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!