もふもふの犬はどんなものがいるの?もふもふの犬種についてご紹介

動物が好きな人は必ずと言っても良い程好きな行為があります。それは、犬や猫を撫で回す、いわゆる「もふもふ」をすることです。もふもふをすると、とても癒されます。今回は、もふもふできる犬種についてご紹介いたします!

もふもふの犬はどんなものがいるの?もふもふの犬種についてご紹介

可愛いもふもふ・小型犬

ポメラニアン

ポメラニアンは、もふもふな小型犬の代表的な犬種です。

にっこりとした表情と、軽やかな足取りが特徴的で、白やベージュ等、様々なカラーがあり人気の高い犬種です。

柴犬カットが人気ですが、柴犬カットをするとポメラニアンの被毛が伸びなくなってしまう可能性があるため注意しましょう。

シェットランド・シープドッグ

シェルティーの愛称で親しまれている犬種、シェットランド・シープドッグ。

性格は従順であり、とても飼いやすい犬種ですので、犬を飼うのが初めてでもおすすめできる犬種です。

美しい風貌と、つぶらな瞳が特徴的です。

ペキニーズ

ゆらゆらと美しいもふもふな被毛を、横になびかせて歩く様が特徴的なペキニーズ。

飼い主にはとても懐こくて可愛らしいですが、警戒心が強いため初めて会う人や犬には少し敏感かもしれません。

一緒に部屋でのんびりと過ごすことが好きな人におすすめしたい犬種です。

ビション・フリーゼ

知名度はそこまで高くありませんが、もふもふと言えばビション・フリーゼを挙げる人は多いでしょう。

白いわたあめのような、もふもふな純白の被毛が印象的です。

性格は見た目のとおり活発で陽気であり、子どもがいる家庭でも楽しく生活ができるでしょう。

ラサ・アプソ

ラサ・アプソは目が隠れる程の長い被毛の持ち主です。

美しい見た目は、愛玩犬として繁殖されたためですが、気の強い一面があり、番犬としての適正も持ち合わせています。

飼い主と一緒にのんびりと生活をすることが好きで、毎日の運動量はそこまで多くはないため、飼うのに苦労は少ない犬種といえるでしょう。

その美しいもふもふな被毛を保つために、毎日のブラッシングを欠かさないようにすると良いでしょう。

もふもふ幸せな気分に・中型犬

チャウ・チャウ

堂々とした佇まいのチャウ・チャウ。

もふもふの被毛を存分と楽しみたいところですが、初めて会う人にはとても警戒をしますので、注意が必要です。

家族に対しても感情を表に出すことは少ないですが、愛情はしっかりと持っているため、家族が愛情を持って接すれば、必ず忠誠を誓ってくれるでしょう。

プーリー

モップのような被毛をもふもふしたい人には、プーリーがおすすめです。

おっとりとした見た目ですが、逆にプーリーは毎日の運動量がとても多い犬種です。

毎日2回各1時間程度の散歩に対応できる人でないと、プーリーを飼うことは難しいかもしれません。

家族に対しては従順ですが、とても警戒心が強いため、番犬として活躍してくれるでしょう。

もふもふ埋もれてみたい・大型犬

ゴールデン・レトリーバー

日本での馴染みのある犬種、ゴールデン・レトリーバー。

ゴールデン・レトリーバーは、白金のもふもふとした被毛が特徴的な犬種です。

とても穏やかな性格で家族思いであり、遊びが大好きなため子どもがいる家庭でも問題なく生活できるでしょう。

しつけの際には、おもちゃを使用し遊びながらしつけを行うとすぐにしつけができるでしょう。

バーニーズ・マウンテンドッグ

優しそうな表情で、もふもふとした被毛が特徴的なバーニーズ・マウンテンドッグ。

カラーは黒と白、そして茶色のトライカラーが中心になっています。

常に落ち着いており、家庭犬として向いている犬種です。

知らない人に対して攻撃的になることは少ないですが、すぐに打ち解けることは難しいでしょう。

ほかの犬とは、打ち解けて仲良く遊ぶことができます。

もふもふな被毛を保つために、定期的なブラッシングが必要です。

シベリアン・ハスキー

狼のようなワイルドな見た目が印象的な犬種、シベリアン・ハスキー。

白銀の被毛が特徴で、見た目は怖いかもしれませんが、とても遊び好きで可愛らしい性格をしています。

社交的な性格であるため、知らない人にもその被毛をもふもふさせてくれることでしょう。

遠吠えをすることがあるため、集合住宅に住んでいる人は注意が必要です。

サモエド

もふもふと言えば、この真っ白な被毛の犬種を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

サモエドスマイルと呼ばれる、にっこりとした笑顔が特徴的です。

性格は見た目のとおり、遊び好きで子どもと接するのも大好きです。

運動量は豊富であるため、外で思い切り遊んであげる環境があると良いでしょう。

ポリッシュ・ローランド・シープドッグ

ポリッシュ・ローランド・シープドッグは、白と黒のもふもふとした被毛が特徴的な犬種です。

牧羊犬であるため、毎日1時間~2時間程の運動量が必要ですが、社交的な性格を生かしてドッグランで思い切りほかの犬と遊ばせてあげると良いでしょう。

子どもに攻撃的になることもなく、一緒に遊べる犬種です。

スペシャルもふもふ・超大型犬

グレート・ピレニーズ

純白でもふもふの被毛、さらに大きな外見は、見る人を釘付けにさせるでしょう。

フレート・ピレニーズは、それほど堂々として優雅な犬種です。

番犬に適しており、警戒心が強い性格をしています。

しかし、よほど攻撃的な態度をとらない限りは穏やかで、知らない人でももふもふとなでることができるでしょう。

暑さに弱いため、寒冷地に住んでいる人におすすめしたい犬種です。

コモンドール

縄のような被毛を持つコモンドール。

家畜を守る番犬として繁殖をされたコモンドールは、少し頑固な性格をしています。

子どもがいる家庭では、子どもの番犬として活躍が見込めます。

ニューファンドランド

がっちりとした体格が特徴のニューファンドランド。

穏やかで社交的な性格であり、誰でもこの犬種のもふもふな被毛を楽しめることができるでしょう。

ただ、家族に対する愛情が強く、家族に危険が迫れば家族を守るような行動をとってくれます。

もふもふ天使のような白い犬サモエドの動画

一匹でももふもふなサモエドが何匹にもなれば、その分さらにもふもふになります。

サモエドの多頭飼いをしている人は毎日見ることができる幸せな光景です。

もふもふな犬たちのまとめ

いかがでしたか?

もふもふできる犬種は大型犬だけではありません。

もちろん大型犬のほうがもふもふをしてて気持ちいいかもしれませんが、魅力たっぷりの小型犬も忘れずにいてください。

ただ、知らない犬をもふもふするときは、必ず飼い主の許可をとるようにしてくださいね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 名無しさん
通報

あーこれはもふもふしたくなる!こんな記事を読んだら我慢できなくなってしまいそうです。もふもふした犬ってそれだけで存在が天使っていうか、反則レベルで許されちゃいますよね。まるでぬいぐるみみたいなのって本当に癒されます。チャウチャウとかポメラニアンとか、最高に癒されるわー

2 もも
通報

もふもふ〜!!ここに出てきた全部の犬を集めて、いっぱいもふもふしたい〜!!イメージだけでも…うん!癒されました〜。

3 ブラックスター
通報

もふもふの犬の写真が何枚もあって、可愛すぎてテンション上がっちゃいました。幸せホルモンが沢山分泌されたような気がします。実際にもふもふしなくても、画像を見ているだけで癒し効果があるんです。犬のもふもふって、何であんなにも癒されるんですかね。

4
通報

もこもこしてる毛並みの犬は手入れもかかりますが見て可愛いですね。本当にまだまだ知らない犬種があるんだなと思いました。プーリー、見てみたいです。

5 コメ
通報

どの子でもいい〜!!連れてきて〜!

関連するキーワード

関連する記事

    • チャウチャウってどんな犬?性格から見た飼い方の基本!

    • チャウチャウってどんな犬?性格から見た飼い方の基本!

      中国では2000年前から飼育されていたという、とても古い歴史を持つ犬・チャウチャウ。がっしりとした強そうな体格に、ふわふわの毛並み。くしゃっとした顔が独特でかわいいですよね♪ もしチャウチャウを飼いたいと思ったら、どんなことに気をつければいいのでしょうか?チャウチャウの性格や飼い方を解説します!

      コメント

      高温多湿が苦手って…日本の夏は大変そうですね〜。体調管理とかいろいろ大変そうだし、飼うのはちょっと難しいかなぁ?!最近、あんまりみないですしね。

      13734
    • 柴犬の毛色は変化するの?変化後の色についても解説

    • 柴犬の毛色は変化するの?変化後の色についても解説

      柴犬と言えば赤柴を思い浮かべる方が多いですが、実はそのほかにも毛色があり、時期や年齢によって毛の色が変化するといわれています。ここではそんな柴犬の毛色の変化を、変化する理由や時期と合わせてご紹介します。飼ってから色が変わってびっくりしないために、柴犬の毛色の変化について詳しく知っておきましょう。

      6913
このまとめのキュレーター

でりっく

元ドッグトレーナーですので、しつけに関しての記事を中心に作成していきます。

おすすめコンテンツ

犬の種類を詳しく!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!