柴犬の展覧会って知ってる?内容や開催場所まで解説

皆さん。柴犬の展覧会というものをご存知ですか?国の天然記念物に指定された犬種の保存、良い犬の育て方が学べる公益社団法人「日本犬保存会」が開催しているコンクールです。その内容や開催場所、一般の人でも見ることが出来るのか詳しく見てみましょう。

柴犬の展覧会って知ってる?内容や開催場所まで解説

柴犬の展覧会の内容について


柴犬の展覧会の内容とはでしょうか?   柴犬の他にも秋田犬、四国犬といった国の天然記念物に指定された日本犬種の保存、向上、普及を目指し行われるコンクールのことです。   益社団法人「日本犬保存会」によって開催されています。

柴犬を展覧会に出陳する条件

柴犬が展覧会に参加するための資格は何でしょうか?   まず日本犬保存会の会員であることが求められます。   入会はホームページからもできます。   そして柴犬の血統書が日本犬保存会発行のものであることです。   その血統書の名義が本人のものでもなければなりません。

開催場所

展覧会は支部が置かれている各都道府県、49か所で行われます。   日本犬保存会のホームページに開催場所が出ています。

日本犬保存会HP

開催時期

展覧会は年に二回、春季展と秋季展そして全国展覧会が行われます。   大体の開催時期は春季展覧会が2月下旬から5月上旬。   秋季展覧会は9月上旬から11月中旬です。   全国展覧会は11月中旬に開催されます。

柴犬の組み分け

柴犬の組み分けはオス・メス別で月年齢ごとに6つのクラスに分かれています。   生後4カ月未満の幼稚犬組・7カ月未満の幼犬組。 1年未満の若犬一組・1年6カ月未満の若犬二組。 2年6ヶ月未満の壮犬組・2年6ヶ月以上の成犬組に分けられます。

審査

審査方法は、個体審査と比較審査を午前と午後に分けて審査します。   幼稚犬組と幼犬組は昼休みに比較審査のみ行います。

柴犬の評価

評価内容はどうなっているでしょうか?   「評価」と「席次」という二通りの評価があります。   「評価」は良い方からは優良・特良・良・可で評価されます。   「席次」は各評価の中でより日本犬標準に近いとされた犬に「一席・二席・三席」といったように評価されていきます。   幼稚犬で優良の評価を受けた犬は幼稚犬賞を授与します。   幼犬は優良の評価を受けた犬のうち、5割が幼犬賞を授与されます。   若犬以上は各組の3割がそれぞれ若犬賞、壮犬賞、成犬賞を授与されます。   そして成犬賞・壮犬賞を授与された中から特に優秀な犬が日保本部賞を授与します。   全国展では、若犬以上出場できます。   各組の1割がそれぞれ若犬賞、壮犬賞、成犬賞を授与されます。   成犬組のオスメス別に一頭が選出され、オスとメスで競い。上位になったものに最高賞である文化長官賞・文部科学大臣賞・内閣総理大臣賞が授与されます。   最高賞とは反対性の犬には準最高賞が授与されます。

申し込み方法


全国にある各支部の申込用紙に記入して、出陳料とともに現金書留で送ります。     当日には領収書を証明書として持参しましょう。

柴犬の展覧会は一般の人でも見ることができるのか?

柴犬の展覧会場は一般の人も入場ができます。   自由に会場内を観覧することができます。   展覧会は大体9時にスタートします。   開会1、2時間前には参加者が会場に来ているので、柴犬たちをじっくり見るチャンスかもしれません。   場合によっては話を聞くこともできるかもしれませんよ。   ぜひ一緒にどの犬が一席になるか予想してみたり、気に入った柴犬と犬舎をチェックしてみたりしてはいかがですか?   昼休みに行われる幼稚犬組、幼犬組の審査はかわいらしさが満点です。   しかし展覧会場は柴犬も出陳者も集中しています。   ベストの状態で臨みたいので邪魔しないように気をつけましょうね。   特に大きな音を出したり騒いだりしないようにしましょう。

柴犬の展覧会・まとめ

柴犬の展覧会は、柴犬の魅力がたっぷり味わえる内容になっています。   柴犬を飼っている方もこれから飼いたいと考えている方も、いい勉強の機会になりますよ。  

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

    • 豆柴はどんな性格?特徴も合わせて解説!

      小さな豆柴は室内で犬を飼いたい方に人気のある犬になってきました!注目され続けていますね!ここでは豆柴の特徴や気になる性格について解説していきます。柴犬と豆柴の違いは何でしょうか?豆柴ライフも夢ではありませんね!

      1830

    • 豆柴の成犬の大きさはどれくらい?普通の柴犬との違い

      柴犬よりもっと小さい柴犬を飼ってみませんか?「豆柴」といわれていますが、豆柴の大きさはどのくらいでしょうか?一般の柴犬とどのくらい大きさが違うのかを比較してみましょう。豆柴は成犬になっても小さいのでとってもかわいいですよ!

      1891

    • 柴犬を飼いたい方必見!関西地方でおすすめの柴犬のブリーダーさん

      日本を代表する犬といえば、柴犬ですよね。近年では海外でも人気が出てきており、外国人の柴犬愛好家も増えてきています。今回は柴犬が欲しい!!そうお考えの方に、関西地方のブリーダーさんをご紹介したいと思います。関西地方にお住まいで柴犬を家族の一員として迎えようと思っている方は必見です!

      2422

    • 三毛猫ってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

      三毛猫がこたつで眠っている様子って、まさに古き良き日本の象徴ですよね。見ているだけで、なんだかほっと心が和みます。今回は、日本で昔から愛される三毛猫の特徴と、飼い方のコツを解説します♪これを見ればみなさんも三毛猫がよくわかりますよ!

      30049

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆