猫が薬を飲まない?そんな時のための薬の飲ませ方のコツ!

猫が薬を飲まない?そんな時のための薬の飲ませ方のコツ!

1004

猫と生きている間に、薬を飲ませなくてはいけない状況になる場合があります。人間でも薬を飲むことは好きな人が少ないように、猫も薬を飲むことは嫌なものです。そこをなんとか工夫して飲まさなくてはいけない!そんな時のコツをご紹介いたします!

1004 |

猫の薬の種類別の飲ませ方のコツを知っておきましょう!

Veterinarian giving a drug to a cat

thodonal88/shutterstock.com

飲まない!という前に、猫の薬の種類・形状によっても飲ませ方が違ってくるので、薬の種類を知っておきましょう。

錠剤・粉剤・液剤・カプセルなどが基本的には動物病院から渡される薬の種類になります。

猫の薬は飲んでから効果が出るまでの時間調整がされていたり、どのように効果を与えたいかが計算されて作られています。

処方された薬の形状を嫌がる場合は、形状を変更できるか、病院の先生にきちんと相談するようにしましょう。 錠剤を勝手に粉末にしてしまったりしてはいけませんよ。

猫がリラックスしている時に薬を与えるのがコツ!

tabby cat lying on the floor and looking closely at the camera

victoriyasmail/shutterstock.com

猫によっては薬を飲むということを理解してしまうので、薬の袋を見た途端に姿を隠し、薬を飲まない場合があります。

そのため、猫がリラックスしている時を狙ってそっと近寄ってパッと口を開けさせて、喉の奥に錠剤をポンと置いてしばらく口を閉じさせておくことがコツです。

吐き出さないか確認して完了!という、この流れが一番猫にも飼い主さんにもストレスがない薬の飲ませ方ですね!

スポイトを用いた猫の薬の飲ませ方

Cat receives medicine by means of a pipette

Dora Zett/shutterstock.com

粉剤や液剤の場合は、スポイトで与えると飲んでくれる場合が多いです。薬の飲ませ方としては、猫が暴れないように固定して、頭の後ろから顔を持ち、犬歯の後ろにそっとスポイトを入れます。 そうすると口を開けてくれるので、ゆっくり液体を流し込みましょう。

スポイトを差し込む場合は、歯茎を傷つける可能性があるので、力を入れすぎたり、勢いをつけないことがコツですよ。

猫の嗜好品に混ぜると飲まない薬ものんでくれる!」

Close-up of a Birman licking against white background

Eric Isselee/shutterstock.com

シロップ、バター、マヨネーズ、ヨーグルトなどの嗜好品に混ぜ込む場合、薬を飲んでくれる場合があります。

香りの強い餌なども効果的です。

しかし、やはりそういった物はカロリーも高く塩分も気になるので、与えすぎには注意が必要です。治療する病気によってはやめておいた方が良い場合もあるので、獣医さんに相談するようにしましょう。

猫の薬の飲ませ方のコツまとめ

猫によっては長期間投薬が必要な場合もあります。

いかにストレスなく薬を続けることが出来るかがとても大切です。与える側の飼い主さんにとっても投薬はストレスであることは間違いありません。

けれど、投薬によって大切な愛猫の体調が良くなるのであればと、心を強くもって続けていきましょう。 愛猫と一緒に、薬と付き合っていけるようにしてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

なるほど嗜好品に混ぜるのも長期的に与える場合には注意が必要ですね。1回飲ませればいいものであれば、多少塩分が高くても1回のことなので気にせずに済みますが、毎日のこととなると厄介ですもんね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー