猫に熱があるかも?猫の平熱と体温を測り方を徹底解説。

一般的に寒がりと言われる猫たちですが、平熱ってどんな感じだろうと思ったことありませんか?猫の体温を定期的に測っている方は、愛猫家でも少ないのではないでしょうか。猫の健康維持に、体温の維持は欠かせないものです。正しい愛猫の生活環境を整えましょう!

猫に熱があるかも?猫の平熱と体温を測り方を徹底解説。

猫の体温・熱の測り方は?

まず体温チェックの基本は、測る場所を毎回同じにしておくことです。体温は耳と肛門の2つの箇所で概ね測ることになりますが、また、注意点として、健康で元気が良ければ、基本的に猫の体温を測る場所は毎回同じにしておく必要があります。 耳の場合は専用の体温計が市販されています。先端が太く折れ曲がった形状をしており、最近では折りたたんでコンパクトにできる製品が市販されています。耳からの体温の測り方はとしては、内側の穴に近い場所で測ります。 また動物病院などでは、標準で測る場所はほとんどが肛門です。体温計は人間用でも代用できますが、出来ればペット用を用意した方が衛生面では良いでしょう。 肛門からやる場合は2人がかりのほうが良いです。猫はお尻周りを触られるのをとても嫌がるので、尻尾を根元から軽く持ち上げて嫌がるようなら、無理をしないでくださいね。動画:2人がかりでやる猫の体温の測り方 ※1分25秒あたりから始まります。

猫の体温・平熱を測る際のコツとしては、体温計の先端にワセリンなどを使って滑らせやすくしてあげることです。測り終ったら、エタノールかアルコールで先端を消毒することも忘れないようにしましょう。無水エタノールは薬局で買うことができます。ワセリンがなければ、ベビーオイルやオリーブオイルでも良いですよ。一人で行う場合は広めのタオルを使って猫をくるんでしまう方法があります。両足を持ってあげれば、暴れずおとなしく測らせてもらえるでしょう。参考サイト:英語ですが、わかりやすいイラスト付きで解説しています。

How to Check a Cat's Temperature:猫の体温の測り方

子猫の場合は、体温は38度前後が一般的ですね。老猫の場合は平均体温よりは少し下がります。

猫の平熱って?ストレスと病気でも体温は変わる!

ストレスを感じていたり興奮していると体温はやや上昇し、体温が1度下がっても猫はかなり病気である可能性が高くなります。病気で発熱している場合は39.5度~40度以上で、子猫なら38度以下の場合は命に関わりますので要注意です。 肛門で図る場合は、体温の測り方のコツとしてまっすぐ差し込んだらやや先端を上に向けるようにして、腸壁に当たるようにして測ります。成猫の場合は感染症などでは必ず発熱などが見られます。室内で飼われる猫も、しっかりと体温チェックを忘れずに行いましょう。

猫が寒がりな理由。にゃんこの体温・平熱を測りましょう。

「猫は寒がり」ですが、猫自身は寒さに対する対策は本能的に持っています。動物の知恵として、猫はすでに自分で寒さ対策をできるのです。 また、猫は気温が下がるとお腹を包み込むように体を丸めて寝たり、暖かい場所を探して寝たり、手足をぴったりくっつけて寝たりしますので、寒くて震えているといった心配はあまりありません。室内で洋服を着せる必要もないでしょう。

「猫は寒がり」ですが、猫自身は寒さに対する対策は本能的に持っています。動物の知恵として、猫はすでに自分で寒さ対策をできるのです。 また、猫は気温が下がるとお腹を包み込むように体を丸めて寝たり、暖かい場所を探して寝たり、手足をぴったりくっつけて寝たりしますので、寒くて震えているといった心配はあまりありません。室内で洋服を着せる必要もないでしょう。その代わり、@attr(:体温が下がることは健康を害することに直結します。:)感染症だと発熱して体温が急激に上がこともあり、下痢や胃腸の調子を落とすと体温は下がっていきます。健康チェックの基本として体温チェックは不可欠です。

猫の平熱は高め!

猫の体温は38度~39度です。気温が低く食欲が落ちた場合(下痢の場合)では室温を上げて29度位にしてあげましょう。子猫であれば体毛がまだ薄いので、冬場の室温は上げておいた方が無難ですね。

猫の体温は@attr(:38度~39度:)です。気温が低く食欲が落ちた場合(下痢の場合)では室温を上げて29度位にしてあげましょう。子猫であれば体毛がまだ薄いので、冬場の室温は上げておいた方が無難ですね。また猫の体温を触ってよくわかるのはお腹です。背中や足は元々体温自体が低いので、抱き上げたときにお腹の体温を平熱と比べてどうかチェックしておくと良いでしょう。

熱がある時の対策

初見で普段より熱があるかな?という時はまず体温を計ってみましょう。動物専用の体温計がありますので、耳か肛門にて測ります、普段から飼い猫の平熱を知っておくと慌てずに対処できます。 平熱より1℃以上高い場合は、少し濡らしたタオルを当てて熱が下がる手助けをしてあげます。水分補給も必要なので自力で飲めないようなら、水を含ませたガーゼ等で口元を濡らしてあげると、その水分を舐めてくれると思います。軽いタオルやフリースをかけてあげて2日程様子を見てみましょう。 初期段階から以下のような症状がある時は、直ぐに病院で受診してください。・食欲がなく、下痢・嘔吐を繰り返し目ヤニがいつも以上に多い。 (これらは猫風邪の特徴で、抗生物質を打ってもらいます) ・ハァハァと苦しそうに息をし、グッタリしている。 (特に夏場、暑いところに長時間居る事による熱中症が疑われます) ※体温が高い場合は、病院へ行く前に水をかけ体全体を冷やして あげ、一時間以内に病院へ行きましょう。 その他の病気による発熱もありますが、いつもと様子が違う時は、まずは熱を測る事により、様子をみるべきなのか、直ぐに病院へ行った方が良いのかの判断材料にもなりますね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 名無しさん
通報

病院に連れて行くと肛門で検温してますが、自分でやるときは肛門はさすがに怖いので耳で測るようにしてます。耳で測るより肛門で測った方がいいですよって何度か言われましたけど、一人暮らしなので肛門で測るのはやはり難易度が高いです。もうちょっと耳以外で手軽に測れる体温計があればいいんですけどね。

2 ねこ
通報

う〜ん…自分で測るのは怖い気がしてしまいます…。でも、体温によって猫の体調などを知ることができるとなると、頑張ってやってみないとなぁ…とも思いました。

3 名無しさん
通報

猫の体温を自分の家で測ったことなかったです…。でも、いざ、体調が悪くなった時に、飼い主が平熱を知っておくのは賢いことですね。まずは、体温計がないので準備して、測定できるようにしてみたいと思います。

4 世界
通報

一人で猫の体温を測るのは難しそうです。初めて測るときは苦労しそうですね。体調が悪くなり、体温が上がる場合もあるとの事なので、日頃から猫の平均的な体温を把握しておくことで、飼い主さんがいち早く異常に気づくことができると思います。

5 名無しさん
通報

猫の平熱は人間より少し高めと覚えておけばいいですね。生活していて何か異常に気付いたら体温を測って不調に気付いてあげるのもできますね。人間もそうですが、猫の体の場合たしかにたった1度でも変化があれば大変なことですよね。ふだんから気づかってあげたいです。

6 洗いネコ
通報

猫の体温測定はさすがに自分ではなかなか難しいような気がします。耳で測るのは簡単ですが、できれば肛門で測るのが理想ですよね。定期的に測定するのがいいんでしょうけど、暴れたりするので測るなら耳になってしまいそうです。平熱が人間より2度ほど高いというのも知っておかないとダメですね。

7 bbb
通報

猫は人間よりも体温が高いんですね。だから抱っこすると温かく感じるんですね。冬は湯たんぽになっていいですよね。赤ちゃんみたい。体温を測ったことはありませんが、肛門で測るなんて知りませんでした。肛門に刺されるなんて嫌だろうな。。

8 デル
通報

確かに、ねこって体温が暖かいので、時に「あれ?熱があるのかな?」とドキッとしてしまう時があります。でも、自分で測るの怖いからいつも動物病院に連れて行ってしまうのですが、そんな時自分で測れた方がいいですね〜。勉強します!!

9 みずほ
通報

猫に熱があるかもしれないって今まで感じたことがないですね。10年以上猫を飼っているけれど、そもそも体調の悪さを感じたことがないです。それ以外に何か「熱があるかもしれない」って分かるようなぐったりした姿とかがあるってことなのかな。

10 タウン
通報

猫は寒がりだから、洋服を着せてあげて体温の調節をサポートするべきなのかと考えていましたが、猫自ら寒さ対策ができるんですね。寒がりとされる割には、猫の体温ってすごく高いなと思いました。人間だと風邪のレベルですよね。フラフラにならないのが驚きです。

11 コメ
通報

病気の時じゃないと熱なんか計らせてくれないから、おとなしく計らせてくれるというのはもうどっかが悪い証拠ですよね。すぐに病院に連れていきます。

12 チーズinハンバーグ
通報

確かに猫は寒がりってよく言われますね。なので、体温も低めなのかなって思っていたんですが、38度もあるって高いですね。体温が人間よりもけっこう高いのに、どうして寒がりなんですかね。体温と、寒がりというのには関連はないってことなのかもしれません。

13 自信
通報

自分で寒さ対策をできちゃうなんて、猫って本当に凄い生き物なんだなぁと今ここで改めて思いました。人間はあれこれ心配しますが、猫は自らちゃんと対策を講じていると知ると、必要以上に心配しなくて大丈夫なんだなと感じています。

関連するキーワード

関連する記事

    • 痩せるのは老化現象?猫の老化症状を知ってあげよう。

    • 痩せるのは老化現象?猫の老化症状を知ってあげよう。

      猫も年を取っていくと、痩せるなどの様々な体の変化が見られるようになります。完全室内飼いの猫が増えて平均寿命が伸びているとはいえ、やはり7歳以上は体調の変化には気を付けてあげたいですね。猫の老化の症状を知っておいてあげましょう!

      コメント

      老化の症状は一気にくるのではなく、徐々に訪れると思います。その分変化に気付きにくくなる可能性がありますから、日々愛猫の行動をよく観察して、ちょっとした変化にも気づいてあげられる飼い主にならなければと思うばかりです。

      1164
    • 猫のシャンプーの頻度はどれくらいが適切なのか

    • 猫のシャンプーの頻度はどれくらいが適切なのか

      猫の大切なお手入れの一つ、シャンプーの頻度はどのくらいが適切なのでしょうか?犬のように体臭がきついわけでもないので、悩む飼い主さんもいることでしょう。今回は猫にとって最適なシャンプーの頻度について解説します。

      1886
    • 評判の良い猫の動物病院ってどこ?参考になる選び方5選!

    • 評判の良い猫の動物病院ってどこ?参考になる選び方5選!

      猫の飼い主にとって、動物病院選びは重要です。 愛猫を任せるのですから、出来れば評判の良い動物病院で、信頼のできる獣医さんに見てもらいたいですよね?そんな動物病院の選び方に困っている飼い主は多いと思います。 今回は猫の動物病院の選び方についてご紹介致します。

      1164
このまとめのキュレーター

kasatake

元ペット業界の専門職の知識を生かして、関連用品、犬猫、小動物に至るまでの飼育経験を生かし、様々に詳しく解説した記事を書いていきます!

おすすめコンテンツ

猫の飼い方を知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!