犬のトイレの場所はどこが良い?室内犬のためのトイレの考え方を解説!

トイレのしつけに関しては。室内犬の場合は、充分な配慮と置き場所の設定は重要です。子犬の時とは違って成犬になってからは、特に臭いの問題はかなり生活に影響を与えるからです。マンションやアパートなど、賃貸で動物可の物件の場合、退出する際のトラブルを防ぐ意味でも、消臭や設置場所について詳しく解説します!

犬のトイレの場所はどこが良い?室内犬のためのトイレの考え方を解説!

まずはトイレトレーニングを完璧に!

最初に見てもらいたい動画があるので、解説をよく聞いてください。動画:子犬のトイレトレーニングについて

トイレトレーニングについてのポイントをよく解説してあります。ここで注意してほしいのは、子犬にとって適切なトイレの場所はケージから近い点です。 サークルの囲いの中にあるトイレは、やがて成犬になるに従って子犬の環境のままでは不適切になります。。そのため、専用のペットケージなどを使用して、寝床とトイレは分離するのが基本です。トイレトレーニングの最大の注意点はトイレと寝場所をペアで考えないことです。また、犬は「慣れ」ではなく決まった習慣と習性でしつけていくものなので、犬の年齢はあまり関係がありません。

室内でトイレの場所を覚えるまでは、お散歩時間は短めに。

ワクチン接種が終わった頃には、トイレトレーニングよりもお散歩を優先させてしまうことが多いです。しかし、野外で排泄をしたら後片付けすれば良いと考えるのは問題です。排泄のタイミングは食事と常に同じで、ある程度一定の間隔ですることがほとんどですから、飼い主さんがコントロールすることは可能です。 生後5か月くらいまでは自分の環境の把握はまだ途中段階にあります。したがってあまり長い時間、お散歩をさせる必要はないでしょう。

排泄のタイミングを観察しながらトイレの場所を変える。

必ず犬の排泄のタイミングは、できるだけ正確に把握する必要があります。室内では、ケージやサークル内の犬の動きを出来るだけよく観察できるようにしてください。子犬の時はサークル内にトイレがあっても良いですが、成長したらサークルやゲージの外をトイレの場所とし、自然と犬がサークルやケージから出ていき、トイレで出来るか試すことが肝心です。 常にトイレで上手にできれば、「おやつがもらえる」とか、「褒められる」といった良い印象を植え付けられれば、トイレをどんなにサークルやケージから離しても大丈夫です。トイレで身構えたら、簡単な声掛けをするのも有効で、「シーして!」とか、「トイレ!」といった声で、出来たら褒めるということを繰り返します。

少しずつトイレの場所を移動し、好みの場所に固定する

徐々にトイレの場所を移動し希望する場所でするようになったら、そこからその場所は犬にとっては大切な場所になります。 飼い主さんにとって好みの場所と、犬にとっての好みの場所は違うかもしれません。犬にとって好ましいトイレの場所の探し方は、まず落ち着いて安心できる場所を考えましょう。犬は排泄のとき一番無防備な姿勢になります。廊下やドアのそばは人の行き来があるので落ち着くことができません。そのほか玄関や屋外の気配を感じる窓の近くも安心できません。夏熱く冬寒い場所がトイレの場所として快適でないことは人も犬も同じです。飼い主さんの生活上でも都合だけでなく犬の立場に立った探し方を忘れないようにしたいですね。 余計な臭いが周辺にない静かな場所なら、そこを固定化してトイレを動かさなければ、必ず犬はその場所を覚えます。大切なのは、繰り返し同じ動作を行わさせることです。 気まぐれに態度を変えたり、指示する人によって声掛けが変わったり、トイレを頻繁に移動してはいけません。犬の排泄の場所が変わったり、落ち着いてできない場所にそこがなれば、室内の別の場所で排泄をしたり、野外で排泄を行うようになります。 また、排泄の度に、トイレに無理やり連れていくこともNGです。子犬のように環境をはっきり認識できないうちは、「トレイの上で排泄をする」ということを覚えさせるだけです。そのためには、失敗しても叱らず、出来たら褒めるということだけを行います。犬はいくら叱っても、物事を覚えません。 犬のトイレトレーニングは、繰り返し行うことと動作に意味を持たせることです。その意味とは、「出来たら褒められる」という非常にシンプルなことばかりですから、難しく考えず、犬にトイレで排泄することを覚えさせましょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 E
通報

私達の好みの場所と、犬にとっての好みの場所が違うという言葉に目から鱗でした!確かにそうですよね!ここにして欲しいと思う場所ではいつもしてくれず、いつも他の決まった場所にしてしまい、それを粗相したと勝手に思ってましたが、犬は自分の好みの場所があるんですよね。これからは、犬の気持ちになって考えてあげようと思います。

2 名無しさん
通報

トイレをしつけるためにはトイレの場所も重要だということが分かりました。匂いがするのでついつい飼い主が決めてしまいがちになりますが、飼い主にとって良い場所ではなく、犬にとって良い場所をみつけてあげたいと思いました。子犬のうちからトイレの訓練をしっかりして、しつけておくなら成犬になった時には安心して過ごすことができそうです。

3 やまんば
通報

犬にとってどこでトイレをするのが一番いいのかを考えるのは簡単なようで非常に難しいです。どうしても人間の生活があるので、そこに犬を持ち込むということはそれなりの覚悟は必要です。犬のことを考えられず、人間の都合でトイレの場所とかいろんなルールを決めるぐらいなら、犬を飼わない方がいいかもしれません。

4 ワンダー
通報

トイレの場所を決め、覚えさせていくのは一筋縄ではいかないと思います。毎日同じことを繰り返し行っていく訳ですから、非常に根気のいることだろうと想像します。トイレトレーニングについて知ると、犬を飼うということは大変なことなのだなと改めて感じました。

5 ゴン
通報

うちのワンちゃんは、外でしかしてくれません。小さい時に、外で散歩しすぎてしまったせいなんですね〜…。雨の日とかワンちゃん自身も外に出たくない日があるので、室内でトイレができるように訓練しておけばよかった〜…と今頃後悔しています。

6 べん
通報

うちは最初にトイレしたところの場所をトイレにしてしまいました。こうやって動かしていくこともできるんですね。まあ最初にした場所がうちは良かったからだと思いますが、食卓の近くでやられたらショックですよね。トイレのしつけは苦労すると聞きますが、次回飼う時に苦労しないように覚えておきたいと思います。

7 いぬ~~
通報

犬を室内で飼うということはトイレの場所も犬が決めることになります、どうしても人間と一緒に居住することで人間目線で決めてしまいがちですけどね。犬にとってはそれはよくないことなんですよ。でもさすがにキッチンの近くにトイレというのは無理がありますので、犬を室内飼いするには双方ともにそれなりのストレスとリスクを抱えることになるのは覚悟しないとダメですね。

関連するキーワード

関連する記事

    • オーストラリアンシェパードの子犬の里親になる方法と里親を探す方法

    • オーストラリアンシェパードの子犬の里親になる方法と里親を探す方法

      保健所で殺処分されてしまう犬を、1匹でも減らすことのできる里親は、犬を飼う際の方法として注目されています。特に大型犬は飼えなくなってしまう家庭が多く、オーストラリアンシェパードもその中の犬種です。ここでは、オーストラリアンシェパードの里親募集の探し方をご紹介します。子犬を探すこともできますよ。

      5181
    • かわいいトイプードルがいっぱい!トイプードルの人気ブログ

    • かわいいトイプードルがいっぱい!トイプードルの人気ブログ

      小さな体にくりくりの目、愛らしい表情がとてもかわいらしいトイプードル。カットの仕方や育つ環境によって様々な容姿へと変化するので、同じトイプードルでも全く違う犬種に見えたりします。ここで紹介するのは、様々な地域や環境に住むトイプードルたちの日常ブログです。とてもかわいいトイプードルたちばかりですよ。

      9181
    • ラブラドールレトリバーにおすすめのリードは?リードのしつけ方についても解説。

    • ラブラドールレトリバーにおすすめのリードは?リードのしつけ方についても解説。

      大型犬の中では、絶大な人気を誇るラブラドールレトリバー。従順で飼い主に忠実と”飼いやすい”イメージが定着していますが、きちんとしつけをしないと大型犬だけに大きな事故につながりかねません。特に散歩のしつけはとても大切です。ラブラドールレトリバーの散歩で使用する際に適したリードやしつけ方法を解説します。

      コメント

      リードのことを詳しく知らない私は、リードはどれも同じだと思っていました。いくつか種類があることを知って、あまりにも知らなさすぎる自分が恥ずかしくなったほどです。犬を飼うならリードについては情報を入手しておかなくてはと思いました。

      10998
    • ジャックラッセルテリアの子犬の体重まとめ。

    • ジャックラッセルテリアの子犬の体重まとめ。

      数々の映画、ドラマに登場するジャックラッセルテリア。その子犬の時期は特別愛らしいです。ジャックラッセルテリアの子犬を健康的に育てるためには、平均体重についても詳しく知っておきたいですね。

      6089
    • 【子犬のお世話】生後4週間目の特徴・餌・しつけを解説

    • 【子犬のお世話】生後4週間目の特徴・餌・しつけを解説

      生後4週間目の子犬はとにかく小さくて可愛いですね。まだ幼いので餌やよい環境を用意することも大切ですが、その頃からのしつけは賢い成犬となるためにかなり重要です。生後4週間目の子犬の特徴と合わせて考えてみましょう。

      4955
    • 健康な子犬の見分け方!安いペットショップは本当に大丈夫なのか

    • 健康な子犬の見分け方!安いペットショップは本当に大丈夫なのか

      新たに犬を飼うことを考えている方は、子犬選びって大事ですよね。どうせだったら健康な子犬を選びたいと思うのではないでしょうか?では健康な子犬の見分け方を見てみましょう。そしてたまに安く子犬を売っているペットショップもありますが、問題はないのでしょうか?

      5085
    • イタリアン・グレーハウンドの子犬が欲しい!里親のなり方とブリーダーの探し方について解説。

    • イタリアン・グレーハウンドの子犬が欲しい!里親のなり方とブリーダーの探し方について解説。

      細身な体から優雅な雰囲気がにじみ出る、「イタリアン・グレーハウンド」という犬種をご存知でしょうか?「イタリアン・グレーハウンド」はかつては王族に愛され、いまでも多くの人に人気を博している犬種です。この「イタリアン・グレーハウンド」の子犬がほしい場合、里親になる方法やブリーダーから購入する方法がありま

      コメント

      イタリアン・グレーハウンドを探すのは大変そうですね。日本ではあまり見たことがないような気がします。きっとブリーダーさんはいると思いますが、イタリアンだけに日本で繁殖するのは難しそうな気がしました。

      6615
このまとめのキュレーター

kasatake

元ペット業界の専門職の知識を生かして、関連用品、犬猫、小動物に至るまでの飼育経験を生かし、様々に詳しく解説した記事を書いていきます!

おすすめコンテンツ

犬のしつけを知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!