『アカナ(パシフィカ)』ってどんなキャットフード?原材料や口コミも紹介!

『アカナ(パシフィカ)』ってどんなキャットフード?原材料や口コミも紹介!

6352
update

食べるものは何でも新鮮なものが一番だと思います。健康のため、また良い身体づくりのためには特に欠かせない食べ物への条件だといえるでしょう。今回はアカナが作っているパシフィカというキャットフードをご紹介したいと思います。

6352
update

新鮮な地元の産物をふんだんに使ったキャットフード

キャットフード

Africa Studio/shutterstock.com

食べるものは何でも新鮮なものが一番だと思います。

健康のため、また良い身体づくりのためには特に欠かせない食べ物への条件だといえるでしょう。 特に地元の特産を使っているキャットフードは旬でよいものが使われます。

その一つとして、「アカナ」というドッグフードやキャットフードを作っているメーカーがあります。

こちらのアカナが作っているパシフィカというキャットフードをご紹介したいと思います。

数々の賞をとっているアカナ

アカナという会社はカナダに本社をおいている世界的に有名なペットフード会社です。 アカナの商品はカナダ産の新鮮な原材料を使用しており、調理工程のすべておいて数々の賞を受賞している商品です。

栄養を供給するペットフードとして二つの点に気を配っています。

一つは、猫の先祖に沿った肉とタンパク質が摂取できるように食事を再現することです。

猫は今ではたくさんの種類が存在しますが、最初はイースタンワイルドキャットだと考えており、今の猫たちは外見は変わっても体内の臓器など器官はこのイースタンワイルドキャットから変わっていないので、同じ栄養素が必要となってくるという結論に至ったようです。

ですから先祖が食べていたであろう食事を再現することによって健康な体作りを行うことができると考えます。 自然の食事に含まれない高GI炭水化物や植物性タンパク質、合成添加物などは一切使っていません。

二つ目は、供給し続けるために、地元の生産者たちによって継続可能な方法で、飼育したり、栽培されたり、漁獲されるようにすることです。

それに含めて、調理する段階でも神聖な状態で搬送されるようにすることも重要な点となっています。

アカナが研究してきた結果自然の5つのルールに従ってこのキャットフードは作られています。 まず、肉やタンパク質が豊富な食事に適した身体に猫がなっているという点です。アカナの商品の中で最高75%も肉を使用しているものがあります。

そして二つ目に新鮮な肉を豊富に摂取することです。 生肉も使われており、必須栄養素を十分に摂取することができますし、本能的に求めている自然の栄養素をとることができるのです。

三つ目には一種類の新鮮な肉ではなく、バラエティ豊かなタンパク質を摂取できるようにされています。

例えば、新鮮な鶏肉であったり、新鮮な卵、天然魚などが含まれています。

四つ目には猫は狩りをして獲物をとって丸ごと食べて栄養素をとっていたことを考えて、肉だけでなく臓器や軟骨もキャットフードに含まれています。

それによって合成ビタミンを追加で入れたり、アミノ酸サプリを入れることもありません。 十分にキャットフードからとることができるようになっています。

最後に炭水化物量を制限しているという点です。 野生の猫たちは食事に炭水化物をほとんどとらないからです。

ですから炭水化物を制限してフルーツや野菜などが多く含められています。 これだけの徹底的な管理ができるのは、他社に製造を任していないという点にあります。

原材料を信頼できるところから仕入れて、それをフード調理の全工程で、そして品質と安全管理まで自社で管理しているのです。

ペットフード会社がマーケティング会社によって経営されているところもあります。

第三者の工場に製造を委託して製造しているということです。 その第三者の工場も一社から請け負っているということはなく、何社かのフードを作っているのです。

そういった際には、色々なものが紛れてしまったり、安全性や品質の面でも問題が出てきます。

自社で徹底的に管理することで、新鮮なものを安全な方法で調理し販売することができているのです。 それはアカナの商品すべてに言えることです。

そのアカナの商品の中に、パシフィカというキャットフードがあります。 これはカナダの太平洋沖の自然豊かな海からインスピレーションを受けたキャットフードです。 ノースバンクーバー島沖の海で水あげられていえる新鮮な天然の魚をふんだんに用いているキャットフードでもあります。

新鮮な魚たちや原材料を他社に任せるのではなく、自社工場で生産しているので安心です。 自信をもって提供できるのも、自分で作っているということもあるのです。

このキャットフードは猫種にかかわらず、またどの年齢でも与えることのできるキャットフードとなっています。

では実際にパシフィカのキャットフードの原材料と成分を見てみることにしましょう。どのようなものが含まれているのでしょうか。

次のページ原材料を紹介
この記事が気に入ったらシェア♪
4 名無しさん
通報

うちの猫は中々食いつきが悪い方なんだけど、このパシフィカキャットフードを与えたら食いつきが良くなりました。栄養価も高めなので健康な体作りにぴったりなキャットフードだと思います。今もリピートしてます。

3 名無しさん
通報

ニシンやイワシ、アブラガレイ、シルバーヘイク、メバルが全体の75%を占めているってすごい。

アカナは本当にオススメです。

パシフィカは名前の通り太平洋の恵のふんだんに使われたお味。猫様も美味しいに違いない・・・

2 名無しさん
通報

高すぎると思ってましたが、あげてみるとやはり、普段よりよく食べていますし、美味しいものがわかるんでしょうね。

このパシフィカとは、材料が違うグラスランドキャット、ワイルドプレイリーキャットもおすすめです。

1 名無しさん
通報

あんま適当なものばっか食べてると便秘になりそうだから、

こういうちょっと高いけど、健康フードみたいなのあげないと健康寿命ちぢんじゃうのかなって。

たまに美味しいもの食べるとよく遊んでよく寝て、長生きしてくれるような気がするんだよね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー