飼い主さんは『フィッシュ4キャット』をどう評価してる?原材料などあわせて紹介

飼い主さんは『フィッシュ4キャット』をどう評価してる?原材料などあわせて紹介

6034
update

『フィッシュ4キャット』って、どんなフードなのでしょうか?そして、飼い主さんたちからの評判はどんな感じなのでしょうか??今回は、『フィッシュ4キャット』について、原材料や成分などを解析し、さらに口コミなども調べて、その評判を探ってみたいと思います♪

6034
update

大切な猫のために『フィッシュ4キャット』

猫

Rrraum/shutterstock.com

大切な猫のことを考えと、アレルギーの心配がない穀物不使用のフードで、さらに添加物なども含まれていないものを探している方もいると思います。そのようなキャットフードの一つが『フィッシュ4キャット』です。

では『フィッシュ4キャット』って、どんなフードなのでしょうか?そして、飼い主さんたちからの評判はどんな感じなのでしょうか??

今回は、『フィッシュ4キャット』について、原材料や成分などを解析し、さらに口コミなども調べて、その評判を探ってみたいと思います♪

『フィッシュ4キャット』とは??

大切なペットのことを考えると、毎日の食事に気を遣ってあげたいと思うものですよね。

刀に、最近ではアレルギーを持つ猫ちゃんたちのためのフードなども多く出ていますし、さらに猫にとってガンの原因となってしまうような添加物が一切使用されていないような、安心して毎日与えることのできるフードが人気です。

そのようなプレミアムフードの一つが、『フィッシュ4キャット』です。

こちらはイギリス生まれのフードです。「フィッシュ4」の創始者は、愛犬家で知られた夫婦です。

この夫婦は、15年以上もドッグショーに参加するほどの、愛犬家でした。

しかし、自分たちも含めて多くのブリーダーたちが愛犬の食物アレルギーや皮膚トラブルに悩んでいたようです。

そして、その時に多く出回っていたフードというのは、主原料が穀物であることを知ります。

肉食動物である犬や猫のフードの主原料が小麦やトウモロコシといった穀物中心であることに関して、犬や猫は人間に命をゆだねるしかないのに、このままではいけない!なんとかしなくてはいけない!という想いを持ったようです。

そこから、この夫婦はペットフードに関して猛勉強をし、皮膚アレルギーを抱えているペットを持つ仲間からの協力も得ながら、多くのテストも重ねて、やっと4年後に[フィッシュ・フォー・ドッグ]、[フィッシュ・フォー・キャット]というコンプリートペットフードを作り上げました。

そして、会社名を”フィッシュ・4・ドッグ株式会社”を立ち上げます。

もともと、ドライフードに対するイメージがよくないヨーロッパでも、彼らの作ったフィッシュ4のコンプリートペットフードは、多くのイギリスのペットショップオーナーに伝わり、なんと世界42か国に広がっていきました。

犬や猫に対する深い愛と、皮膚トラブルやアレルギーを抱えている彼らへを助けたいという熱心な気持ちが、このコンプリートペットフードを生んだのですね。

では、どんなこだわりや特徴を持ったフードなのでしょうか??

天然素材、無添加は当たり前!

まず、使用している原材料は天然素材です。

人間もそうですが、健康のためには質のよいものを食べる必要があります。

それで、大切なペットも、毎日与える食べ物が良ければ良いほど健康になることでしょう。

それで、使う食材は天然素材。添加物などは一切使用していません。

防腐剤、着色料、さらに中国産の原料も一切使用していません。

一般のペットフードには、質の悪い食材を使用していたり、食いつきをよくするために、さらに保存期間を延ばすために、たくさんの添加物を使用していたりします。

そのような添加物の中には、発がん性があるものや、ペットたちの健康を害するとわかっているようなものがあるのです。

そのようなものを、毎日与えていると思うと、とても残念に思いますよね。

愛猫家の人たちならば、できるだけ品質の良い天然素材を使った、無添加のフードを与えたいと思うのは当然ですね。

『フィッシュ4キャット』は、”食品”として、機械だけに頼ることなく、厳密に検査し、製造して作っています。

魚中心のレシピ

猫 魚

Okssi/shutterstock.com

『フィッシュ4キャット』の大きな特徴が、多くの魚を使用したプレミアムフードだということです。

本来、犬や猫というのは肉食動物です。

しかしながら、多くのペットフードというのは、かさましをするために多くの穀物を使って、穀物中心のレシピとなっていて、肉や魚といったたんぱく源が少なかったのです。

しかし、「フィッシュ4」のプレミアムペットフードは、ドッグフードでは魚の振有料が55%以上、そしてキャットフードでは70%以上という、市販されているフードとは比較にならない程、たくさんの魚を含んでいます。

でも、どうして”肉”ではなく、”魚”にこだわっているのか?と思うかもしれませんね。

それは、魚のタンパク質は肉のタンパク質よりも、消化吸収しやすいからです。そして、低脂肪で低カロリーです。

つまり、お腹が弱かったり、ダイエット中の犬や猫でも安心して食べることができるんです。

それも、フィッシュ4の会社あH、イギリスの伝統ある水産会社から独立した形で運営していて、通常のスーパーで売られているような原料を使用して作っています。

つまり、人間が食べているような良質の魚をたっぷりと使って、お腹にも優しく、低カロリーのペットフードだということなのですね。

質の良いタンパク質であればあるほど、ペットたちの健康に良いというのは間違いないでしょう。

(ただ、腎臓に問題を抱えているようなペットたちは、たんぱく質量が多いと悪化してしまうことがありますので、その場合は医師に相談してから与えるようにしてください。)

オメガ3脂肪酸でより健康に!

新鮮な魚を使ったレシピで作っている、ということですが、魚中心のフードにはさらなるメリットがあります。それはオメガ3脂肪酸をたくさん含んでいる、という事です。

オメガ3脂肪酸って、人間の健康や美容に関しても話題になりましたよね。

このオメガ3脂肪酸は、高血圧、動脈硬化、高脂血症、高血圧や心臓病などに効果があるとされています。

さらに、関節炎を抑制したり、免疫機能を向上させることなどでも知られています。

脳や神経機能の向上、アレルギー症状を緩和すること、ダイエットなどにも効果的に働くとされています。

このようま効果を知ると、人間でももっとオメガ3脂肪酸が欲しい!って思うものですが、大切なペットたちの健康にとっても良いはずですね。

『フィッシュ4キャット』に使用されているのは、魚の肉と魚の皮です。

その魚の皮にたくさんの栄養物と、このオメガ3脂肪酸がたっぷりと含まれているということみたいですね。

それで、毛がつやつやになったり、皮膚トラブルがかいぜんされたり、関節や心臓の健康を促進し、脳や目の機能にもとても良い効果があるそうですよ。

穀物は不使用!

先ほども言いましたが、犬や猫は肉食動物です。

彼らが持っている胃腸は、わたしたち人間や草食動物とは異なっていて、穀物を消化することに適していないんです。

穀物中心のペットフードは犬や猫にとってかなりの負担となってしまいます。

穀物中心のペットフードによってアレルギー反応がひきおこされたり、消化器官にトラブルが起きたり、皮膚トラブルが発生してしまいます。

『フィッシュ4キャット』は、穀物不使用となっています。

アレルギーを持っている猫ちゃんも安心して食べることができるフードとなっています。

原材料の70%以上が魚から作られているということで、肉食動物の猫ちゃんにとって、本来持っている胃腸に適したフードであるということですね。

『フィッシュ4キャット』の商品シリーズ

『フィッシュ4キャット』は、アレルギーに悩む猫ちゃんでも安心して食べることのできる、お魚中心のレシピで作られた、穀物不使用、無添加の良質なプレミアムフードであることがわかりました。

現在、こちらのシリーズには3種類が用意されています。

1つ目が、「フィッシュ4キャットファイネストーサーモンー」です。

こちらは、抗酸化作用のあるアスタキサンチンを豊富に含むサーモンを贅沢に使ったフードとなっています。

そして、2つ目が「フィッシュ4キャットファイネストーサバー」です。

青魚といったらサバというくらい、栄養価が高いサバをサーモンの次に多く使用しています。

そして、3つ目が「フィッシュ4キャットファイネストーイワシー」です。

イワシは、ビタミンやカルシウム、そして鉄分を豊富に含んでいます。

そんなイワシをサーモンの次に多く使用して作られています。

こちらはどれも、コンプリートペットフードということで、健康に必要な栄養素を十分に含まれていますので、他に何か、缶詰とかビタミン類などを加える必要はありません。

そして、オールステージに対応しているので、どの年齢の子にも与えることができます。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー