猫に玄米はOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

猫に玄米はOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

3321
update

猫に玄米を与えても問題ありません。玄米には、様々な栄養素が豊富に含まれているので、猫に与えることで、便秘改善やデトックス効果を期待することができます。この記事では、玄米に含まれる成分や、猫に与える場合の注意点について取り上げたいと思います。

3321
update

猫に玄米を与えても問題ない?

精米される前の玄米

Pixel-Shot/shutterstock.com

「玄米」とは、稲の果実の外側を包んでいる籾殻だけを取り除いた、精米していない状態のお米のことをいいます。精米されていない玄米は、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれているため、美容やダイエットにも優れた食品です。

玄米には、猫にとって危険な成分は含まれていないので、猫に玄米を食べさせても問題ありません。しかし、玄米は栄養価が高い反面、消化が悪い食べ物です。そのため、猫に与える場合は、与え方や与える量に気を付ける必要があります。

猫に玄米を与えてもいい量

ごはんを食べている猫

Krakenimages.com/shutterstock.com

猫に玄米を与えても大丈夫ですが、猫は元々肉食動物なので、植物性のものを消化するのがあまり得意ではありません。そのため、玄米を大量に与えてしまうと、消化不良を起こすことがあります。どんなに体に良い食べ物でも、与え過ぎには注意が必要です。

また、猫に必要な栄養は、基本的にキャットフードで摂取することができます。そのため、猫に玄米を与える場合は、キャットフードのトッピングやおやつ程度に「少量」与えるくらいで良いでしょう。

子猫の場合

生後12カ月未満、体重1kg未満の子猫の場合、消化器官機能が未発達なので特に注意が必要です。玄米は硬く、消化が悪い食べ物なので、子猫に大量に与えると消化不良を起こす可能性があります。

積極的に子猫に玄米を与える必要はありませんが、どうしても与えたい場合には、フードプロセッサーで細かくしたり、おかゆにしたものを少量与えるだけにしてください。

成猫の場合

生後12カ月~7歳、体重3~5kgの成猫に玄米を食べさせる場合も、与え過ぎには注意してください。

玄米に含まれる栄養素を摂取するなら、猫の便秘改善やデトックス効果を期待することができますが、過剰摂取は逆効果になることがあります。猫の体に負担なく、栄養素を上手に摂り入れるためにも「少量」与えるのが効果的です。

老猫の場合

7歳以上の老猫の場合も、年齢に伴い消化器官が弱ってくるため、子猫同様、注意が必要です。

老猫が健康で丈夫な体を保つためにも、玄米に含まれる栄養素を摂取することは大きなメリットとなります。しかし、だからといって、与え過ぎるのは良くありません。老猫の体に負担をかけないためにも、与える回数や量に気をつけて与えるようにしてください。

猫に玄米を与えることで期待できる効果

炊く前の玄米

perfectlab/shutterstock.com

玄米には、「ビタミンE」が多く含まれています。ビタミンEには強い抗酸化作用があり、血液をサラサラにして動脈硬化を予防したり、老化防止に効果的な栄養素です。

また、玄米に含まれる「ビタミンB1」 は、糖質をエネルギーに変えてくれる働きがあります。そのため、猫の疲労回復に効果があります。

さらに、リン酸化合物の一種で、ビタミンBの仲間である「フィチン酸」が玄米には含まれています。この成分は、非常に強い抗酸化作用があり、様々なガンを予防したり、デトックス効果を期待できます。

加えて、玄米には「食物繊維」が豊富に含まれています。猫はあまり水分を摂らないため、便秘になりやすい生き物です。そのため、適度な量の食物繊維を摂取することで、便秘改善や排便促進を期待することができます。

猫に玄米を与えるときの注意点

玄米は、白米と比べ炊いた後も硬くパサパサしています。そのため、猫に与える場合は、水分を多めにして炊いたり、おかゆにしたり、フードプロセッサーで細かくするなどの工夫が必要です。

また、先ほども述べたように、猫は元々肉食動物なので、植物性のものを上手く消化することができません。一度に大量の玄米を猫に与えると、消化不良を起こす可能性があるので、与え過ぎないように注意しましょう。

猫によっては、玄米を食べてアレルギー反応を起こす子もいるので、気を付けなければいけません。猫に初めて玄米を食べさせる場合は、少量だけ与え、アレルギー反応が出ないかしばらく様子を観察してください。体をかゆがるなど、少しでも異変が見られるなら、玄米を与えるのを中止してください。そして、すぐにかかりつけの動物病院に連絡し、獣医師に相談しましょう。

白米や米麹は与えても問題ない?

米麹で作られた甘酒

K321/shutterstock.com

猫に白米を与えても問題ありません。ただし、猫は炭水化物を消化するのがあまり得意ではないため、白米を与える場合も少量だけにしてください。また、生米のまま与えてしまうと消化不良を起こしてしまうことがあるので、必ず炊いて柔らかくしたものを与えるようにしましょう。

米麹も猫に与えて大丈夫な食材です。米麹は消化しやすく、栄養価も高いため、安心して猫に与えることができます。特に、米麹で作られた甘酒は、豊富な栄養を含んでいることから「飲む点滴」とも呼ばれています。アルコール成分が含まれていないため、病気で食欲のない猫やシニア猫にも栄養補給の役割として与えることができるでしょう。ただし、米麹甘酒は糖度が高いため、与え過ぎないよう量には注意が必要です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー