歯磨き嫌いな猫のための対策!歯ブラシを使わないで出来る4つのデンタルケアをご紹介

歯磨き嫌いな猫のための対策!歯ブラシを使わないで出来る4つのデンタルケアをご紹介

3762
update

「歯磨きさせてくれない!」と悩んでいる飼い主さんは本当に多いです。この記事では、歯磨き嫌いの猫のための対策を4つご紹介しますが、どの方法も歯ブラシを使いません。指だけで磨いたり、おやつを食べさせたりなど、飼い主さんにも猫にもストレスがかからないデンタルケアをご紹介します。

3762
update
歯磨き嫌いな猫のための対策!歯ブラシを使わないで出来る4つのデンタルケアをご紹介

毎日のデンタルケアが猫の健康に大きな影響を与えることは分かっていても、猫の歯磨きに難しさを感じている飼い主さんは少なくないはずです。特に愛猫が歯磨き嫌いの場合は、余計ハードルが高く感じてしまうかもしれません。

「放っておけないし…」「でもすごい勢いで拒否されるし…」とお悩みの飼い主さんの気持ちはよくわかります。

でも安心してください。デンタルケアは、歯ブラシを使った歯磨きがすべてではありません!これから、歯磨き嫌いの猫のための、猫が嫌がらないグッズを使ったケアや、歯磨きができるようになるための対策をご紹介していきます。

歯磨き嫌いの猫のための4つの対策

怒っている猫

pixabay.com

歯磨き嫌いな猫のための、歯ブラシを使わないで簡単にできる4つのデンタルケアをここではご紹介します。

1.指で磨く

「スキンシップの延長で、ついでに歯磨きもしちゃおう」という気軽なデンタルケアが指磨きです。きちんとした歯磨きというよりは、マッサージに近い感覚です。指磨きをしていると、汚れを取るだけでなく、猫が口に触られることに慣れてくるので、ちゃんとした歯磨きができるようになるための最初のステップといえます。

顔や喉をナデナデしながら、猫がご機嫌になっているのを確認して、奥歯のあたりを上からそっと撫でます。嫌がらないようならそのまま歯をナデナデして、「歯の表面についている歯石が取れたらいいな~」という感じで、指で優しく触れます。

もし嫌がったら、すぐに手を離して、猫を開放してあげましょう。口を触られることに対するネガティブなイメージをつけないために、無理強いしないことはとても大切です。

猫がリラックスしている時を狙い、ごく短い時間のナデナデ指磨きを根気強く繰り返すなら、そのうち猫が慣れてくれます。そうなったら、指に猫用のデンタルペーストをほんの少しだけつけて、歯を一本一本、円を描くように優しくこすってみてください。

指だと細かいところは掃除できませんが、全く歯磨きをしないよりはるかに良いので、細かい点は気にせず大まかに続けてください。デンタルペーストや指磨きに猫が慣れてきたとしても、決して欲張りすぎずに、無理なく届く所だけをケアしましょう。猫が嫌がる前にやめることを意識して、歯磨き嫌いが克服できるように辛抱強く続けてみてくださいね。

2.歯磨きシートを使う

飼い主の膝の上にいる猫

pixabay.com

歯ブラシを嫌がる猫にぜひ試していただきいのが、歯磨きシートです。ウェットティッシュくらいのサイズのペラっとしたシートタイプと、指サックのように指にはめて使うタイプがありますが、どちらも指に巻き付け密着させて使うので、歯ブラシよりは抵抗感が少ないです。

とはいえ、口の中を触られることや飼い主さんの指に慣れた猫でも、異物を入れられることには拒絶反応をすることもあるので、様子を見ながら使ってください。

歯磨きシートを使うメリットは、シートに歯のお掃除に有効な成分が織り込まれていたり、繊維が汚れを吸着しやすい構造になっていたりと、指磨きよりも効率的にケアできることです。

しかも、指だけの時と同じように、飼い主さん自身が力加減を調整したり、猫の反応を感じたりしやすいので助かります。歯磨き嫌いの猫でも、他のデンタルグッズを使用した時より嫌がらないことも、愛猫家の間では周知の事実となっています。ただやはり、歯の間や根本などの細かい場所にはどうしても届ききらないので、そこはキッパリ諦めましょう。

3.歯磨きスナックを食べさせる

おやつのにおいを嗅いでいる猫

pixabay.com

歯磨きが嫌いだが食べるのは大好きという猫にとって、おやつを食べながら歯磨きができるという、願ったりかなったりの製品があります。

「ピュリナデンタライフ」「アニモンダキャットミルキースクランキービッツ」「グリニーズ猫用歯磨きスナック」など、デンタルケアをすることを目的に作られた歯磨きスナックです。

メーカーごとに味や栄養成分などの違いはありますが、歯磨きスナックの基本的な特徴は、噛むことで歯石の蓄積をコントロールすることです。カロリーもしっかり抑えられているので、歯磨きの代わりに毎日食べさせることができます。

歯磨きしている意識が全くないままデンタルケアできるので、歯磨き嫌いが大嫌いな猫や、口に触ることを断固拒否する猫におすすめです。

ピュリナ デンタライフ キャット デンタルケア スナック サーモン 51gアニモンダ ミルキース クランキービッツ フレッシュ 【デンタルケア】 猫用 スナックグリニーズ 猫用 歯みがき専用スナック 香味サーモン味 156g

4.液体歯磨きを使う

水を飲む猫

pixabay.com

液体歯磨きとは、私たちが使うマウスウォッシュと同じようなものと考えてください。猫の飲む水に混ぜるタイプや、スプレータイプで口の中に直接ふりかけるタイプがあり、どちらもとても手軽に使用できますし、コスト面でも歯磨きスナックより使用しやすいです。

無味無臭の製品が多いですが、液体の中には口の中の細菌の繁殖を抑えたり、リフレッシュ効果があったり、口臭を抑える成分が入っている立派なデンタルケア商品です。歯磨きスナックと同じように、猫に気づかれずに歯磨きできるのが何よりのメリットです。

指磨きやシート磨きなど、他の歯磨き方法と併用して使用することによって、歯磨き効果を高めることもできるでしょう。

※表示価格は記事公開時点の価格です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー