イングリッシュトイテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

イングリッシュトイテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

4895
update

スリムで小さな身体に、つぶらな瞳が愛くるしい「イングリッシュトイテリア」。 愛玩犬と思いきや、猟犬としてのたくましい一面も持っているって知っていましたか? 「イングリッシュトイテリア」の特徴と性格、飼い方やしつけ方のコツについてまとめてみました!

4895
update

イングリッシュトイテリアの特徴

Typical English Toy Terrier  in the spring garden

Capture Light/shutterstock.com

イングリッシュトイテリアは、別名「トイ・マンチェスター・テリア」とも呼ばれ、テリア種のなかでも最もすっきりと細身のシルエットを持った「マンチェスター・テリア」を小型化した犬です。

そんなイングリッシュトイテリアの外見的特徴、寿命や体型について説明します。

イングリッシュトイテリアの外見的特徴

ピンと立った大きな耳は、ろうそくの炎のような形をしていて、被毛は短くつややかな「ブラック&タン」色が基本です。

尻尾はサーベル型の垂れた尻尾で、飾り毛はありません。

頭部はくさび型をしていて長く、幅が狭くなっており、細いあごをしています。

華奢で小さい足をしていて、細くてまっすぐな前足をしています。

後ろ足はバネのようで、ピョンピョンと跳ねるように走る姿が特徴的です。

イングリッシュトイテリアの寿命・体型

イングリッシュトイテリアの平均寿命は12歳から14歳くらいとされています。

最近では室内飼育で大切に育てる飼い主さんが増えているので、平均寿命も長くなる傾向にあります。

健康管理などに気を付けて、愛犬にはできるだけ長く健康に生きてほしいですね。

イングリッシュトイテリアの平均体高は25cm~30cmくらいで、平均体重は2.7kg~3.6kgほどの小型犬です。

でも、その華奢で愛くるしい見た目からは想像がつかないほど機敏で勇敢な、猟犬としての素質を持っています。

引き締まった体つきをしていますが、あばら骨がくっきり浮かんでいる個体が多く、ガリガリに痩せているようにも見えるのが特徴です。

イングリッシュトイテリアの歴史

Russian toy terrier dog

Harbachova Yuliya/shutterstock.com

どこで生まれたの?

名前に「イングリッシュ」という言葉が入っていることからもわかるように、イングリッシュトイテリアはイギリス生まれの犬です。

19世紀、労働者階級の人々の娯楽で「ネズミ早殺しゲーム」というのが流行したときに、競技用の犬種として誕生したのがイングリッシュトイテリアです。

これは、仕切りの中にネズミと犬を放り込んで、すべてのネズミを殺しつくすまでのタイムを計って行う賭け事です。

華奢でひ弱に見えますが、実は狩猟能力がとても高いので、ゲームの番狂わせとして活躍したと言われています。

改良の歴史

けれど、ゲームに勝つため、体重1kg台まで極端な小型化・軽量化を進めすぎて、健康に被害が出始めてしまいます。

19世紀後半には人気が落ち、絶滅の危機に瀕した過去もありました…。

その後、愛好家たちによって身体の大きさの制限が緩和されると再び人気を取り戻し、今ではまた世界的に愛される犬種となっています。

1800年代後半に「ネズミ早殺しゲーム」が禁止になると、ドッグショーの場で活躍するようになりました。

当時は「ブラックアンドタンテリア」と呼ばれてデビューしましたが、その後、体の大きいものを「マンチェスターテリア」、小さいものを「ミニチュアブラックアンドタンテリア」と呼ぶようになりました。

1962年になると、この小さいほうを「イングリッシュトイテリア」と改名しました。

アメリカではマンチェスターテリアより一回り体の小さいものを「トイ・マンチェスター・テリア」と呼んでおり、マンチェスターテリアの亜種として扱っています。

ちなみに「ブラック&タン」の被毛の色からドーベルマンの血が混じっているのでは?という説もあるようですが、これは疑わしいようです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー